食品廃棄物を減らしつつ健康的な栄養摂取を促進する方法

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

食品廃棄物を減らしつつ健康的な栄養摂取を促進する方法

イリノイ大学農業・消費者・環境科学部の研究チームは、食品廃棄物を減らしつつ、健康的な栄養摂取を促進する方法を提案しています。
具体的には、り良い食事計画のための戦略を学び、食料品の買い物にリストを使うことが良い方法であると述べています。

Food waste refers to the loss of edible food that is not consumed for various reasons. It occurs at all levels of the supply chain, from farm to transportation, processing, retail, food service, and consumer levels.

参照元:https://aces.illinois.edu/news/how-we-can-reduce-food-waste-and-promote-healthy-eating
– イリノイ大学農業・消費者・環境科学部 University of Illinois College of Agricultural, Consumer and Environmental Sciences. April 13, 2021 –

食品廃棄物と肥満は、先進国における大きな問題です。

どちらも食品の過剰摂取が原因ですが、一方を減らすための戦略は、誤ってもう一方を増やしてしまう可能性があります。

イリノイ大学の2人の研究者は、より広い視野に立って、食品廃棄物を減らしつつ、健康的な栄養摂取を促進する方法を見出すことができると提案しています。

アイランド大学農業・消費者経済学部(ACE)の准教授であるブレナ・エリソン氏は話します。

「食品廃棄物を減らすには、入手する量を減らすか、食べる量を増やすかのどちらかです。私たちが関心を持ったのは、もし人々がより多く食べることで廃棄物を減らしているとしたら、それは栄養学的にはどうなのかということです。そして、このトレードオフをどのように考えれば、栄養面でも食品廃棄面でも良い結果が得られるのでしょうか?公共政策は一般的に、肥満と食品廃棄のどちらかに焦点を当てていますが、これらを一緒に考えることはほとんどありません。」

エリソン氏と、I大学食品科学・人間栄養学科(FSHN)のメリッサ・プルー・プレスコット助教授は、Journal of Nutrition Education and Behavior誌に掲載された論文の中で、食品廃棄物と栄養に対処するためのシステムアプローチについて論じています。

食品廃棄物とは、様々な理由で消費されずに、食べられる食品が失われることです。

食品廃棄物は、農場から輸送、加工、小売、外食、消費者に至るまで、サプライチェーンのあらゆるレベルで発生します。

食品廃棄物の計算方法は、重量で計算する場合と、カロリーで計算する場合があります。

重量で計算すると、乳製品、野菜、穀物製品、果物が食品ロスの大半を占めます。

しかし、カロリーに換算すると、添加された油脂類、穀物類、添加された砂糖や甘味料が食品廃棄物の上位カテゴリーとなります。

これらの食品の消費を促進することは、健康に悪影響を及ぼす可能性があると彼女は指摘します。

エリソン氏とプレスコット助教授は、論文の中で、外食産業、小売業、学校、家庭など、さまざまな場面で食品廃棄物を減らすための戦略を紹介しています。

ビュッフェ形式の食事を提供するレストランや大学の食堂では、罰金を課したり、選んだ料理を最後まで食べられるようにインセンティブを与えたりすることで、食品廃棄を抑えようとしています。

研究者らは、このような戦略は無駄を省くかもしれませんが、食べ過ぎを助長すると説明しています。

そこで研究者たちは、より小さな皿やスクープなどの行動的な合図を使って、人々がより少ない食べ物を選ぶように促すことを提案しています。

学校給食は、公衆衛生を向上させ、子どもたちに新しい健康的な食品を紹介する重要な手段です。

しかし、学校給食の現場では、お皿の無駄遣いが根強い問題となっています。

学校では、サラダバーを使って生徒に新しいものを試すように促すことができますが、その場合、いくつかのアイテムが選択されないため、プレプレートの無駄が生じます。

COVID-19の改変は、安全な食品回収戦略にさらなる課題をもたらしますが、それでも実行可能な選択肢はあるとプレスコット助教授は言います。

プレスコット助教授は話します。

「例えば、学校では丸ごとのリンゴや未開封の牛乳パックなどを回収し、リサイクルすることができます。食品安全プロトコルに従っていることを確認した上で、将来の食事に再利用することができます。また、フードパントリーやその他の非営利団体に寄付したり、バックパックプログラムを実施して、食料不足に悩む生徒にそれらのアイテムを送ったりすることもできます。安全な方法はいくらでもあります。」

研究者たちは、家庭がサプライチェーンの末端に位置するため、最もコストのかかる食品廃棄の原因となっていることを指摘しています。

消費者が食品を捨てる理由は、食品の安全性への不安、新鮮なものを食べたい、食品管理が不十分など、さまざまです。

より加工された食品を選ぶことで廃棄物を減らすことはできますが、健康面では望ましくありません。

エリソン氏は、廃棄物の削減と栄養改善の両方の目標を達成するためには、より良い食事計画のための戦略を学び、食料品の買い物にリストを使うことが良い方法だと言います。

エリソン氏は話します。

「食事の計画を立てようと思っても、それを実行するのは難しいことがわかっています。現実的な計画を立てることが大切です。例えば、週に1〜2日はテイクアウトをするとわかっているなら、それを前提に計画を立てましょう。必要のない食品は買わないようにしましょう。」。

また、研究者たちは、ちょっとした工夫で栄養状態を良くする方法も提案しています。

小さな子供がいる場合は、冷凍野菜を試してみるのもいいでしょう。

小さなお子さんがいる場合は、冷凍野菜を試してみるのもいいでしょう。

一度に少しずつ取り出して、お子さんと一緒に試してみてください。

料理の腕を上げることも重要だとプレスコット助教授は言います。

プレスコット助教授は続けます。

「料理は、健康増進と食品廃棄物の削減という点で、双方にメリットがあります。料理と食生活の質の向上を関連付ける証拠があります。また、料理をする人は、時間が経つにつれて、残り物を再利用したり、無駄になりそうな食品を工夫したりすることに長けてくるかもしれません。冷凍庫のスペースがあれば、残り物を冷凍しておくのも有効な手段です。」

プレスコット助教授は、これらの戦略の中には、調理、保存、冷凍のための十分な設備がない家庭では難しいものもあると指摘しています。

プレスコット助教授とエリソン氏は、資源が限られている低所得者層が直面する問題を解決するための料理教育カリキュラムの開発に取り組んでいます。

また、2人は、廃棄物を減らしながら野菜や果物の消費量を増やすための行動指針を明らかにする学校栄養学の研究や、学校での食品回収の安全性に関するプロジェクトを計画しています。

イリノイ州エクステンションは、栄養と健康について知りたい家族のための情報とリソースを提供しています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 食品廃棄物を減らしつつ健康的な栄養摂取を促進する方法