ヨガ、太極拳、気功。慢性腰痛に効くのはどれ?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

ヨガ、太極拳、気功。慢性腰痛に効くのはどれ?

フロリダアトランティック大学が、ヨガ、太極拳、気功の3つの運動ベースが、慢性腰痛に対してどのような心身と痛みへの効果があるのか調査しました。

It’s a pain. About 80 percent of adults in the United States will experience lower back pain at some point. Treating back pain typically involves medication, including opioids, surgery, therapy and self-care options. Efforts to reduce opioid use and increase physically based therapies to reduce pain and increase physical function and safety are crucial. 

参照元:http://www.fau.edu/newsdesk/articles/chronic-back-pain.php

アメリカ人の約80%は、ある時点で腰痛を経験します。

患者はしばしば、運動と心身の介入で腰痛を管理するようにアドバイスされます。

しかし、それらは本当に助けになりますか?

研究者は、ヨガ、太極拳、気功を比較対照し、腰痛の治療に効果的であることを発見し、痛みの軽減やうつ病や不安などの心理的苦痛の軽減、痛みに関連する障害の軽減の機能的能力の改善など、肯定的な結果を報告しました。

腰痛の治療には通常、オピオイド、手術、治療、セルフケアの選択肢などの投薬が含まれます。

オピオイドの使用を減らし、身体ベースの治療法を増やして痛みを軽減し、身体機能と安全性を高める努力は非常に重要です。

患者は、運動や心身の介入などの腰痛を管理するために、非薬理学的治療を使用するようにアドバイスされることがよくあります。

しかし、それらは本当に助けになりますか?

ジャーナルHolisticNursingPracticeに掲載されたレビュー、フロリダアトランティック大学のデザインと社会調査のための大学とクリスティンE.リン看護大学の研究者は、慢性腰痛に対する3つの運動ベースの心身介入の効果の証拠を評価しました。

彼らは、ヨガ、穏やかな運動とストレッチをマインドフルネスと組み合わせた太極拳、気功、ゆっくりとしたリラックスした流動的な反復的な体の動きの間の体の認識と注意に焦点を当てた伝統的な中国の瞑想運動療法を調べました。

動きに基づく心身介入、特に気功と太極拳の効果についてはほとんど知られていません。

研究者は、これらの介入の頻度と期間を調べることにより、ヨガ、太極拳、気功を比較対照しました。

ジュヨン・パーク博士は説明します。

「腰痛は、うつ病や不安などの精神的苦痛、睡眠の問題、さらには社会的孤立にさえ寄与することが多い主要な公衆衛生問題です。私たちはデータをレビューして、慢性腰痛、心理的要因、対処戦略、および腰痛に苦しむ人々の生活の質に対する運動ベースの心身介入の効果を決定しました。」

「私たちの目標は、腰痛の効果の包括的な評価を提供することでした。これらの介入は、そのような痛みを軽減するための証拠に基づく介入を実施するために、分野を超えて情報を提供できるようにするためのものです。」

研究者が特定した625の査読記事のうち、32が選択基準を満たし、レビューに含まれました。

結果は、これらの記事の大部分が、動きに基づく心身介入が腰痛の治療に効果的であることを示し、痛みの軽減やうつ病や不安などの心理的苦痛、痛みに関連する障害の軽減などの肯定的な結果を報告していることを発見しました。

重要な調査結果の中で、研究者は、太極拳が20代の男性の急性腰痛を軽減する一方で、より長い期間と高用量のヨガ介入が腰痛の軽減を示したことを発見しました。

太極拳はまた、若い男性の腰痛に対してストレッチよりも効果的でした。

一般的なコミュニティでは、太極拳は痛みの強さの大幅な減少、痛みの症状の煩わしさを示しました。

対照介入よりも痛みに関連する障害。現在までに気功研究は3つしかないため、この介入が慢性腰痛の治療に役立つかどうかは研究者には不明でした。

既存の研究は、ヨガのプラスの利点を示唆していますが、腰痛に対する太極拳と気功はまだ十分に調査されていません。

ファカルティフェロー氏は述べています。

「私たちのレビューで調べた2つの研究は、退役軍人における運動モダリティ、特にヨガの効果に焦点を当てていました。多くの退役軍人と現役軍人は慢性腰痛を経験し、一般の人々よりもこの痛みの影響を受けています。私たちのレビューは、運動に基づく心身の介入が退役軍人や慢性腰痛を経験している他の人々に利益をもたらす可能性があるという新たな証拠を提供します。」

レビューには、33歳から73歳までの合計3,484人の被験者を対象としたランダム化研究と非ランダム化研究の両方が含まれていました。研究サンプルサイズは25から320人の被験者の範囲です。

記事の大部分はヨガ(25)、続いて太極拳(4)、気功(3)について報告しています。

ヨガの研究のほとんどはインドで行われ、次に米国で行われ、他の研究はオーストラリア(太極拳)とドイツ(気功)で行われました。

慢性腰痛のある人は、機能制限、仕事関連の障害、および潜在的な長期障害のリスクが高くなります。

さらに、慢性腰痛の経済的負担は、オピオイド、手技、入院、外科的治療、および欠勤などの投薬の費用のために高いです。

パーク博士は説明します。

「ヨガ、太極拳、気功は、腰痛の治療における副作用の発生率が高いことに関連する、鎮痛剤、手術、または神経ブロックなどの注射ベースの治療に代わる効果的な治療法として使用できます。臨床医が患者の腰痛を管理するためのより自信を持ってこれらのタイプの介入を処方できるように、より多くの臨床試験と経験的証拠が必要です。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » ヨガ、太極拳、気功。慢性腰痛に効くのはどれ?