重症・死亡率の上昇と関連「COVID-19とビタミンDレベル」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

重症・死亡率の上昇と関連「COVID-19とビタミンDレベル」

世界中で猛威を振るうCOVID-19ですが、ビタミンDの欠乏状況と重症・死亡率の上昇と関連するようです。
十分なビタミンDレベルが感染症の予後にポジティブな影響を与える可能性があるようです。

Early on in the pandemic health officials began to encourage people to take vitamin D, as it plays a role in promoting immune response and could protect against COVID-19.

参照元:https://www.biu.ac.il/en/article/10675
– バルイラン大学 Bar-Ilan University. 06.02.2022 –

COVID-19入院患者における感染前のビタミンD欠乏は、疾患の重症度および死亡率の上昇と関連する
十分なビタミンDレベルが感染症の予後にポジティブな影響を与える可能性を確認する研究

ビタミンDは骨の健康維持に重要な役割を果たすことが知られていますが、その含有量の低さは、自己免疫疾患、心血管疾患、感染症など様々な疾患と関連することが指摘されています。

パンデミックの初期に、保健当局は、ビタミンDが免疫反応を促進する役割を果たし、COVID-19から身を守る可能性があるとして、人々にビタミンDの摂取を奨励し始めました。

PLOS ONE誌に掲載された研究では、イスラエルのサフェッドにあるバーイラン大学アズリエリ医学部とナハリヤにあるガリラヤ医療センターの研究者が、ビタミンDの欠乏とCOVID-19の重症度および死亡率の間に相関があることを示しました。

本研究は、ビタミンD濃度を感染前に分析した最初の研究であり、ウイルス性疾患によって二次的に濃度が低下する可能性のある入院中よりも正確な評価が可能になります。

2020年4月から2021年2月の間にガリラヤ医療センター(GMC)に入院したPCR検査陽性の患者1,176人の記録を検索し、感染2週間前から2年前に測定したビタミンD濃度を調べました。

ビタミンD欠乏症(20ng/mL未満)の患者は、40ng/mL以上の患者に比べ、COVIDの重症または重篤な症例になる確率が14倍でした。

驚くべきことに、ビタミンDが十分にある患者の死亡率は2.3%であったのに対し、ビタミンD欠乏群では25.6%でした。

年齢、性別、季節(夏・冬)、慢性疾患などを調整した結果、全体的に同様の結果が得られ、ビタミンDレベルの低さが疾患の重症度や死亡率に大きく寄与していることが浮き彫りになりました。

本研究を主導したBar-Ilan大学Galilee Medical Center and Azrieli Faculty of MedicineのAmiel Dror博士は話します。

「我々の結果は、ビタミンDを正常レベルに維持することが望ましいことを示唆しています。世界的な保健機関だけでなく、地元の保健当局が助言しているように、定期的にビタミンDを補給することについては、明確なコンセンサスがあります。」

今回の研究に参加した内分泌学者アミール・バシュキン博士は話します。

「これは、特に、COVID-19パンデミックにおいて、十分なビタミンDが、呼吸器疾患に対する適切な免疫反応に付加的な効果を持つ場合に当てはまります。」

研究の共同著者であるバルイラン大学アズリエリ医学部のマイケル・エデルスタイン教授は話します。

「本研究は、患者のビタミンD欠乏症の病歴が、より悪いCOVID-19臨床疾患経過と死亡率に関連する予測危険因子であることを示唆する継続的に発展する証拠群に貢献します。COVID-19の感染によって、ある人は深刻な事態に陥り、別の人はそうならない理由はまだ不明です。我々の発見は、このパズルの解決に新たな局面を加えるものです。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 重症・死亡率の上昇と関連「COVID-19とビタミンDレベル」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)