季節性情動障害の発生率は「暗い冬」にピークに達する

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

季節性情動障害の発生率は「暗い冬」にピークに達する

トゥルク大学の研究チームは、季節が感情や社会生活にどのような影響を与えるか調査しました。
結果、ネガティブな感情は夏にもっと落ち着き、季節性情動障害の発生率は暗い冬の月にピークに達する事などが判明しました。

Seasons have an impact on our emotions and social life. Negative emotions are more subdued in the summer, whereas seasonal affective disorder rates peak during the darker winter months. Opioids regulate both mood and sociability in the brain.

参照元:https://www.utu.fi/en/news/press-release/seasonal-variation-in-daylight-influences-brain-function
– トゥルク大学 University of Turku. 23.02.2021 –

概要:

  • トゥルク大学の研究
    • 季節が感情や社会生活にどのような影響を与えるか調査
    • 結果、ネガティブな感情は夏にもっと落ち着く
    • 季節性情動障害の発生率は暗い冬の月にピークに達する
  • 調査、
    • 日照時間の長さがヒトとラットのオピオイド受容体にどのように影響したかを比較
    • 動物が日光時間の長さだけが変更された標準状態に保たれたときのラットのオピオイド受容体を測定
    • 陽電子放出断層撮影(PET)を使用して実施され、合計204人のボランティアが被験者として参加
    • 脳のオピオイド受容体に結合する少量の放射性トレーサーを、被験者の血液循環に注入
    • トレーサーの減衰はPETスキャナーで測定
  • 結果、
    • ラットでも、人間で観察されたものと同様だった

季節は私たちの感情や社会生活に影響を与えます。

ネガティブな感情は夏にもっと落ち着きますが、季節性情動障害の発生率は暗い冬の月にピークに達します。

オピオイドは、脳の気分と社会性の両方を調節します。

フィンランドのトゥルクPETセンターで実施された研究では、研究者は日照時間の長さがヒトとラットのオピオイド受容体にどのように影響したかを比較しました。

「この研究では、オピオイド受容体の数は、脳が画像化された時期に依存していることがわかりました。変化は、感情と社交性を制御する脳領域で最も顕著でした。オピオイド受容体の変化は、日光の量の変動は、季節性情動障害の重要な要因である可能性があります」と、TurkuPETセンターおよびTurku大学のポストドクター研究者LihuaSunは述べています。

動物実験は日光の重要性を確認します

研究者たちは、脳機能の変化が他の要因ではなく、日光の量によって引き起こされていることを確認したかったのです。

これを達成するために、彼らは、動物が日光時間の長さだけが変更された標準状態に保たれたときのラットのオピオイド受容体を測定しました。

結果は、人間で観察されたものと同様でした。

Turku PETCentreのLauriNummenmaa教授は話します。

「結果に基づいて、日光の持続時間はオピオイド受容体の季節変動において特に重要な要因です。これらの結果は、季節性情動障害の背後にある脳のメカニズムを理解するのに役立ちます。」

この研究は陽電子放出断層撮影(PET)を使用して実施され、合計204人のボランティアが被験者として参加しました。

脳のオピオイド受容体に結合する少量の放射性トレーサーが被験者の血液循環に注入されました。

トレーサーの減衰はPETスキャナーで測定されました。

この研究は、トゥルク大学病院とトゥルクPETセンターがホストするAIVOデータベースに基づいています。

データベースには、広範な分析のためのさまざまなinvivo分子脳スキャンが含まれています。

さらに、オピオイド受容体の量は、ラットのPETイメージングで研究されました。

動物実験は、トゥルク大学の中央動物研究所で、AnneRoivainen教授とEmrahYatkin博士の真の支援を受けて実施されました。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 季節性情動障害の発生率は「暗い冬」にピークに達する