「読書」が優秀なソリューション(解決策)である理由

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

ラドバウド大学とチューリッヒ大学の国際的大学のチームの研究によると、読書は、すでにあった知識のリサイクルを促すことがわかりました。また、読書をする事で他の五官の働きを鈍くすると疑われていましたが、結果は全くの逆で、視覚入力に対する感受性を強化する働きがある事がわかりました。

Reading is a recent invention in the history of human culture—too recent for dedicated brain networks to have evolved specifically for it. How, then, do we accomplish this remarkable feat? As we learn to read, a brain region known as the ‘visual word form area’ (VWFA) becomes sensitive to script (letters or characters). However, some have claimed that the development of this area takes up (and thus detrimentally affects) space that is otherwise available for processing culturally relevant objects such as faces, houses or tools.

参照元:https://www.mpi.nl/news/learning-read-boosts-visual-brain

読むことを学ぶことは私たちの脳をどのように変えますか?

機能的脳画像研究では、マックスプランク心理言語学研究所の研究チームがインドの識字能力のある成人と非識字能力のある成人を比較しました。

読書は、進化的に古い視覚的カテゴリーにすでに敏感な脳領域をリサイクルし、他の視覚的入力に対する感受性を破壊するのではなく、強化します。

読書は人間の文化の歴史における最近の発明です。専用の脳ネットワークがそれのために特別に進化するにはあまりにも最近です。

では、この驚くべき偉業をどのように達成するのでしょうか。私たちが読むことを学ぶにつれて、「視覚的な単語フォーム領域」(VWFA)として知られる脳の領域が敏感になります。

ただし、このエリアの開発は、顔、家、道具などの文化的に関連するオブジェクトを処理するために利用できるスペースを占有する(したがって、悪影響を与える)と主張する人もいます。

ラドバウド大学のFalk Huettig氏と、チューリッヒ大学のAlexis Hervais-Adelman氏が率いる国際的な研究チームは、脳の視覚系に対する読書の効果をテストしました。

チームは、機能的磁気共鳴画像法(fMRI)を使用して、北インドの遠隔地に住む90人以上の成人の脳をさまざまな程度の識字能力(読めない人から熟練した読者まで)でスキャンしました。

スキャンしている間、参加者は文章、文字、および顔などの他の視覚的なカテゴリを見ました。

読むことを学ぶことが脳の他の視覚領域との「競争」につながる場合、読者は非読者とは異なる脳の活性化パターンを持っている必要があります。

それは文字だけでなく、顔、道具、または家についてもです。

読むことを学ぶときの脳ネットワークの「リサイクル」は、以前は顔の処理などの進化の古い機能に悪影響を与えると考えられていました。

しかし、Huettig氏とHervais-Adelman氏は、非正書法(非文字)オブジェクトに対する脳の反応に悪影響を与えるのではなく、読むことで、逆に、一般に視覚刺激に対する脳の反応が増加する可能性があると仮定しました。

AlexisHervais-Adelmanは説明します。

「私たちが読むことを学ぶとき、私たちは視覚脳領域にカテゴリー選択パッチを形成する脳の能力を利用します。これらは、顔や家など、人々にとって重要な他のカテゴリーの専門分野と同じ皮質領域で発生します。脳内のスペースが限られていることを考えると、読むことを学ぶことが他のカテゴリーに有害であるかどうかという疑問が残っています。」

読書によって引き起こされるリサイクルは、顔、家、または道具の脳の領域に悪影響を及ぼしませんでした。

驚くべきことに、文字と顔の脳の活性化は、特に左半球(左腹側頭葉)において、非読者よりも読者の方が類似していました。

FalkHuettig氏は説明します。

「近隣の領土を共食いするどころか、視覚的な単語フォーム領域(VWFA)はこれらの上にかなり重なっており、他の視覚的なカテゴリに応答し続けます。したがって、読むことを学ぶことはあなたにとって良いことです。それは読書を超えて視覚的な脳の反応を鋭くし、あなたの視覚系に一般的なプラスの影響を与えます。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 人体・脳 » 「読書」が優秀なソリューション(解決策)である理由