ペットと一緒に寝ても子供はぐっすり眠ることができる

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

ペットと一緒に寝ても子供はぐっすり眠ることができる

コンコルディアの小児公衆衛生心理学研究室(PPHP)の研究者たちは、ペットとベッドを共にする子供たちの睡眠の質は、一人で寝る子供たちと区別がつかないという驚くべき結果を発表しました。

“One of the sleep hygiene questions asked if they shared their bed with a pet,” McGrath says. “We were startled to find that one in three children answered yes!”

参照元:https://www.concordia.ca/news/stories/2021/06/02/kids-who-sleep-with-their-pet-still-get-a-good-nights-rest-according-to-concordia-research.html?c=/news/archive
– コンコルディア大学 Concordia University. June 2, 2021 –

ペットをベッドの上で寝かせるのは良くないという考えが昔からあります。

場所をとる、ひっかく音がうるさい、アレルギーを引き起こすなどの理由に加え、最も一般的な主張は、毛深い仲間が睡眠を妨げるというものでした。

しかし、『Sleep Health』誌に掲載された新しい研究では、それとは異なる見解が示されています。

コンコルディアの小児公衆衛生心理学研究室(PPHP)の研究者たちは、ペットとベッドを共にする子供たちの睡眠の質は、一人で寝る子供たちと区別がつかないという驚くべき結果を発表しました。

この論文の主執筆者である博士課程の学生Hillary Rowe氏は話します。

「ペットと一緒に寝ることは、睡眠を妨げるものではないようです。実際、頻繁にペットと一緒に寝ている子供は、睡眠の質が高いと支持していました。」

Rowe氏は、PPHPの研究者であるDenise Jarrin氏、Neressa Noel氏、Joanne Ramil氏、そして心理学教授で研究室のディレクターであるJennifer McGrath氏と共同で論文を執筆しました。

セレンディピティの発見

研究者たちが使用したデータは、カナダ保健研究所が資金提供している縦断研究「ヘルシーハートプロジェクト」の中で発見されたもので、幼少期のストレス、睡眠、概日リズムの関連性を調査しています。

子どもと両親は、就寝前の習慣や睡眠衛生(就寝時間を一定にする、リラックスできる睡眠前の習慣を持つ、静かで快適な空間で眠る)に関するアンケートに答えました。

2週間にわたり、子どもたちはウェアラブル機器(リストアクチグラフィ)を装着し、毎日の記録を記入して睡眠を記録しました。

また、子どもたちは、睡眠中の脳波(EEG信号)を記録するために、家庭用の特殊な睡眠計を一晩装着しました。

Rowe氏は話します。

「睡眠衛生に関する質問の中に、ペットとベッドを共有しているかというものがありました。3人に1人の子どもが “はい “と答えていることに驚きました。」

「この発見を受けて、彼らは動物とのベッドシェアについて既存の文献を調べました。大人を対象とした研究はいくつかありましたが、子供を対象としたものはほとんどありませんでした。」

「ペットとの添い寝は、多くの子どもたちが行っていることですが、それが子どもたちの睡眠にどのような影響を与えるのかはわかっていません。睡眠科学の観点から、これは重要な研究課題だと考えました。」

研究者たちは、子供たちを、ペットと一緒に寝る頻度に応じて、「全く寝ない」「時々寝る」「頻繁に寝る」の3つのグループに分類しました。

そして、この3つのグループの間に有意な差があるかどうかを確認するために、さまざまな睡眠変数を比較しました。

McGrath氏は話します。

「ヘルシーハートプロジェクトの大きな目標を踏まえて、私たちは、就寝時間と睡眠時間(持続時間)だけでなく、入眠までの時間(潜時)、夜間の覚醒(乱れ)、睡眠の質も調べることができました。」

その結果、3つのグループは、すべての睡眠次元でおおむね類似していることがわかりました。

Rowe氏は話します。

「今回の調査結果は、ペットの存在が睡眠に悪影響を及ぼさないことを示唆しています。確かに、ペットと一緒に寝ることが多い子どもは、特に思春期の子どもで、睡眠の質が高いと感じていることがわかりました。」

彼女は、子供たちがペットを友達と考え、一緒に寝ることで安らぎを得ている可能性が高いのではないかと仮説を立てています。

McGrath氏は話します。

「今回の調査結果は、睡眠を測定する技術をどのように改善していくかについての考え方を明確にするものです。」

「Apple WatchやFitbitのような多くのウェアラブル製品、あるいはスマートフォン自体にも、動きを検知して睡眠状態を読み取る加速度計が搭載されています。パートナーやペットとベッドを共有している人が多いことを考えると、添い寝の設定を開発して、睡眠の侵入や目覚めを定義するためのアルゴリズムを微調整することが賢明かもしれません。そうすれば、より正確な睡眠評価が可能になるでしょう。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 人体・脳 » ペットと一緒に寝ても子供はぐっすり眠ることができる