脳の構造の差が「兄弟でも行動障害を発症するリスクが異なる理由」かもしれない

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

脳の構造の差が「兄弟でも行動障害を発症するリスクが異なる理由」かもしれない

同じ家族に住む兄弟姉妹のうち、いずれかが行動障害を発症するリスクが異なる理由を、脳の構造の違いで説明できるかもしれません。
標的となっているのは、意思決定を司る脳領域です。

Structural differences in the area of the brain responsible for decision making could explain why two siblings living in the same family might differ in their risk of developing the condition conduct disorder.

参照元:https://www.bath.ac.uk/announcements/sibling-brain-structure-differences-make-some-more-susceptible-to-severe-antisocial-behaviour/
– バース大学 University of Bath. 5 October 2021

意思決定をつかさどる脳の領域における構造的な違いが、同じ家族に住む2人の兄弟が行動障害を発症するリスクが異なる理由を説明できるかもしれません。。

心理学者や神経科学者たちは、一見同じような環境で育ち、同じような遺伝子をもつ兄弟が、なぜ行動面で大きく異なるのかについて長い間悩んできました。

バース大学とサウサンプトン大学の研究者たちは、精神疾患である行動障害のある家族と、行動上の問題がない家族を調査することで、この疑問を明らかにしました。

行動障害は、攻撃的で反社会的な行動の繰り返しを特徴とします。

行動障害は、本人、家族、社会全体にとって、個人的にも経済的にも大きな負担となり、英国の児童青年精神保健サービスに紹介される最も一般的な理由の1つとなっています。

行動障害は、5歳から16歳までの若者の間で約5%の有病率を示していますが、社会階級の勾配は急です。2004年の調査では、見守り児童、虐待を受けた児童、保護登録をしている児童の約40%が行動障害を抱えていることが明らかになりました。

このような状況にもかかわらず、この疾患に対する一般的な認知度は低く、多くの心理学者や精神科医に認識されていません。

今回の研究は、行動障害の発症リスクを決定づける基本的なメカニズムを解明することを目的としており、本日、Psychological Medicine誌に掲載されました。

バース大学のGraeme Fairchild博士をはじめとする国際研究チームは、行動障害のある青年41名、影響を受けていない兄弟姉妹24名、行動障害の家族歴がない健常対照者38名を対象に、脳のMRI検査を行いました。

分析の結果、行動障害のある若者とその親族はともに、脳の下頭頂皮質と呼ばれる部分に構造的な違いが見られました。

しかし、行動障害グループに特有の脳の構造変化は、共感や認知制御/行動抑制を司る脳領域に見られ、影響を受けていない兄弟には見られませんでした。

さらに、計画や意思決定に関わる脳領域である前頭前野にも、影響を受けていない兄弟姉妹に特有の変化が見られました。

このことは、行動障害の環境的または遺伝的な危険因子を抱えて育ったにもかかわらず、反社会的な行動を起こさずに済んだ理由を説明するものと考えられます。

同チームの以前の研究では、兄弟間で反社会的行動に違いがあるにもかかわらず、行動障害のある兄弟も影響を受けていない兄弟も、感情的な顔の表情を認識することが困難であることがわかっています。

バース大学心理学部のGraeme Fairchild博士は説明します。

「今回の研究は、行動障害の根本的な原因を理解することを目的としています。具体的には、同じ家族でも反社会的な行動に違いがあるのはなぜか、行動障害の遺伝的なリスクマーカーは脳にあるのか、といったことです。」

「今回の研究は、行動障害に関する初めての家族ベースの研究の1つであり、反社会的行動や犯罪行動を起こすリスクの高い同一家族のメンバーを見分けるには、脳が重要であることが確認されました。」

「興味深いことに、これまでの研究では、罹患している兄弟と罹患していない兄弟の間で、顔の表情を認識する際に共通の障害があることがわかっていましたが、今回の研究では、主要な行動の違いが、実行機能や意思決定を司る脳の部分のわずかな変化によって決まる可能性が示唆されています。このような違いは、一部の兄弟が危険な行動をとりやすくする可能性があり、今後の研究の焦点となるべきです。」

著者らは、今回の発見が、行動障害を持つ10代の若者の弟妹に対する早期介入の指針となり、彼らがより早い年齢で支援や治療を受けられるようになることを期待している。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 人体・脳 » 脳の構造の差が「兄弟でも行動障害を発症するリスクが異なる理由」かもしれない

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)