「大きな何かとつながっている感覚」を司る脳の領域を特定

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

「大きな何かとつながっている感覚」を司る脳の領域を特定

「自分よりも大きな何かと繋がっている」感覚は、宗教やスポーツにおいて感じやすい能力のようです。研究チームは、そのような精神的経験をしている時に活発になっている脳の部位を特定しました。

Activity in the parietal cortex, an area of the brain involved in awareness of self and others as well as attention processing, seems to be a common element among individuals who have experienced a variety of spiritual experiences, according to a study published online May 29 in the journal Cerebral Cortex.

参照元:https://news.yale.edu/2018/05/29/where-brain-processes-spiritual-experiences

イェール大学の科学者たちは、精神的な体験のための神経生物学的な家の可能性、つまり自分よりも大きな何かとのつながりの感覚を特定しました。

イェール大学の研究によると、頭頂葉、自己や他者の認識、注意処理に関与する脳の領域での活動は、さまざまな精神的経験を経験した個人に共通の要素のようです。

精神医学、エールチャイルドスタディセンター、および神経科学の教授であるマークポテンツァ氏は説明します。

「スピリチュアルな体験は、人々の生活に深刻な影響を与える可能性のある堅固な状態です。精神的経験の神経基盤を理解することは、精神的健康と習慣性障害からの回復力と回復におけるそれらの役割をよりよく理解するのに役立つかもしれません。」

精神的な経験は、自然の中での一体感やスポーツイベント中の自己の欠如など、本質的に宗教的である場合とそうでない場合があります。

イェール大学とコロンビア大学のスピリチュアリティマインドボディインスティテュートの研究者は、27人の若い成人にインタビューを行い、過去のストレスの多いリラックスした経験と彼らのスピリチュアルな経験についての情報を収集しました。

次に、被験者は、個人的な経験に基づいて録音を初めて聴きながら、fMRIスキャンを受けました。


個々の精神的経験は異なりますが、研究者は、被験者が録音のイベントを経験することを想像したのと同様の頭頂皮質の活動パターンに注目しました。

ポテンツァは氏は、他の脳の領域もおそらく精神的な経験の形成に関与していると強調し次のように話しました。

「この方法は、将来の研究者が精神的な経験とそれがメンタルヘルスに与える影響を研究するのに役立ちます。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » スピリチュアル » 「大きな何かとつながっている感覚」を司る脳の領域を特定