高フラバノール含有ココアの摂取は脳の血流環境を改善する

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

高フラバノール含有ココアの摂取は脳の血流環境を改善する

イリノイ大学の研究によるとココアには驚きの効果がたくさんあります。特に、冬のように寒くて血管が委縮してしまいそうな時大いに有用なようです。

CHAMPAIGN, Ill. — The brains of healthy adults recovered faster from a mild vascular challenge and performed better on complex tests if the participants consumed cocoa flavanols beforehand, researchers report in the journal Scientific Reports. In the study, 14 of 18 participants saw these improvements after ingesting the flavanols.

参照元:https://news.illinois.edu/view/6367/158868307
– イリノイ大学 University of Illinois at Urbana-Champaign, News Bureau –

健康な成人の脳は、参加者が事前にココアフラバノールを摂取した場合、軽度の血管チャレンジからより早く回復し、複雑なテストでより良いパフォーマンスを示した、と研究者らはジャーナルScientificReportsに報告しています。

この研究では、18人の参加者のうち14人が、フラバノールを摂取した後にこれらの改善が見られました。

以前の研究では、フラバノールが豊富な食品を食べることで血管機能に利益がもたらされることが示されていますが、これは若い健康な成人の脳血管機能と認知能力にプラスの効果を発見した最初のものです。


研究の主な著者は、カタリナレンデイロ氏。栄養科学の研究者および講師イリノイ大学アーバナ校で研究を主導したバーミンガム大学-シャンペーン心理学教授のモニカ・ファビアーニ氏。ガブリエレ・グラットン氏。

レンデイロ氏は話します。

「フラバノールは多くの果物や野菜、そしてココアにも見られる小分子です。果物や野菜に明るい色を与え、血管機能に役立つことが知られています。フラバノールが脳血管系にも役立つかどうか、そしてそれが認知機能にプラスの影響を与える可能性があるかどうかを知りたかったのです。」

チームは、脳、心臓、血管、呼吸器の疾患が知られていない成人の非喫煙者を募集しました。

この集団で見られる影響は、食事のフラバノールが健康な人の脳機能を改善できるという確固たる証拠を提供すると考えています。

チームは、ココアフラバノールを摂取する前に、18人の参加者をテストし、2つの別々の試験で、被験者がフラバノールに富むココアを摂取し、もう1つは、フラバノールのレベルが非常に低い加工ココアを摂取しました。

参加者も研究者も、各試験でどの種類のカカオが消費されたかを知りませんでした。

この二重盲検試験デザインは、研究者または参加者の期待が結果に影響を与えるのを防ぎます。

カカオを摂取してから約2時間後、参加者は5%の二酸化炭素を含む空気を呼吸しました。

これは空気中の通常の濃度の約100倍です。

これは、脳血管系に挑戦して、それがどれだけうまく反応するかを決定するための標準的な方法である、とグラットン氏は言いました。

グラットン氏は続けます。

「体は通常、脳への血流を増やすことによって反応する。これはより多くの酸素をもたらし、また脳がより多くの二酸化炭素を排除することを可能にする。」

チームは、光を使用して脳への血流の変化を捉える技術である機能的近赤外分光法を使用して、行動の計画、調整、および意思決定において重要な役割を果たす脳領域である前頭皮質の酸素化を測定しました。

ファビアーニ氏は話します。

「これにより、脳が過剰な二酸化炭素からどれだけうまく防御できるかを測定することができます。」

研究者はまた、時には矛盾した、または競合する要求を管理する必要がある複雑なタスクで参加者に挑戦しました。

参加者のほとんどは、ベースライン時またはフラバノールを欠くココアを摂取した後よりも、ココアフラバノールへの曝露後に、より強く、より速い脳酸素化反応を示した、と研究者らは発見しました。

レンデイロ氏は話します。

「最大酸素化のレベルは、低フラバノールココアと比較して高フラバノールココアで3倍以上高く、酸素化反応は約1分速かった。」

ココアフラバノールを摂取した後、参加者は最も困難な認知テストでもパフォーマンスが向上し、ベースライン時またはフラバノールを減らしたココアを摂取したときよりも11%速く問題を正しく解決しました。

ただし、簡単なタスクではパフォーマンスに測定可能な違いはありませんでした。

レンデイロ氏は話します。

「これは、フラバノールがより挑戦的な認知課題の間にのみ有益であるかもしれないことを示唆している。」

参加者は、ココアフラバノールに対する反応がさまざまであることがわかりました。

レンデイロ氏は続けます。

「ほとんどの人がフラバノール摂取の恩恵を受けましたが、そうでない少数のグループがありました。18人の研究対象のうち4人は、フラバノールを摂取した後の脳の酸素化反応に有意差はなく、テストでのパフォーマンスも改善しませんでした。これらの4人の参加者はベースラインですでに最高の酸素化反応を示したので、これはすでにかなり健康な人には改善の余地がほとんどないことを示しているかもしれません。」

「全体として、調査結果は、フラバノールへの曝露後の血管活動の改善が認知機能の改善に関連していることを示唆しています。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 高フラバノール含有ココアの摂取は脳の血流環境を改善する

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)