「身体が持つ痛みをブロックする機能を利用」オピオイド使用を大幅に減少

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

「身体が持つ痛みをブロックする機能を利用」オピオイド使用を大幅に減少

オピオイドは痛みを和らげる強力な鎮痛作用がありますが、反面、痛みを伴う中毒や時には死を伴います。
ミシガン大学の研究者たちは、鎮痛作用と副作用のバランスを取る事を研究し続け、身体が持つ痛みをブロックする機能を利用する方法を見出しました。

“When you need enkephalins, you release them in a pulsatile fashion in specific regions of the body, then they are metabolized quickly,” explains Traynor. “In contrast, a drug like morphine floods the body and brain and sticks around for several hours.”

参照元:https://labblog.uofmhealth.org/lab-report/bodys-natural-pain-killers-can-be-enhanced
– ミシガン・メディスン – ミシガン大学 Michigan Medicine University of Michigan.

フェンタニル、オキシコドン、モルヒネ…これらの物質は、痛みを和らげるだけでなく、痛みを伴う中毒や死の蔓延の原因にもなっていますが、多くの人に使用されています。

科学者たちは長年にわたり、オピオイドの強力な鎮痛作用と数多くの副作用とのバランスを取ることを試みてきましたが、その結果はほぼまちまちでした。

ミシガン大学エドワード・F・ドミノ・リサーチ・センターのジョン・トレイナー博士、アンドリュー・アルト博士らのチームは、米国国立薬物乱用研究所の資金援助を受けて、体が持つ痛みをブロックする機能を利用して、これらの問題を回避しようとしています。

ケシ由来のアヘンからヘロインまで、すべてのオピオイド系薬物は、脳や体内にもともと存在する受容体に作用します。

この受容体の1つであるミューオピオイド受容体は、内因性エンドルフィンやエンケファリンと呼ばれる体内の自然な鎮痛剤と結合します。

ミューオピオイド受容体に作用する薬物は、眠気、呼吸困難、便秘、吐き気などの副作用に加え、中毒症状を引き起こすことがあります。

Traynor氏は話します。

「通常、痛みを感じると、内因性のオピオイドが放出されますが、その強さや持続性は十分ではありません。」

研究チームは以前から、ポジティブアロステリックモジュレーターと呼ばれる物質を用いれば、体内のエンドルフィンやエンケファリンを増強できるのではないかと考えていました。

PNAS誌に掲載された新しい論文では、BMS-986122と呼ばれる正のアロステリックモジュレーターが、エンケファリンがミューオピオイド受容体を活性化する能力を高めることを示しています。

さらに、オピオイド薬とは異なり、正のアロステリックモジュレーターは、エンドルフィンやエンケファリンが存在する場合にのみ作用するため、鎮痛のために必要な場合にのみ作用することになります。

また、オピオイドのように受容体に結合するのではなく、受容体の別の場所に結合することで、体の痛みを和らげる成分への反応性を高めます。

Traynor氏は話します。

「エンケファリンが必要なときには、体の特定の部位でパルス的に放出され、すぐに代謝されます。一方、モルヒネのような薬物は、体内や脳内に充満し、数時間にわたって作用し続けます。」

研究チームは、精製した受容体を分離し、エンケファリンに対する反応を測定することで、このモジュレーターがミューオピオイド受容体を刺激する能力があることを示しました。

ポジティブアロステリックモジュレーターを加えると、反応を得るために必要なエンケファリンの量が格段に少なくて済みます。

電気生理学的実験とマウス実験の結果、オピオイド受容体は、体内の痛みを和らげる分子によってより強く活性化され、痛みを和らげることが確認されました。

一方、モジュレーターは、呼吸困難、便秘、依存症などの副作用が大幅に軽減されました。

Traynor氏は話します。

「次の目標は、ストレスや慢性的な痛みがある状況下で、内因性オピオイドの活性化を促進する能力を測定し、効果があっても呼吸困難などの危険な反応につながらないことを確認することです。」

「この分子は、オピオイド危機を解決するものではありませんが、痛みを感じている患者が従来のオピオイド薬の代わりにこのような薬を服用することで、オピオイド危機の発生を遅らせ、再発を防ぐことができるでしょう。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 「身体が持つ痛みをブロックする機能を利用」オピオイド使用を大幅に減少

News & Popular

- 新着記事 と 人気記事 -

福関連記事
- 世界中の「福」に関する科学論文を集めました -