睡眠不足の解消にカフェインをあてにしてはいけない理由

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

睡眠不足の解消にカフェインをあてにしてはいけない理由

カフェインは覚醒作用がありますが、睡眠の代替にはならないことを、研究者たちは明らかにしています。

Fenn’s study is the first to investigate the effect of caffeine on placekeeping after a period of sleep deprivation.

参照元:https://msutoday.msu.edu/news/2021/caffeine-and-sleep
– ミシガン州立大学 Michigan State University. May 26, 2021 –

睡眠不足の夜?

ミシガン州立大学の新しい研究によると、カフェインに頼って一日を過ごすことは必ずしも解決策ではないとのことです。

心理学のキンバリー・フェン准教授が率いるミシガン州立大学のSleep and Learning Labの研究者たちは、睡眠不足による認知への悪影響を打ち消すのにカフェインがどれほど有効かを評価しました。

その結果、カフェインはそこまでしか効果がないことがわかりました。

この研究は、Journal of Experimental Psychologyの最新版に掲載されました。

Journal of Experimental Psychology: Learning, Memory, & Cognition」の最新版に掲載されたこの研究では、睡眠不足の夜にカフェインを摂取した場合の影響を評価しています。

この研究では、275人以上の被験者に、単純な注意課題と、より困難な「場所の維持」課題を課しました。

Fenn氏の研究は、睡眠不足後のプレースキーピングに対するカフェインの影響を調べた初めての研究です。

Fenn氏は話します。

「睡眠不足になると、どちらのタイプのタスクでもパフォーマンスが低下し、カフェインを摂取することで、簡単なタスクを成功させることができることがわかりました。しかし、ほとんどの被験者のプレースキーピングタスクのパフォーマンスには、カフェインはほとんど影響しませんでした。

「カフェインは、目を覚まして作業に集中する能力を高めるかもしれませんが、医療ミスや交通事故などの原因となる手続き上のミスを防ぐ効果はあまりありません。」

米国では睡眠不足が蔓延しており、この問題はパンデミックの間に激化しているとフェン氏は述べています。

睡眠不足が続くと、認知機能や気分の変化に影響するだけでなく、最終的には免疫力にも影響を及ぼします。

Fenn氏は話します。

「カフェインは、エネルギーを増加させ、眠気を減らし、気分を改善することもありますが、完全な睡眠の代わりにはなりません。カフェインで睡眠不足を解消したように感じても、より高度なタスクのパフォーマンスは低下してしまうでしょう。これが、睡眠不足が非常に危険である理由の1つです。」

Fenn氏は、今回の研究が理論と実践の両方に役立つ可能性があると述べています。

Fenn氏は続けます。

「もし、カフェインが睡眠不足下での手順ミスを有意に減少させることがわかったとしたら、外科医、パイロット、警察官など、十分な睡眠が取れない状態で危険な手順を行わなければならない人にとって、幅広い意味を持つことになるでしょう。むしろ、今回の結果は、睡眠を優先することの重要性を強調するものです。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 睡眠不足の解消にカフェインをあてにしてはいけない理由