眼検査で糖尿病や認知症などを早期発見

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

眼検査で糖尿病や認知症などを早期発見

ジョスリン糖尿病センターの科学者たちが、日常的に眼を画像診断する事により、1型糖尿病や認知症など、特定の網膜の変化を特定できることを発見しました。

この発見により、元来高額で時間のかかるアルツハイマー病などの認知症検査にかかる費用や時間などを大幅に削減できる事が期待されます。

Previous research had demonstrated an association between proliferative diabetic retinopathy (PDR, a complication of diabetes that can severely damage eyesight) and cognitive impairment in people with type 1 diabetes. “Since we knew that there were cellular changes in the retina that might reflect changes in the brain, we were interested to see whether imaging techniques that visualize those changes in the retina might be reflective of changes in cognitive functions,” said Ward Fickweiler, MD, a Joslin postdoctoral fellow and first author on the paper.

参照元:https://www.joslin.org/about/news-media/routine-eye-scans-may-give-clues-cognitive-decline-diabetes
– ジョスリン糖尿病センター Joslin Diabetes Center. January 4, 2021 –

年齢が上がるにつれて、糖尿病の人は、糖尿病のない人よりもアルツハイマー病やその他の認知障害を発症する可能性が高くなります。

ジョスリン糖尿病センターの科学者たちは、日常的な眼の画像診断により、1型糖尿病の高齢者の認知障害に関連する可能性のある網膜の変化を特定できることを示しました。

Journal of Clinical Endocrinology&Metabolismの研究のジョスリンの最高科学責任者であり論文の上級著者であるジョージL.キング医学博士は話します。

「これらの結果は、この集団の認知機能低下を早期に検出するための比較的簡単な方法を開く可能性があり、低下を理解し、診断し、最終的に治療するためのより良い方法を提供します」

ジョスリン博士研究員であり、論文の筆頭著者Ward Fickweiler氏は話します。

「以前の研究では、増殖性糖尿病性網膜症(PDR、視力を著しく損なう可能性のある糖尿病の合併症)と1型糖尿病患者の認知障害との関連が示されていました。脳の変化を反映している可能性のある網膜の細胞変化があることを知っていたので、網膜のそれらの変化を視覚化する画像技術が認知機能の変化を反映しているのかどうかを確認することに興味がありました。」

科学者たちは、ジョスリンのビーサム眼科研究所での通常の視力ケアの一環として、患者から定期的に収集された眼のスキャンを利用しました。

スキャンの1つのセットは、光コヒーレンストモグラフィー(OCT、網膜の断面を提供するために光を使用する技術)に基づいていました。

2番目のスキャンセットでは、OCT血管造影法(OCTA、網膜の血管を検査するOCTテクノロジーの拡張)を使用しました。

どちらのタイプのスキャンも非侵襲的であり、米国の眼科クリニックで広く利用可能であり、数分以内に実行できます。

この研究では、ジョスリンメダリスト研究に129人の参加者が参加しました。

この研究では、1型糖尿病を50年以上経験している人々の転帰を調べています。

これらのボランティアは、記憶機能と精神運動速度(手でオブジェクトを配置するのにかかった時間を評価する)を調査するタスクを含む一連の認知テストを受けました。

驚くべきことに、研究者たちは、記憶課題のパフォーマンスと網膜の深部血管ネットワークの構造変化との間に非常に強い関連があることを発見しました。

Fickweiler氏は話します。

「記憶はアルツハイマー病と認知機能低下に影響を与える主要な認知課題であるため、それは刺激的でした。」

Joslinチームは、PDRと精神運動速度の間に強い関連性があることも発見しました。

この発見は、ジョスリンメダリストのより小さなグループの間で特定された以前の結果を強化し、網膜構造の関連する変化についての詳細を提供しました。

さらに、研究者たちは、PDRがメダリストのより大きなグループの記憶能力と関連していることを発見しました。

Fickweiler氏は話します。

「これらの結果はより大規模な臨床調査で確認する必要がありますが、定期的な目の検査は糖尿病患者に起こっている認知の変化を検出しているようです。」

現在、MRIスキャンなどのアルツハイマー病などの状態を検出する他の方法は困難で費用がかかります。

人々は通常、認知機能低下の症状を示している場合にのみ検査され、その段階での治療は一般的にあまり役に立ちません。

Fickweiler氏は話します。

「症状がまだ無症候性である早期の段階で状態を検出できれば、それは患者に利益をもたらす可能性があります。」

早期発見はまた、神経認知疾患のより良い治療法を開発するための探求を助ける可能性があります。

Joslinチームは、時間の経過とともに認知機能低下の兆候を検出するための眼の画像診断の可能性を確認するために、より大規模な前向き研究を開始する予定です。

この研究には、1型糖尿病の若く、メダリストと同じくらい長い間病気にかかっていない人々が含まれます。

科学者はまた、メダリストから提供されたMRI脳画像と死後の脳サンプルを分析します。

さらに、研究者は、初期胚発生経路の多くを共有する脳および網膜組織に損傷を与える可能性のある一般的なメカニズムを探します。

糖尿病患者の容疑者には、血管障害や高血糖または低血糖などがあります。

キング医学博士によると、1型糖尿病を引き起こす自己免疫は他の形態の害を及ぼす可能性もあるそうです。

特に、ジョスリンメダリストは、長期的な1型糖尿病の患者を苦しめる可能性のある比較的低レベルの合併症を示すことがよくあります。

たとえば、メダリストのほぼ半数は進行した眼疾患を発症しておらず、アイスキャン研究の129人のメダリストのうち1人だけがアルツハイマー病を患っている可能性があります。

Fickweiler氏は話します。

「メダリストでは、共有メカニズムが網膜と脳の神経変性の初期段階の進行を変化させ、PDRとアルツハイマー病の両方に対する保護を提供する可能性があります。」

キング医学博士と彼のチームは、1型糖尿病の追跡調査に加えて、2型糖尿病の人々に対して同様の研究を行うことを計画しています。

PDRは、このはるかに多くの患者グループの認知機能低下にも関連しており、定期的な視力ケアの一環としてOCTおよびOCTAアイスキャンも受けています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 眼検査で糖尿病や認知症などを早期発見

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)