忘れるは悪い事ではない?「学習の一形態である【忘れる】」

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Pocket

忘れるは悪い事ではない?「学習の一形態である【忘れる】」

私たちは様々な記憶を持っています。そして、思い出せない記憶は亡くなってしまっているのでしょうか?
研究種たちは、「忘れる」は学習の一形態である可能性があると提唱しています。

We create countless memories as we live our lives but many of these we forget.

参照元:https://www.tcd.ie/news_events/articles/why-do-we-forget-new-theory-proposes-forgetting-is-actually-a-form-of-learning/
– トリニティ・カレッジ・ダブリン Trinity College Dublin. 13th January 2022 –

私たちは生きている間に数え切れないほどの記憶を作り出していますが、その多くは忘れてしまっています。なぜでしょうか?

記憶が時間とともに失われていくという一般的な考え方に反して、「忘れる」ことは悪いことではないのかもしれない–というのが、科学者たちの見解です。

この新説は、国際的な学術誌『Nature Reviews Neuroscience』に掲載されたもので、特定の記憶にアクセスする能力の変化は、環境からのフィードバックと予測可能性に基づいていることを示唆しています。

忘却はバグではなく、脳が環境と動的に相互作用するための機能的な特徴である可能性があります。

私たちや他の多くの生物が暮らすような変化する世界では、記憶を忘れることは、より柔軟な行動や優れた意思決定につながる可能性があり、有益です。

もし、現在の環境と全く関係のない状況で得た記憶であれば、それを忘れることは、私たちの幸福感を向上させるポジティブな変化となり得るのです。

つまり、科学者たちは、私たちがある記憶を忘れる一方で、重要な他の記憶を保持することを学んでいると考えているのです。

もちろん、忘れるということは情報を失うという代償を払うことになりますが、少なくともいくつかのケースでは、忘れるということは記憶の喪失ではなく、記憶へのアクセスの変化が原因であることを示す研究が増えてきています。

この新しい理論は、トリニティ・カレッジ・ダブリンの生化学・免疫学部およびトリニティ・カレッジ神経科学研究所の准教授であるトーマス・ライアン博士と、トロント大学およびトロントのシックチルドレン病院の心理学部の教授であるポール・フランクランド博士によって提案されたものです。

ライアン博士とフランクランド博士はともにカナダの世界的研究機関であるCIFARのフェローであり、この分野で学際的研究を進めているChild & Brain Developmentプログラムを通じて今回の共同研究を可能にしました。

トリニティ生物医学研究所(TBSI)を研究チームとするライアン博士は話します。

「記憶は『エングラム細胞』と呼ばれる神経細胞の集合体に保存されており、これらの記憶をうまく呼び出すには、これらの集合体を再活性化することが必要です。このことを論理的に考えると、エングラム細胞が再活性化できない場合に忘却が起こるということになります。」

「記憶そのものは残っているが、特定のアンサンブルが活性化されないと、記憶を呼び出すことができない。それはあたかも、金庫に記憶が入っているのに、それを開けるための暗証番号を思い出せないようなものです。」

「私たちの新しい理論では、忘却は、エングラム細胞がアクセス可能な状態からアクセス不可能な状態に切り替わる回路のリモデリングによるものだと提唱しています。忘却の速度は、環境条件に影響されるので、忘却は、実は、環境とその予測可能性に応じて、記憶のアクセス性を変化させる学習の一形態であることを提唱しています。」

フランクランド博士は続けます。

「我々の脳が忘れる方法は複数ありますが、そのどれもが、エングラム(記憶の物理的な体現)をアクセスしにくくするように作用します。」

病気における病的な忘却の場合について、ライアン博士とフランクランド博士は語ります。

「重要なのは、この「自然忘却」は、ある状況下では可逆的であり、疾患状態、例えば、アルツハイマー病患者などでは、これらの自然忘却メカニズムが乗っ取られ、その結果、エングラム細胞のアクセス性が大幅に低下して、病的な記憶喪失になると考えていることです。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 人体・脳 » 忘れるは悪い事ではない?「学習の一形態である【忘れる】」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)

J O B仕 事

人気 (❁´ω`❁)