脳内血液と気分を調節する腸内細菌

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

気分と脳内血液を調節する腸内細菌

パスツール研究所及び、フランス国立保健医学研究所およびCNRSの科学者の研究によると、腸内細菌群集の不均衡が一部の代謝物の減少を誘発し、うつ病引き起こす可能性がある旨の結果を発表しました。

Depression is a mental disorder that affects more than 264 million people of all ages worldwide. Understanding its mechanisms is vital for the development of effective therapeutic strategies. Scientists from the Institut Pasteur, Inserm and the CNRS recently conducted a study showing that an imbalance in the gut bacterial community can cause a reduction in some metabolites, resulting in depressive-like behaviors.  These findings, which show that a healthy gut microbiota contributes to normal brain function, were published in Nature Communications on December 11, 2020.

参照元:https://www.pasteur.fr/en/home/press-area/press-documents/gut-microbiota-plays-role-brain-function-and-mood-regulation
– パスツール研究所 Institut Pasteur. 2020.12.09 –

うつ病は、世界中のすべての年齢の2億6400万人以上が罹患している精神障害です。

そのメカニズムを理解することは、効果的な治療戦略の開発に不可欠です。

パスツール研究所、フランス国立保健医学研究所、およびCNRSの科学者は最近、腸内細菌群集の不均衡が一部の代謝物の減少を引き起こし、うつ病のような行動を引き起こす可能性があることを示す研究を実施しました。

健康な腸内細菌叢が正常な脳機能に寄与することを示すこれらの発見は、2020年12月11日にネイチャーコミュニケーションズに発表されました。

腸内細菌叢として知られる腸内の細菌集団は、体内で最大の細菌の貯蔵庫です。

研究は、宿主と腸内細菌叢が相互に有益な相互作用を持つシステムの優れた例であることをますます示しています。

最近の観察では、気分障害と腸内細菌叢の損傷との関連も明らかになりました。

これは、Institut Pasteur、CNRS、およびInsermの科学者のコンソーシアムによって実証されました。

彼らは、腸内細菌叢と、抗うつ薬として頻繁に使用される分子であるフルオキセチンの有効性との相関関係を特定しました。

しかし、世界的な障害の主な原因であるうつ病を支配するメカニズムのいくつかは、不明なままでした。

科学者たちは最近、動物モデルを使用して、慢性ストレスによって引き起こされる腸内細菌叢の変化が、特に血液と脳の脂質代謝物(代謝に起因する小分子)の減少を引き起こすことによって、うつ病のような行動につながる可能性があることを発見しました。

内因性カンナビノイド(または内因性カンナビノイド)として知られるこれらの脂質代謝物は、代謝物の減少によって著しく妨げられる体内のコミュニケーションシステムを調整します。

腸内細菌叢は、脳機能と気分調節に役割を果たしています

内在性カンナビノイドは、大麻の最も広く知られている活性成分であるTHCの主な標的でもある受容体に結合します。

科学者たちは、記憶と感情の形成に関与する重要な脳領域である海馬に内在性カンナビノイドが存在しないと、うつ病のような行動を引き起こすことを発見しました。

科学者たちは、健康な動物や気分障害のある動物のマイクロバイオータを研究することによってこれらの結果を得ました。

パスツール研究所(CNRS /パスツール研究所)の知覚および記憶ユニットの責任者であり、この研究の共同最後の著者であるピエール・マリー・レド氏は説明します。

「健康は生化学的変化をもたらし、後者にうつ病のような行動を与えるのに十分でした。」

科学者たちは、気分障害のある動物で著しく減少しているいくつかの細菌種を特定しました。

次に彼らは、同じ細菌による経口治療が正常なレベルの脂質誘導体を回復させ、それによってうつ病のような行動を軽減することを実証しました。

したがって、これらの細菌は抗うつ薬として役立つ可能性があります。

このような治療法は「サイコバイオティクス」として知られています。

微小環境免疫ユニット(パスツール研究所/フランス国立保健医学研究所)の責任者であり、研究の共同最後の著者であるジェラール・エベル氏は話します。

「この発見は、正常な脳機能において腸内細菌叢が果たす役割を示しています。腸内細菌群集に不均衡があると、脳機能に不可欠な脂質の一部が消失し、うつ病のような行動の出現を促します。この特定のケースでは、特定の細菌の使用は、健康な微生物叢を回復し、気分障害をより効果的に治療するための有望な方法である可能性があります。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 人体・脳 » 脳内血液と気分を調節する腸内細菌

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)