「収益を最大化する」無料・有料アプリのリリースの時期はいつ?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

「収益を最大化する」無料・有料アプリのリリースの時期はいつ?

研究者たちは、「収益を最大化するための無料・有料アプリのリリース時期について」検証し、アプリの失敗に対する可能な救済策を提案しています。

They find that either version’s cumulative user base stimulates future demand for both versions via social influence, yet simultaneously offering both versions hurts the demand for each other in the current period.

参照元:https://www.ama.org/2021/05/27/press-release-from-the-journal-of-marketing-when-to-release-free-and-paid-apps-for-maximal-revenue/
– 米国マーケティング協会 American Marketing Association. 5.27.2021 –

チューレン大学とメリーランド大学の研究者は、Journal of Marketing誌に新しい論文を発表しました。

この論文では、アプリのライフタイムにおける無料版と有料版のダイナミックな相互作用を検証し、アプリの失敗に対する可能な救済策を提案しています。

Journal of Marketing誌に掲載される予定のこの研究は、「Managing the Versioning Decision over an App’s Lifetime」というタイトルで、Seoungwoo Lee氏、Jie Zhang氏、Michel Wedel氏が執筆しています。

有料モバイルアプリは本当に終わりなのか?

モバイルアプリ業界は、他の多くの製品市場では無料製品が主に有料製品の補助的な役割を果たしているのとは対照的に、ほとんどのアプリカテゴリでは無料アプリが有料アプリよりもはるかに多く普及しているという点でユニークです。

アプリは過去10年間で無料版に移行する傾向にあり、2020年7月には、Google Playプラットフォーム上のアプリの96%が無料でした。

しかし、2015年には、無料アプリの63%が月のダウンロード数が1,000未満、アプリパブリッシャーの60%が月の収益が500ドル未満でした。

有料アプリが無料アプリの収益性を高める方法はあるのでしょうか?

また、アプリパブリッシャーは、アプリのライフタイムを通じて、有料版と無料版を戦略的に展開または廃止することで、どのように収益性を向上させることができるのでしょうか。

これらの疑問に答えるため、研究チームは、アプリパブリッシャーがアプリの無料版、有料版、または両方のバージョンを提供するかどうかの決定を、無料版と有料版の間の動的な相互作用を考慮して調査しました。

その結果、アプリのライフタイムにおけるバージョニングの決定をどのように管理するかについて、アプリパブリッシャーにとって貴重な洞察が得られました。

まず、研究者らは、無料版と有料版が、互いの現在の需要、将来の需要、アプリ内収益にどのような影響を与えるかを示しました。

その結果、どちらかのバージョンの累積ユーザー数が、社会的影響を介して両方のバージョンに対する将来の需要を刺激するが、同時に両方のバージョンを提供すると、現在の期間における互いの需要が損なわれることがわかりました。

また、有料版の存在は、アプリ内購入率やアクティブユーザー数を減少させ、その結果、無料アプリのアプリ内購入や広告収入を減少させますが、無料版の存在が有料版に与える悪影響はほとんどないようです。

したがって、アプリのパブリッシャーは、有料版が無料版に与える悪影響に留意する必要があります。

一般的に、両方のバージョンを同時に提供することは、パブリッシャーが規模の経済によるコスト削減を達成するのに役立ちますが、どちらかのバージョンを単独で提供した場合に比べて、それぞれのバージョンからの収益が減少します。

第二に、最も一般的な最適発売戦略は、有料版を最初に提供することだと分析されています。

有料版アプリは、販売初日からダウンロード収入を得ることができますが、どちらのバージョンのアプリ内収入も、構築に時間がかかる大規模なユーザーベースに依存します。

そのため、パブリッシャーは、有料アプリを利用することで、営業資金を確保し、開発・発売コストをより早く回収することができます。

しかし、アプリのカテゴリーによって違いがあります。

これは、アプリが異なる収益源から収益を得る能力の違いに関連しています。

例えば、ユーティリティーアプリは、アプリ内課金アイテムや広告による無料アプリの収益化能力が低いため、有料アプリを立ち上げるべき割合が特に高くなっています。

一方、エンターテインメント系アプリは、アプリ内広告ネットワークやアプリ内購入アイテムの利用可能性が高いため、ほとんどが無料版を立ち上げるべきです。

第三に、最適なバージョニングの決定とその進化パターンは、アプリの年齢とともに変化し、アプリのカテゴリーによっても異なります。

最適なバージョニング決定の進化パターンを見ると、ほとんどのアプリにおいて、無料版の相対的な収益性はアプリの年齢とともに増加し、有料版の相対的な収益性は減少する傾向にあります。

その結果、両バージョンを同時に提供することの収益性は、ある時点まではアプリの年齢とともに増加する傾向があり、その後は無料版のみのバージョンが最も一般的な最適バージョン決定として引き継がれることになります。

また、バージョニングの進化パターンには、カテゴリーごとに大きな違いがあります。

例えば、他のカテゴリーとは異なり、データに含まれるほとんどのユーティリティー・アプリの最適なバージョニング決定は、アプリのライフタイムを通して有料オプションを維持することです。

本研究では、アプリのライフタイムにおける無料版と有料版のダイナミックな相互作用を明らかにし、アプリの失敗に対する改善策の可能性を示唆しています。

研究者たちは話します。

「無料版でスタートしたアプリの多くは、初期段階の運営を維持するのに十分な収益を上げられないために失敗します。我々は、アプリのパブリッシャーに対して、無料版と有料版の相互関係に細心の注意を払い、アプリのライフタイムにおいて有料版の対応を戦略的に展開または排除することで、無料アプリの収益性を向上させることを強く求めます。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 「収益を最大化する」無料・有料アプリのリリースの時期はいつ?