日常生活における身体活動が、幸福度に有益

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

日常生活における身体活動が、幸福度に有益

歩く、登る、飛ぶ、しゃがむ。日常のこうした活動が、幸福度に大きく関連していることが研究の結果判明しました。

そして、人体の設計上は身体を動かす事が大いに幸福度につながっているようです。

Physical activity makes happy and is important to maintain psychic health. Researchers of Karlsruhe Institute of Technology (KIT) and the Central Institute of Mental Health (CIMH) in Mannheim studied the brain regions which play a central role in this process. Their findings reveal that even everyday activities, such as climbing stairs, significantly enhance well-being, in particular of persons susceptible to psychiatric disorders. The study is published in Science Advances .

参照元:https://www.kit.edu/kit/english/pi_2020_103_everyday-activities-enhance-personal-well-being.php
– Karlsruher Institut für Technologie (KIT) –

身体活動は幸せになり、精神的な健康を維持するために重要です。

研究者たちは、このプロセスで中心的な役割を果たす脳の領域を研究しました。

彼らの調査結果は、階段を上るなどの日常の活動でさえ、特に精神障害にかかりやすい人の幸福を大幅に高めることを明らかにしています。

運動は身体的健康と精神的健康を高めます。

しかし、階段を上る、歩く、運転する代わりに路面電車の駅に行くなどの日常生活が人のメンタルヘルスに与える影響については、これまでほとんど研究されていません。

たとえば、どの脳構造が関与しているかはまだ明らかではありません。

マンハイムの中央精神衛生研究所(CIMH)、KITのスポーツスポーツ科学研究所、およびハイデルベルク大学のGIScience / Geoinformatics Research Groupのチームは、現在、私たちの毎日の運動の最大のシェアを占める日常の活動を研究しています。

CIMHとKITで研究を行っているMarkusReichert博士と、UrsBraun博士は話します。

「毎日階段を上ることは、私たちが目を覚まし、エネルギーに満ちていると感じるのに役立つかもしれません。これは幸福を高めます。」

調査結果は、コロナ制限のある現在の状況と来たる冬に特に関連があります。

精神医学および心理療法クリニックのシステム神経科学精神医学研究グループの責任者であるHeike Tost教授は話します。

「現在、私たちは公的生活と社会的接触の強い制限を経験しており、それは私たちの幸福に悪影響を与える可能性があります。気分が良くなるには、もっと頻繁に階段を上るのが役立つかもしれません。」

日常の活動は覚醒と身体的エネルギーを高めます。

精神医学研究グループのmHealthメソッドの責任者、IfSSの副責任者、およびMental mHealthLabの責任者であるUlrichEbner-Priemer教授は説明します。

「私たちの研究では、日常生活と実験室でさまざまな研究方法を新たに組み合わせました。使用された方法の中には、動きセンサーを使用した歩行者評価や、被験者が移動するとすぐに地理的位置データによってトリガーされた幸福に関するスマートフォン調査がありました。」

67人が7日間の覚醒に対する日常活動の影響を決定するために歩行評価を受けました。

活動の直後、人々はより注意深く感じ、さらに多くのエネルギーで爆発していることがわかりました。

覚醒とエネルギーは、参加者の幸福と精神的健康の重要な要素であることが証明されました。

これらの分析は、83人の別のグループのためにCIMHでの磁気共鳴断層撮影法と組み合わされました。

灰色の脳の物質の量を測定して、これらの日常のプロセスでどの脳領域が役割を果たすかを調べました。

大脳皮質の一部である帯状回は、日常の活動と情緒的幸福との相互作用にとって重要であることがわかりました。

精神障害に対する感情と抵抗が調節されているのはこの脳の領域です。

著者らは、この脳領域が、身体活動と主観的エネルギーとの関係を仲介する決定的な神経相関であると特定しました。

HeikeTost氏は説明します。

「この地域の灰色の脳物質の量が少なく、精神障害のリスクが高い人は、身体的に不活発なときはエネルギーに満ちていないと感じました。」

CIMHのディレクターで精神医学および心理療法クリニックのメディカルディレクターであるアンドレアスマイヤーリンデンバーグ教授は結論付けます。

「結果は、日常生活における身体活動が、特に精神障害にかかりやすい人の幸福に有益であることを示唆しています。将来的には、調査結果は、エネルギーが減少した場合にユーザーが積極的に幸福を高めるように動機付けるスマートフォンアプリで使用される可能性があります。」

ウルスブラウン氏は話します。

「日常の活動が幸福を変える可能性があるかどうかはまだ研究されていません。脳の容積と、これらの結果が精神障害の予防と治療にどのように役立つかが課題です。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 人体・脳 » 日常生活における身体活動が、幸福度に有益

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)