成人の慢性不眠症の治療における新ガイドライン発表

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

成人の慢性不眠症の治療における新ガイドライン

アメリカ睡眠医学界が成人の慢性不眠症に対する新しい治療ガイドラインを発表しました。

日本国においても、およそ2000万人以上が不眠に対して悩みを持っているというデータがあります(厚労省)。

The guideline includes one strong recommendation — which is one that clinicians should follow under most circumstances — for the use of cognitive behavioral therapy for insomnia. CBT-I combines one or more cognitive therapy strategies with education about sleep regulation plus behavioral strategies such as stimulus control instructions and sleep restriction therapy. Treatment typically involves four to eight sessions.

参照元:https://aasm.org/new-guideline-supports-behavioral-psychological-treatments-for-insomnia/
– アメリカ睡眠医学会 American Academy of Sleep Medicine. December 16th, 2020 –

アメリカ睡眠医学会は、成人の慢性不眠症に対する行動的および心理的治療の使用に関する推奨事項を確立する新しい診療ガイドラインを発表しました。

ガイドラインには、不眠症に対する認知行動療法の使用に関する1つの強力な推奨事項(ほとんどの状況で臨床医が従うべきもの)が含まれています。

CBT-Iは、1つ以上の認知療法戦略と、睡眠調節に関する教育に加えて、刺激制御命令や睡眠制限療法などの行動戦略を組み合わせたものです。

治療には通常、4〜8回のセッションが含まれます。

臨床心理学の博士号を持ち、デンバーのNational JewishHealthの睡眠医学の教授である主執筆者のJackEdinger氏は話します。

「これは、GRADEシステムを使用して行動不眠症治療を評価する最初の系統的レビューです。不眠症の認知行動療法である多成分療法は、最も支持されている療法です。」

Journal of Clinical Sleep Medicineで承認された論文としてオンラインで公開されたガイドラインは、AASMの2006年の実践パラメータを更新します。

それは専門家のタスクフォースによって開発され、AASM理事会によって承認されました。

このプロセスには、系統的文献レビュー、メタ分析、およびGRADE方法論を使用した証拠の評価が含まれていました。

ガイドラインの草案が公開コメントのために利用可能になりました。

AASMの社長であるカンナン・ラマー博士は話します。

「何百万人ものアメリカ人の成人に影響を与える慢性不眠症の行動的および心理的治療には大きな進歩がありました。AASMガイドラインは、臨床医と患者に実用的な推奨事項を提供することにより、患者中心のケアを最適化するのに役立ちます。」

ガイドラインには、臨床医が患者の価値観と好みを考慮しながら臨床知識と経験を使用することを要求するいくつかの条件付き推奨事項が含まれており、臨床医が多成分短時間療法と3つの単一成分療法(刺激制御、睡眠制限療法、とリラクゼーション療法。ガイドラインはまた、睡眠衛生は成人の慢性不眠症の単一成分治療として使用されるべきではないことを示唆しています。

エディンガーは話します。

「睡眠衛生の実践はしばしば患者によって提案され、よく理解されていますが、睡眠衛生の推奨は効果的な独立した治療法を構成しません。」

不眠症は、睡眠のために十分な時間をベッドに置いているにもかかわらず、入眠または睡眠を維持すること、または定期的に希望よりも早く目覚めることが困難であることを伴います。

日中の症状には、倦怠感や眠気が含まれます。

睡眠に不満を感じる、集中力に問題がある、落ち込んだり、不安になったり、イライラしたりする。やる気やエネルギーが低い。

成人人口の約10%に影響を与える慢性不眠症は、睡眠障害とそれに伴う日中の症状が少なくとも週に3回、少なくとも3か月間発生することを特徴としています。

慢性不眠症の薬理学的治療に関するAASMの以前に発表された臨床診療ガイドラインはまた、慢性不眠症の薬物療法は、主にCBT-Iに参加できない患者、この治療後も症状がある患者、またはCBT-Iの一時的な付属物が必要です。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 成人の慢性不眠症の治療における新ガイドライン発表