経済コストや見た目の忠告より効く「死や病気を促すメッセージが運動を促す」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

経済コストや見た目の忠告より効く「死や病気を促すメッセージが運動を促す」

病気や死に関するメッセージは、運動の動機に重要な役目を果たすようです。
運動を促す動機には、経済的コストや肥満・参加意欲などよりも病気や死に関するメッセージが強力であるようです。

Fitness apps that emphasize illness- or death-related messaging are more likely to be effective in motivating participation than are social stigma, obesity, or financial cost messaging, according to a recent study.

参照元:https://uwaterloo.ca/news/media/illness-and-death-related-messages-found-be-significant
– ウォータールー大学 University of Waterloo. OCTOBER 19, 2021 –

病気や死に関するメッセージを強調したフィットネスアプリは、社会的スティグマや肥満、経済的コストに関するメッセージよりも、参加意欲を高める効果があることが、最近の研究で明らかになりました。

これまでの研究、特に禁煙や危険な性行動に関する研究では、死亡率に関連するメッセージが健康リスクを認める上での障壁となる可能性があることがわかっていましたが、今回の研究では、フィットネスアプリではこれが逆であることがわかりました。

本研究では、669人の研究参加者に、フィットネスアプリを使って自宅でワークアウトをする動機付けという観点から、これら5種類のメッセージの説得力を示してもらい、その効果、自己調整(目標設定)、自己効力感、結果の期待などの社会認知的信念との関連性を明らかにし、男性/女性の性別がどのような役割を果たしているかを見ました。

ウォータールー大学公衆衛生科学部の博士研究員であるKiemute Oyibo氏は話します。

「病気や死に関連するメッセージだけが有意で動機付けになるとは思っていませんでした。病気や死に関連するメッセージは動機付けとなるだけでなく、自己調整の信念や結果の期待と有意な関係があり、男性と女性の間に有意な差はありませんでした。」

Oyibo氏は、肥満が世界の主要な死亡原因と関連していることから、肥満関連のメッセージ(「カナダ人の4人に1人は臨床的肥満」など)が動機付けとなり、自己調整信念と有意な関係を持つことを期待していたと述べています。

Oyibo氏は話します。

「この研究は、私たち(特に健康アプリの設計者)が、性別に関係なく、説得力のあるヘルスコミュニケーションにおいて個人が動機づけられる可能性のあるメッセージの種類や、個人の運動に関する社会的認知的信念に影響を与える可能性のあるメッセージの種類を理解する上で重要です。」

Oyibo氏は、今後の研究では、性別以外にも、年齢、文化、人種、教育などの人口統計学的特徴を考慮し、説得力のあるヘルスコミュニケーションに果たす役割を明らかにする必要があると述べています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 経済コストや見た目の忠告より効く「死や病気を促すメッセージが運動を促す」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)