慢性疾患だけじゃない「心不全患者の生活の質も上げるスピリチュアリティ」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

慢性疾患だけじゃない「心不全患者の生活の質も上げるスピリチュアリティ」

スピリチュアリティが慢性疾患を持つ患者の生活の質を上げる事はわかっています。
研究者は、スピリチュアリティが心不全患者の生活の質を向上させることも発見しました。

Numerous studies have shown that spirituality can help improve quality of life for people with chronic diseases like cancer. According to a literature review, spirituality can also have a positive impact on quality of life for heart failure patients.

参照元:https://www.acc.org/About-ACC/Press-Releases/2022/03/28/18/13/Spirituality-Can-Improve-Quality-of-Life-for-Heart-Failure-Patients
– アメリカン・カレッジ・オブ・カーディオロジー. American College of Cardiology. Mar 28, 2022 –

霊性が癌などの慢性疾患を持つ人々のQOLを改善するのに役立つことは、数多くの研究で示されている。

文献レビューによると、スピリチュアリティは心不全患者のQOLにも良い影響を与える可能性があるそうです。

スピリチュアリティが癌などの慢性疾患患者のQOL向上に役立つことは、数多くの研究により明らかにされています。

JACC Heart Failure誌に本日掲載された文献レビューによると、スピリチュアリティは心不全患者のQOLにも良い影響を与える可能性があるとのことです。

さらに、スピリチュアリティは、これらの患者における患者中心的な臨床転帰を改善するための緩和ケア介入の潜在的なターゲットとして考慮されるべきであると結論づけています。

デューク大学病院内科レジデントのレイチェル・S・トービン氏(MD)および本研究の主執筆者は述べています。

トービン氏:心不全患者は、同世代の患者と比較して、うつ病、不安、精神的苦痛のレベルが高く、QOLが低いです。生活の質の低下の一因は、心不全が、他の多くの慢性疾患とは異なり、非常に予測不可能であり、絶望、孤立、自己イメージの変化につながる可能性があるという事実です。

米国心臓病学会をはじめとする主要な循環器学会は、心不全患者に対する緩和ケアを推奨しています。

スピリチュアリティは緩和ケアの中核をなす領域であり、スピリチュアルな懸念を明らかにして対処し、患者に適切な霊的・宗教的資源を提供することを目的としています。

しかし、スピリチュアリティが心不全患者に与える影響に関する研究は限られており、それを測定するために設計されたツールも知られていません。

研究者らによると、スピリチュアリティを定義することは困難ですが、スピリチュアリティを「個人が人生の意味や目的を見つける方法」と表現するいくつかの定義を参照しており、宗教的信念とは別のものである可能性があります。

例えば、Institute of Medicineは、スピリチュアリティを「人間が人生の意味、目的、価値を見出すために持っているニーズと期待」と定義しています。

”そのようなニーズは特に宗教的なものである場合もありますが、宗教的な信仰を持たない人や組織化された宗教のメンバーでない人でも、自分の人生に意味や目的を与える信念体系を持っています。”と定義しています。

研究者らは、心不全患者におけるスピリチュアリティに関する現在の知識を探るために、47の論文のレビューを行いました。

スピリチュアリティと生活の質、および患者の転帰との関連を説明し、この集団におけるスピリチュアリティの臨床応用と将来の方向性について提案しました。

スピリチュアリティの測定には、単純なものから複雑なものまで、およそ10種類の方法が用いられました。

調査された主なデータは以下の通りです。

  • PAL-HF(Palliative Care in Heart Failure)試験では、FACIT-SPで評価したところ、通常のケアと比較して緩和ケア介入に割り付けられた患者の霊的幸福感が改善された;霊性に関する情報の収集にはFICAの霊的履歴ツールも使用された。
  • 緩和ケアに無作為に割り付けられた患者では、カンザスシティ心筋症質問票(KCCQ)および慢性疾患治療機能評価-緩和ケア(FACIT-Pal)で測定したQOLが向上していた。また、不安やうつ病のレベルも低いことがわかりました。

別の研究では、12週間の郵送による心理社会的介入を行った後、介入を完了した患者は、KCCQで測定されるQOLが高く、また、抑うつや意味探しが少なかったことが明らかにされました。

対象となった33人の患者のうち、85.7%が介入に価値があったと感じていた。パイロット研究では、スピリチュアルカウンセリングはQOLの改善と関連していたが、その効果が有意であるかどうかを判断するための対照群は存在しませんでした。

トービン氏:文献によると、スピリチュアリティは患者のQOLを改善するだけでなく、介護者の支援にも役立ち、心不全患者の再入院を防ぐ可能性があります。私たちが提案し、現在行っているのは、うつ病のスクリーニングに用いられるものと同様の、スピリチュアリティのスクリーニングツールの開発です。これは、スピリチュアルな苦痛を感じる危険性のある心不全患者を緩和ケアで特定するために使用することができます。しかし、これはまだスタート地点に過ぎません。より多くの研究を行う必要があります。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 慢性疾患だけじゃない「心不全患者の生活の質も上げるスピリチュアリティ」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)