長寿だが繁殖能力が衰える「食事制限をしたショウジョウバエ」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

長寿だが繁殖能力が衰える「食事制限をしたショウジョウバエ」

食事制限をした後に好きなだけ食べるという方法に切り替えると、繁殖状態が良くなるかもしれません。
一生食事制限をしたショウジョウバエのメスは長寿でしたが、繁殖力が劣っていました。

Switching from a restricted diet to eating as much as you like could be beneficial for reproduction in later life,

参照元:https://www.uea.ac.uk/news/-/article/how-eating-less-in-early-life-could-help-with-reproduction-later-on
– イーストアングリア大学 University of East Anglia. On 24th Nov 2021 –
クレジット: イーストアングリア大学 University of East Anglia.

イースト・アングリア大学の新しい研究によると、制限された食事から好きなだけ食べることに切り替えることは、その後の人生における繁殖に有益である可能性があるという。

研究者たちは、小型のミバエであるショウジョウバエの食習慣と交尾習慣を調査しました。

その結果、一生の間に食べる量を減らしたメスは長生きしましたが、栄養状態の良いメスに比べて繁殖力が劣っていることがわかりました。

しかし、制限食から無制限食に変えた雌は、交尾や繁殖が活発になりました。

これらのハエは、食事制限をしていたハエに比べて3倍も多くの子孫を残したのです。

その一方で、彼らの生存率は、生涯にわたって完全に栄養を与えられた雌と同様でした。

UEAのSchool of Biological Sciencesの主任研究員であるZahida Sultanova博士は話します。

「食事制限は、人間を含む多くの生物において、長寿と健康に関連しています。私たちは、人生の早い時期に食事制限をした後、人生の後半にたくさん食べるとどうなるかを調べたいと思いました。」

研究チームは、幼少期の食事制限がミバエの生存率、交尾行動、繁殖に及ぼす影響を調べました。

あるグループは十分な餌を与えられていましたが、他のグループは通常の摂取量の40%の酵母しか与えられない制限食を与えられました。

また、3番目のグループは、幼少期に食事を制限した後、好きなだけ摂取してもよいとされました。

Sultanova博士は話します。

「食事制限は一般的に、健康増進や繁殖の抑制につながります。しかし、ミバエを制限食から通常食に切り替えたところ、交尾や繁殖が活発になり、生存率は完全に食べたメスと同等になりました。ミバエのこれらの結果は、メスが少ししか食べていない間は繁殖が少ないが、繁殖の健康状態を維持し、人生の後半になって無制限に食べられるようになると、すぐにたくさんの繁殖を始めることを示しています。」

「このことから、幼少期の少食による繁殖の低下は、幼少期に豊かな食生活に切り替えることで十分に補うことができることがわかります。これまで、ヒトにおける食事制限と生殖に関する研究はほとんど行われていませんでした。なぜなら、この種の研究には倫理的・物流的な制約があるからです。しかし、モデル生物を用いた研究の結果は、人間に適した方法でさらに研究を進める価値があることを示唆しています。」

本研究は、バイオテクノロジー・生物科学研究評議会(BBSRC)、欧州研究評議会(ERC)、自然環境研究評議会(NERC)から資金提供を受けています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 人体・脳 » 長寿だが繁殖能力が衰える「食事制限をしたショウジョウバエ」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)