事実と非事実を伝える言葉、脳は潜在的に別々の領域で処理している

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

事実と非事実を伝える言葉、脳は潜在的に別々の領域で処理している

ニューヨーク大学の研究により、事実を伝えると言葉と、可能性を伝える言葉を、脳は別々の領域で反応している事が判明しました。事実と非事実の言葉を潜在的に区別している意識を明確にする研究に寄与する可能性があります。

Our brains respond to language expressing facts differently than they do to words conveying possibility, a team of neuroscientists has found. Its work offers new insights into the impact word choice has on how we make distinctions between what’s real vs. what’s merely possible.

参照元:https://www.nyu.edu/about/news-publications/news/2020/december/how-do-we-separate-the-factual-from-the-possible–new-research-s.html
– ニューヨーク大学 New York University. December 7, 2020 –

私たちの脳は、可能性を伝える言葉とは異なる方法で事実を表現する言語に反応する、と神経科学者のチームが発見しました。

その作品は、単語の選択が実際のものと単に可能であるものを区別する方法に与える影響についての新しい洞察を提供します。

ニューヨーク大学言語学部および心理学部の教授であるLiinaPylkkanen氏は説明します。

「膨大な量の偽のニュースや偽情報の時代に、私たちがコミュニケーションをとる方法において、事実を可能性のある、または単に推測的なものから分離することがこれまで以上に重要です。」

ニューヨーク大学アブダビ校の一部であるダビ研究所のピルカネン氏は補足します。

「私たちの研究は、事実として提示された情報が、”かもしれない”や”かもしれないなどの不確実性の明確なマーカーで同じコンテンツを処理するときとは異なり、私たちの脳に特別な反応を引き起こすことを明らかにしています。」

ニューヨーク大学言語学部の博士課程の候補者で論文の筆頭著者であるMaximeTulling氏はさらに補足します。

「言語は情報を効果的に伝達するための強力なデバイスであり、情報の提示方法は、私たちの脳が情報を処理する方法に直接的な影響を及ぼします。私たちの脳は、事実として提示される情報に特に敏感であるように思われ、事実に基づく言語の力を強調しています。」

研究者たちは、脳が単語の選択に対してさまざまな方法で反応することを長い間理解してきました。

ただし、可能性を表現する言語と比較して、事実を表現する言語を処理する際の違いはあまり明確ではありません。

目標は、このような『あり』または『かもしれない』などのいわゆる『モーダル』の言葉で伝えてどのように脳を計算する可能性を明らかにすることでした。

これを探求するために、研究者は言語学の正式な意味理論を使用して、被験者が事実と可能性の両方として表現された一連の文とシナリオを聞く複数の実験を設計しました。

たとえば、「騎士は大きな剣を持っているので、従者もそうします」(事実)そして「騎士が大きな剣を持っているなら、従者も持っている」(可能性がある)。

これらの実験中の被験者の脳活動を測定するために、研究者たちは脳磁図(MEG)を導入しました。

これは、脳が生成する電流によって生成される磁場を記録することによって神経活動をマッピングする手法です。

結果は、事実に基づく言語が神経活動の急速な増加につながり、脳はより強力に反応し、可能性を伝えるものと比較して事実に基づくフレーズやシナリオとの関わりを示すことを示しました。

ピルカネン氏は説明します。

「脳に関しては事実が支配している。談話の処理に関与する脳領域は、事実と可能性を急速に区別し、事実以外のステートメントよりも事実のステートメントにはるかに強力に応答します。これらの調査結果は、人間の脳が事実情報の強力で視点調整された神経表現を持っていることを示唆しています。単なる可能性の計算を反映した、はるかに弱く、とらえどころのない皮質信号です。」

Tulling氏は説明します。

「事実の発話と比較して可能性の明確な指標を含む言語を調査することにより、脳のどの領域が非事実の言語と事実の言語を迅速に分離するのに役立つかを見つけることができました。したがって、私たちの研究は、私たちの言葉の選択が潜在意識の処理にどのように直接影響するかを示しています。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 人体・脳 » 事実と非事実を伝える言葉、脳は潜在的に別々の領域で処理している

News & Popular

- 新着記事 と 人気記事 -

福関連記事
- 世界中の「福」に関する科学論文を集めました -