正規の教育を受けても「仕事の満足度につながらない」なるほどな理由

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

正規の教育を受けても「仕事の満足度につながらない」なるほどな理由

ノートルダム大学の研究チームは、正規の教育を受けたことが、必ずしも仕事の満足度につながるとは限らない旨の研究結果を報告しました。

In supplemental analyses, the team found that women were more likely to experience an increased negative association between education and job satisfaction, and self-employed individuals experienced a reduced negative association.

参照元:https://news.nd.edu/news/degrees-of-happiness-formal-education-does-not-lead-to-greater-job-satisfaction-study-shows/
– ノートルダム大学 University of Notre Dame. March 30, 2021 –

教育は、最も重要な個人資本投資の一つと考えられています。

しかし、ノートルダム大学の研究によると、正規の教育を受けたからといって、必ずしも仕事の満足度につながるとは限りません。

実際、両者の間にはほとんど関係がないことがわかりました。

本研究「Does Educational Attainment Promote Job Satisfaction? The Bittersweet Trade-off Between Job Resources, Demands and Stress」は、Journal of Applied Psychology誌に掲載される予定で、ノートルダム大学メンドーサビジネスカレッジの経営学助教授であるブリタニー・ソロモン(ホール)、レイ&ミラン・ジークフリード起業家精神教授であるディーン・シェパードが、ベイラー大学のボリス・ニコラエフとともに発表したものです。

ソロモン氏は話します。

「今回の研究では、正規の教育を受けた人が仕事に満足している傾向はないことがわかりました。高学歴の人は、収入、仕事の自律性、多様性など、仕事に関連する大きなリソースを享受していることがわかりました。しかし、高学歴の人々は、より長い労働時間と、仕事のプレッシャー、強度、緊急性の増加に耐えています。これらの要求は、平均して、ストレスの増加と仕事への満足度の低下に関連しており、より多くの資源に関連したポジティブな利益をほぼ相殺しています。」

補足分析では、女性は学歴と仕事の満足度との間の負の関連性が高まる傾向にあり、自営業者は負の関連性が低下することがわかりました。

ソロモン氏は続けます。

「女性はいまだに職場での逆境に直面しており、教育への投資から得られるポジティブなリターンを損なう可能性があります。この現象は、教育における男女格差が逆転し、男性よりも多くの女性が高等教育を修了していることを考えると、特に重要です。」

「我々は、学歴と仕事の満足度の関連性は女性にとってマイナスであり、より強いものであるという考えを検討し、高学歴の男性と比較して、高学歴の女性は仕事でより多くのストレスを感じ、仕事の満足度が低いことを発見しました。」

伝統的な職業と比較して、自営業は、仕事のスケジュールを組み立て、仕事の内容を選択し、仕事の要求にどのように対応するかを決めるのに、かなりの柔軟性があります。

ソロモン氏は話します。

「私たちは、賃金労働者と比較して、自営業者は仕事のストレスや満足度に対する教育の悪影響からより守られているように見えることを発見しました。この境界条件を明らかにすることは、教育を受けた人や、教育を受けた従業員を大切にしたいと考えている組織にとって注目すべきことだと考えています。」

研究者たちは、より高い仕事の満足度を得るために高学歴を避けることを推奨しているのではなく、「良い」「悪い」の労働条件と、それに伴うストレスや仕事の満足度との間のトレードオフを現実的に計算することを推奨しています。

ソロモン氏は話します。

「ストレスと仕事の満足度の両方につながる条件のバランスをとることは、労働者が自分の価値観を再調整し、最終的には自分の優先順位に合った決断をするのに役立つかもしれません。リーダーは組織の最大の人的資本を活用することが裏目に出ないように、高学歴の従業員が遭遇する大きな要求を管理するためのより良い方法を検討することもできます。」

「例えば、従業員が過剰な労働時間を課すようなインセンティブを排除することで、従業員に不用意にストレスを与えて仕事の満足度を低下させることを避けることができます。」

「多くの人は、より良い仕事に就くために高等教育を受けますが、その “より良い仕事 “が、時間の経過とともに予期せぬ要求やストレスの影響を受けて、実際にはより良いものではないことに気付きません。」

「自分が追求するキャリアパスと、最終的に何に価値を置くかについて、人々が現実的になるのは良いことです。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 正規の教育を受けても「仕事の満足度につながらない」なるほどな理由