ヒトに必要な水分「心不全の長期的リスクを低減する良好な水分補給」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

ヒトに必要な水分「心不全の長期的リスクを低減する良好な水分補給」

ヒトの身体に水分が必要であることは周知の事実ですが、水分から一体どれほどの恩恵を得られるのでしょうか?
科学者は、水分補給が心不全の長期的リスクを低減する可能性を示しています。

Staying well-hydrated may be associated with a reduced risk for developing heart failure, according to researchers at the National Institutes of Health.

参照元:https://www.nhlbi.nih.gov/news/2022/good-hydration-may-reduce-long-term-risks-heart-failure
– NIH 国立心肺血液研究所 . March 29, 2022 –

米国国立衛生研究所の研究者らは、十分な水分補給が心不全の発症リスク低減につながる可能性があることを発表しました。

European Heart Journalに掲載されたこの研究結果は、生涯を通じて十分な量の水分を摂取することが、必要な身体機能を支えるだけでなく、将来的に深刻な心不全のリスクを低減する可能性があることを示唆しています。

心不全は、心臓が体の必要量に十分な血液を送り出さない場合に発症する慢性疾患で、米国では人口の2%強にあたる620万人以上が罹患しています。

また、65歳以上の成人に多くみられます。

この研究の筆頭著者であり、NIH傘下の国立心肺血液研究所(NHLBI)の心血管再生医療研究所の研究者であるNatalia Dmitrieva博士は話します。

Dmitrieva博士:塩分摂取量を減らすことと同様に、水を十分に飲んで水分を保つことは心臓をサポートする方法であり、心臓病の長期リスクの軽減に役立つかもしれません。

脱水と心臓の線維化(心臓の筋肉が硬くなること)との関連を示唆する前臨床研究を行った後、Dmitrieva氏と研究者は、大規模な集団研究で同様の関連性を探しました。

まず、1987年から1989年の間にAtherosclerosis Risk in Communities(ARIC)研究に登録し、25年間の受診情報を共有した45-66歳の成人15,000人以上のデータを分析した。

研究チームは、研究開始時に水分補給レベルが正常範囲にあり、糖尿病、肥満、心不全を発症していない被験者に焦点を当て、レトロスペクティブレビューの対象者を選定しました。

最終的な解析対象者は約11,814人で、そのうち1,366人(11.56%)が後に心不全を発症していることがわかりました。

研究チームは、水分補給との関連性を評価するために、いくつかの臨床指標を用いて被験者の水分補給状態を評価しました。

特に、体内の水分レベルが低下すると増加する血清ナトリウムのレベルを調べることは、心不全発症のリスクが高い被験者を特定するのに有効でした。

また、心不全と左心室肥大(心臓が肥大して厚くなること)の両方の発症リスクが高い高齢者の特定にも役立ちました。

例えば、中年期の血清ナトリウム濃度が143ミリ当量(mEq/L)(正常範囲は135-146mEq/L)から始まる成人は、それ以下のレベルの成人と比較して、心不全発症の関連リスクが39%増加しました。

また、血清ナトリウムが135-146mEq/Lの正常範囲内で1mEq/L増加するごとに、心不全を発症する可能性は5%増加しました。

70〜90歳の成人約5,000人のコホートでは、中年期の血清ナトリウム値が142.5〜143mEq/Lの人は、左心室肥大を起こす可能性が62%高いことが示されました。

血清ナトリウム濃度が143mEq/Lから始まる人は、左室肥大のリスクが102%、心不全のリスクが54%増加することと相関がありました。

これらのデータに基づき、著者らは、中年期における142mEq/L以上の血清ナトリウムレベルは、後年における左室肥大と心不全の発症リスクの上昇と関連すると結論づけました。

これらの予備的知見を確認するためには、無作為化比較試験が必要であると研究者らは述べています。

しかし、これらの初期の関連は、良好な水分補給が、心不全につながる心臓内の変化の予防や進行を遅らせるのに役立つことを示唆しています。

心臓血管再生医療研究室を率いるManfred Boehm医学博士は話します。

Boehm医学博士:血清ナトリウムと水分摂取量は、臨床検査で簡単に評価でき、医師が、水分補給の方法について学ぶことが有益な患者を特定するのに役立ちます。

水分は、心臓が血液を効率的に送り出すのを助け、血管の機能をサポートし、循環を整えるなど、身体のさまざまな機能に不可欠なものです。

しかし、多くの人は必要量よりもはるかに少ない量しか摂取していない、と研究者は述べています。

水分摂取のガイドラインは体の必要性に応じて異なりますが、研究者は、女性で1日6~8カップ(1.5~2.1リットル)、男性で8~12カップ(2~3リットル)の水分摂取を推奨しています。

また、米国疾病対策予防センターは、健康的な水分補給をサポートするためのヒントを提供しています。

本研究は、NHLBIのDivision of Intramural Researchの支援を受けて行われました。

他の共著者には、血管・マトリックス遺伝学研究室のDelong Liu博士と生物統計学研究室のColin O. Wu博士が含まれています。

ARIC研究は、NHLBI、NIH、Department of Health and Human Servicesからの研究契約によって支援されています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » ヒトに必要な水分「心不全の長期的リスクを低減する良好な水分補給」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)