なぜ自然に接してもリラックスできないのか

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

なぜ自然に接してもリラックスできないのか

エクセター大学が自然との接触がメンタルを管理できる可能性があるかを調査しました。

調査は18か国18,000人のサンプルデータから解析しました。通常自然との接触はメンタルケアに大きな効力がある旨を示唆していましたが、どうやら特定の人はその効果があまりないようです。

An international research team led by the University of Exeter and published in the journal Scientific Reports, investigated whether contact with nature has the potential to help people with mental health issues, such as depression and anxiety, to manage their symptoms. They found that nature is associated with a number of benefits for these individuals, but only if they chose to visit these

参照元:https://www.exeter.ac.uk/news/research/title_824180_en.html
– エクセター大学 University of Exeter. 6 November 2020 –

自然の中で過ごす時間は、人々のメンタルヘルスに役立つと信じられています。

しかし、新しい研究は、既存の精神的健康状態を持つ人々に正式な「グリーン処方」を与えることは、いくつかの利益を損なう可能性があることを示唆しています。

エクセター大学が主導し、ジャーナルScientific Reportsに掲載された国際的な研究チームは、自然との接触が、うつ病や不安などの精神的健康問題を抱える人々の症状管理に役立つ可能性があるかどうかを調査しました。

彼らは、自然がこれらの個人にとって多くの利益と関連していることを発見しましたが、それは彼らが自分でこれらの場所を訪れることを選択した場合に限られます。

研究チームは、EU Horizo​​ns 2020が資金提供したBlueHealthプロジェクトの一環として、18か国の18,000人を超える人々からデータを収集しました。

主な目的は、人々が自然の中で時間を過ごすことに意欲を感じる理由、訪問する頻度、および社会的圧力が訪問中の感情的な体験にどのように影響するかを理解することでした。

調査結果は、屋外で時間を過ごすというプレッシャーが訪問を促進する可能性がある一方で、自然との接触の潜在的な感情的および幸福の利益を損なう可能性があることを示唆しています。

一般的なメンタルヘルスの問題は、世界中の障害の主な原因であり、毎年世界の人口の約17%に影響を及ぼしています。

これらの問題を抱える一部の人々が自分の症状の自己管理の一部として自然を使用しているという証拠はありますが、これがどれほど普及しているか、または医療専門家からのより正式な「グリーン処方」かどうかについてはまだ多くのことがわかりませんでした。

自然の中で時間を過ごすことは、管理と潜在的に回復を助けることができます。

研究チームは、うつ病の人がすでに精神障害のない人と同じくらい頻繁に自然を訪れているのに対し、不安のある人はかなり頻繁に自然を訪れていることに驚きました。

全体として、両方のグループはまた、これらの訪問中に幸せを感じる傾向があり、不安が少ないと報告しました。

しかし、訪問が選択されなかった場合、自然の恩恵は損なわれているようです。

おそらく善意のある人たちによって自然を訪れるように人々が感じたプレッシャーが大きければ大きいほど、やる気のない人々はより少なくなり、彼らはより不安を感じました。

この研究は、エクセター大学のミシェルテスタージョーンズ博士が主導しました。

ジョーンズ博士は話します。

「これらの調査結果は、都市の自然環境が人々にリラックスしてストレスから回復するためのスペースを提供することを示唆する幅広い研究と一致しています。しかし、医療従事者や愛する人は、自然の中での時間を推奨するときに敏感でなければならないことも示しています。うつ病や不安を抱えている。人々がすでに訪れて楽しんでいる場所でより多くの時間を過ごすように促すことは、彼らが快適に感じ、経験を最大限に活用できるようにするのに役立つかもしれません。」

著者らは、彼らの論文が、精神障害のある人々の自己管理または支援管理の手段として自然にアクセスすることを議論するための注意深い技術が、クライアントに最高のサポートを提供するためにこれらのプログラムに統合される必要があるという証拠を提供すると信じています。

国際研究チームを調整したエクセター大学とウィーン大学のマシューホワイト博士は説明します。

「うつ病や不安神経症の人々が、症状を緩和し、管理するために自然環境をすでに使用していることはわかりませんでした。私たちの結果は、世界中のコミュニティにとってこれらの場所の価値についてさらに明確にしていますが、自然は特効薬ではなく、既存の治療オプションと慎重に統合する必要があることも思い出させてくれます。」

フィンランド自然資源研究所(ルーク)の研究チームメンバーであるアンオヤラ博士は話します。

「この結果は、臨床現場でのさらなる研究を促進します。本質的な動機と、時には必要な外部からの励ましとの間のこの微妙なバランスについて、より多くの情報が必要です。」

ワシントン大学の共著者であるグレゴリー・ブラットマン博士は話します。

「この結果は、自然訪問のメリットに関して、本質的な動機を考慮することの重要性と、この考慮事項を効果的なグリーン処方に統合することの関連性を浮き彫りにしました。 」

ブリティッシュコロンビア大学の助教授であるマチルダバンデンボッシュ氏話します。

「他の介入と同様に、グリーン処方の場合、個人のペースと意志で治療の遵守を達成するための圧力を回避することが重要です。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » なぜ自然に接してもリラックスできないのか

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)