移動が幸福に貢献するメカニズム

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

移動が幸福に貢献するメカニズム

データサイエンスインスティテュートの研究によると、移動は幸福のスコアと大きく関連している可能性が高いことが判明しました。

A research team led by Sandrine Müller, a Data Science Institute postdoctoral research fellow, and Heinrich Peters, a Columbia Business School (CBS) doctoral candidate, has linked mobility behavior to well-being by exploring associations between different kinds of mobility behaviors (e.g., time spent in transit, number of locations visited, and total distance covered) and several indicators of well-being (e.g., depression, loneliness, and stress).

参照元:https://datascience.columbia.edu/news/2020/mobility-behavior-may-be-the-key-to-predicting-promoting-individual-well-being/

総務省のデータによると、2017年の日本国のスマートフォンの普及率は60.9%です(総務省.統計調査データ)。

5人に3人はスマホを所持しているという状況です。

スマホのGPS機能を利用した実験で、アンケートで得た幸福度スコアと【移動】が大きく関連していることが判明しました。

データサイエンスインスティテュートのポスドク研究員であるSandrineMüller氏とコロンビアビジネススクール(CBS)の博士課程の候補者であるHeinrich Peters氏が率いる研究チームは、さまざまな種類のモビリティ行動間の関連を調査することで、モビリティ行動を幸福に結び付けました。

移動に費やした時間、訪問した場所の数、およびカバーした合計距離、および幸福のいくつかの指標などです。

たとえば、うつ病、孤独、ストレスなどです。

Müller氏、Peters氏、およびSandra Matz氏、David W. Zalaznick氏、CBSのビジネス准教授を含む共著者のツーシグマの定量的研究者であるWangWeichen氏。

スタンフォード大学のコミュニケーションの助教授であるガブリエラ・ハラリ氏は、European Journal ofPersonalityのビッグデータ時代の行動人格科学に関する特集号で彼らの調査結果を発表しました。

モビリティ行動と幸福との関連を調べるために、Müller氏、Peters氏は、米国の大規模な大学の心理学の学生2,319人からのアンケートとGPSデータを調べました。

研究の開始時に、研究者は孤独とうつ病の一般的なレベルに関する学生の報告を収集しました。

さらに、生徒はスマートフォンを使用して、不安、感情、ストレス、エネルギーに関する質問に1日4回、次の2週間にわたって回答しました。

この調査のユニークな側面の1つは、この期間中に全地球測位システム(GPS)データも収集されたことです。

GPSデータは、移動行動のいくつかの測定値に変換され、距離(人が移動した距離に関連する行動)、エントロピー(人がさまざまな場所で過ごした時間の分布)、ルーチン(人の移動パターンの規則性)の3つの広いタイプの移動パターンに凝縮されました。

Müller氏は話します。

「これらの移動性パターンを参加者の幸福スコアに関連付けた後、移動性は、研究期間全体の総計のレベルだけでなく、毎日のレベルの幸福にも関連していることがわかりました。これは、モビリティ行動が特定の日に人々がどのように感じるかを理解するために重要であるだけでなく、彼らがより長い時間にわたってどのように感じるかを予測することもできることを示しています。」

特に社会的な場所で過ごした時間に関連する距離とエントロピーは、よりポジティブな幸福に関連していました。日常的な行動は、うつ病と孤独に関連していました。

まとめると、これらの調査結果は、個人の移動行動が実際に彼らの幸福を予測するのに役立つ可能性があることを示しています。

Müller氏は説明します。

「それは私たちの研究が目指していたものではありませんでしたが、介入と実際の応用に関する将来の研究のためのアイデアを確実に与えると思います。個々のパターンを学び、特定の場所に行く日には気分が良くなることを示す可能性があります。特定のことを試すように提案することで、気分を良くすることができます。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 移動が幸福に貢献するメカニズム