血圧降下剤が大腸がんの生存率を向上させる

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

血圧降下剤が大腸がんの生存率を向上させる

ACE阻害薬、β遮断薬、サイアザイド系利尿薬のすべてが死亡率の低下と関連していました。
研究者らは、「消化器がんの治療に大きな影響を与える可能性がある」と述べています。

Common blood-pressure drugs may improve survival for patients with colorectal cancer, a new study suggests.

参照元:https://newsroom.uvahealth.com/2021/08/18/blood-pressure-drugs-could-improve-colorectal-cancer-survival/
– バージニア大学ヘルス University of Virginia Health. August 18, 2021 –

一般的な血圧降下剤は、大腸がん患者の生存率を改善する可能性があることが、新しい研究で示唆されました。

研究者らは、約14,000人の大腸がん患者の治療成績を検討した結果、ACE阻害薬、β遮断薬、サイアザイド系利尿薬のすべてが死亡率の低下と関連していることを明らかにしました。

また、血圧降下剤を一貫して服用している患者さんは、がんで死亡する可能性が低いこともわかりました。

研究者らは、血圧降下剤と予後の改善との関連性を検証するには、さらなる研究が必要であると強調しています。

しかし、彼らは、この薬がステージI~IIIの大腸がん患者の治療を改善するための新しい低コストの方法になると期待しています。

バージニア大学医学部公衆衛生科学科のRajesh Balkrishnan博士は話します。

「高齢者のがん生存期間を延ばすための費用対効果の高い解決策は、一般的に使用されている薬にあるかもしれません。しかし、これらの知見は、臨床試験によってさらに確認する必要があります。」

大腸がんについて

大腸がんは、米国で3番目に多く診断されるがんです。

米国がん協会の推計によると、今年、米国では新たに104,270件の結腸がんと45,230件の直腸がんが発生するとされています。

最近、若年層の大腸がん患者数が増加していることが問題となり、米国予防サービス専門委員会は、大腸がんの初回スクリーニングの推奨年齢を50歳から45歳に引き下げることを決定しました。

(昨年、「ブラックパンサー」でおなじみのチャドウィック・ボーズマンは、大腸がんにより43歳という若さで亡くなりました)。)

大腸がん患者には高血圧がよく見られますが、血圧降下剤が患者の予後に与える潜在的な影響についての研究はほとんどありませんでした。

UVAがんセンターとサンパウロ大学Instituto do Câncer do Estado de São Pauloの研究者らは、この状況を変えたいと考え、大規模なレトロスペクティブ分析を行いました。

研究チームは、Surveillance, Epidemiology, and End-Results(SEER)メディケアデータベースを用いて、2007年1月1日から2012年12月31日までに大腸がんと診断された65歳以上の患者13,982人の転帰を検討しました。

その結果、ACE阻害薬とサイアザイド系利尿薬が患者の生存率と転帰に最も大きな利益をもたらし、カルシウム拮抗薬には同様の利益はないと考えられました。

研究者は本論文内で話します。

「今回の結果から、ステージI、II、IIIのCRC診断後にこれらの薬剤を開始した患者では、(血圧降下剤の)服薬アドヒアランスの向上と、服薬しなかった患者に比べて死亡率が低下するという関連性が示されました。さらなる分析が必要であるが、ACE-Is/ARBの長期/高用量投与がCRC死亡率の低下と関連していたことから、この生存率の増加は高用量投与と関連している可能性があります。」

科学者たちは、血圧降下剤による明らかな効果が、薬そのものによるものなのか、それとも患者の高血圧をコントロールすることによるものなのか、はっきりしません。

研究者たちは、どちらか一方、あるいは両方を支持するシナリオを想定しています。

研究者らは、最近、血圧降下剤の他の癌に対する有用性を検証する臨床試験がいくつか行われていることを指摘しています。

大腸がん、胃がん、膀胱がんへの適用については、さらなる研究が必要であると結論づけています。

Balkrishnan氏は話します。

「サンパウロ大学がんセンターのRoger Chammas博士らが行った動物モデル研究の結果を、ヒトの集団でも確認できたことは心強いことです。我々は、より強力な研究デザインを用いて、他のがんに対する降圧剤の予防効果をヒトの集団でも検討していきます。この結果は、消化器がんの治療に大きな影響を与える可能性があります。」

本研究は、UVAがんセンターおよびFundação de Amparo à Pesquisa do Estado de São Pauloの支援を受けて行われました。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 血圧降下剤が大腸がんの生存率を向上させる