産後3年間は産後鬱になる可能性が高い理由

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

産後3年間は産後鬱になる可能性が高い理由

出産を経験した女性5000人を調査したユーニスケネディシュライバー国立小児保健発達研究所の調査結果によると、女性のほとんどが産後3年間で低レベルな鬱を経験する事が判明しました。

産後2年間はスクーリングを行う事が有益である旨も併せて論じられています。

A National Institutes of Health study of 5,000 women has found that approximately 1 in 4 experienced high levels of depressive symptoms at some point in the three years after giving birth. The rest of the women experienced low levels of depression throughout the three-year span. The study was conducted by researchers at NIH’s Eunice Kennedy Shriver National Institute of Child Health and Human Development (NICHD). It appears in the journal Pediatrics.

参照元:https://www.nichd.nih.gov/newsroom/news/102720-postpartum-depression
– ユーニスケネディシュライバー国立小児保健発達研究所 NIU.  October 27, 2020 –

5,000人の女性を対象とした国立衛生研究所の研究によると、出産後3年間のある時点で、約4人に1人が高レベルの抑うつ症状を経験しました。

残りの女性は、3年間を通じて低レベルのうつ病を経験しました。

この研究は、NIHのユーニスケネディシュライバー国立小児保健発達研究所(NICHD)の研究者によって実施されました。

米国小児科学会は、小児科医が出産後1、2、4、6か月のウェルチャイルド訪問時に産後うつ病について母親をスクリーニングすることを推奨しています。

研究者らは、産後うつ症状の4つの軌跡と、女性の症状上昇のリスクを高める可能性のある要因を特定しました。

調査結果は、出産後少なくとも2年間、産後の抑うつ症状のスクリーニングを延長することが有益である可能性があることを示唆しています。

NICHD疫学部門の筆頭著者でありスタッフ科学者であるダイアン・パトニック博士は話します。

「私たちの研究は、6か月は抑うつ症状を測定するのに十分な長さではないかもしれないことを示しています。これらの長期的なデータは、母親のメンタルヘルスについての理解を深めるための鍵です。これは、母親の子供の幸福と発達にとって重要であることがわかっています。」

研究者らは、ニューヨーク州の57の郡から2008年から2010年の間に生まれた乳児を含むUpstateKIDS研究のデータを分析しました。

この研究では、子供が生まれてから3年間、5,000人の女性を追跡しました。

研究者は、簡単な5項目のうつ病スクリーニング質問票を通じて女性の症状を評価しましたが、この研究では女性のうつ病を臨床的に診断しませんでした。

気分障害および/または妊娠糖尿病などの基礎疾患を持つ女性は、研究期間を通して持続するより高いレベルの抑うつ症状を有する可能性が高かった。

研究者らは、研究参加者は主に白人の非ヒスパニック系女性であると述べました。

産後うつ病に関するより包括的なデータを提供するために、将来の研究には、より多様で幅広い集団を含めるべきである、とパトニック博士は述べました。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 産後3年間は産後鬱になる可能性が高い理由

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)