若年層のアルコール使用は血管の早期老化と関連する

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

若年層のアルコール使用は血管の早期老化と関連する

若年層の飲酒者や喫煙量の多い若い女性では、動脈の損傷が起こります。
が、禁煙する事でこの年齢層ならば健康を取り戻せる可能性もあります。

Drinking alcohol during adolescence to young adulthood is associated with accelerated arterial stiffening, a precursor to cardiovascular disease.

参照元:https://www.escardio.org/The-ESC/Press-Office/Press-releases/alcohol-use-in-young-adults-is-associated-with-early-ageing-of-blood-vessels
– 欧州心臓病学会 European Society of Cardiology. 23 Aug 2021 –

思春期から若年成人期にかけての飲酒は、心血管疾患の前駆症状である動脈硬化の促進と関連しています。

これは、ESC Congress 2021で発表された研究の結果です。

英国ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの医学生である研究著者のHugo Walford氏は話します。

「飲酒量が多いほど、動脈硬化の増加が大きくなるという意味で、使用量が多いほど段階的に増加するという証拠がいくつかありました。この関係は、心臓病の他の素因では説明できず、この時期の危険な行動が血管の健康に直接影響を与えることを示唆しています。」

人は年をとると、自然と動脈が硬くなり、弾力性がなくなります。

動脈が硬くなると、心臓病や脳卒中のリスクが高まります。

ある種の行動は動脈硬化を加速させます。

例えば、これまでの研究では、タバコを吸ったり、お酒を飲んだりすることが、10代の若者の動脈硬化につながることがわかっています。

若年層は、喫煙や飲酒を開始したり、大量に摂取したりする重要な時期であることから、本研究では、17歳から24歳までの動脈硬化の変化と、これらの習慣との関係に着目しました。

本研究では、17歳から24歳までのAvon Longitudinal Study of Parents And Children(ALSPAC)の参加者1,655名を対象としました。

アルコールと喫煙は、17歳と24歳の時点で測定し、2つの時点の結果を統合しました。

アルコール使用量は、「全くない」、「中程度(1日の飲酒量が4杯以下)」、「多い(1日の飲酒量が5杯以上)」に分類されました。

喫煙は、未経験、過去、中程度(1日10本未満)、高程度(1日10本以上)に分類されました。

動脈硬化は、17歳と24歳の時点で、頸動脈-大腿脈波速度という非侵襲的な手法を用いて評価しました。

この手法は、特に若年層において、将来の心血管疾患を確実かつ独立して予測するものです。

研究者らは、17歳から24歳までの喫煙・飲酒習慣と動脈硬化の変化との関連を調べました。

解析では、年齢、性別、社会経済的地位に加えて、24歳時点での肥満度、血圧、低比重リポタンパク質(LDL)コレステロール、血糖値、C反応性タンパク質(炎症の指標)の測定値を調整しました。

17歳から24歳の間のアルコール摂取量は、「全くない」が7%、「中程度」が52%、「多い」が41%でした。

また、17歳から24歳の間の喫煙については、37%が「なし」、35%が「あり」、23%が「中」、5%が「多」と回答しました。

動脈硬化は、17歳から24歳までの間に平均10.3%増加し、男性よりも女性のほうがわずかに増加しました。

動脈硬化は、アルコールスコアの平均値が1ポイント上昇するごとに増加しました。

喫煙者の平均スコアでは、動脈硬化度の上昇は見られませんでした。

高濃度の喫煙者は、非喫煙者に比べて動脈硬化の増加が数値的に大きかったが、これは女性においてのみ統計的に有意でした。

17歳から24歳の間の動脈硬化の変化は、元喫煙者と非喫煙者の間に差はありませんでした。

Walford氏は話します。

「今回の結果から、若年層の飲酒者や喫煙量の多い若い女性では、動脈の損傷が起こることが示唆されました。喫煙経験のない人と元喫煙者は動脈硬化に同じような変化が見られたことから、禁煙することでこの若さで血管の健康を回復できることが示されました。」

「学生にとって暴飲暴食はよくあることであり、英国では喫煙率の低下に加えて電子タバコの使用が急増しているという問題があります。若者は、飲酒や喫煙が長期的なダメージを与えることはないと考えているかもしれません。しかし、今回の結果は、これらの行動が若者を早期の動脈硬化から始まるライフコースの軌道に乗せ、最終的には心臓病や脳卒中につながる可能性があることを示しています。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 若年層のアルコール使用は血管の早期老化と関連する

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)