場所をナビゲート(移動)する時脳波はどのように反応しているか

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

移動時の脳活動

カリフォルニア大学の研究によると、脳が空間をどのように案内し反応するかを調査しました。

調査は、自分の脳だけではなく他人がいる位置について考える時の脳の反応までカバーしております。

“We studied how our brain reacts when we navigate a physical space – first alone and then with others,” said senior author Nanthia Suthana, the Ruth and Raymond Stotter Chair in Neurosurgery and an assistant professor of neurosurgery and psychiatry at the David Geffen School of Medicine at UCLA and Jane and Terry Semel Institute for Neuroscience and Human Behavior.

参照元:https://www.uclahealth.org/how-our-brains-track-where-we-and-others-go
– カリフォルニア大学 University of California. 12/23/2020 –

COVIDの症例が増えるにつれ、他の人から自分を物理的に遠ざけることがこれまで以上に重要になっています。

今、新しいUCLA研究は、あなたの脳がどのように場所をナビゲート(移動)し、同じ場所にいる他の誰かを監視するかを明らかにしています。

Natureで12月23日に公開された調査結果は、私たちの脳が、他の人が私たちとの関係でどこにいるかを示す共通のコードを生成することを示唆しています。

リフォルニア大学ロサンゼルス校とジェーンアンドテリーセメル神経科学および人間行動研究所の医学部脳神経外科のルースアンドレイモンドストッターチェアであり、David GeffenSchoolの神経外科および精神医学の助教授である上級著者のNanthiaSuthana氏は話します。

「私たちは、物理空間をナビゲート(移動)するときに脳がどのように反応するかを研究しました。最初は一人で、次に他の人と一緒に。私たちの結果は、私たちの脳が他人の立場に立つための普遍的な署名を作成することを意味します。脳がどのように形成され、記憶を思い出すかを研究しています。」

Suthana氏と彼女の同僚は、発作を制御するために以前に脳に電極が外科的に埋め込まれたてんかん患者を観察しました。

電極は内側側頭葉にあり、脳の中心は記憶につながっており、GPSデバイスのようにナビゲーションを調節していると考えられています。

Suthana氏の研究室のポスドク研究者である筆頭著者のMatthiasStangl氏は話します。

「初期の研究では、内側側頭葉のニューロンによる低周波の脳波が、げっ歯類が新しい場所をナビゲート(移動)するときにどこにいるかを追跡するのに役立つことが示されています。私たちは人々のこの考えを調査し、彼らが近くの他の人も監視できるかどうかをテストしたかったのですが、既存の技術によって妨げられていました。」

国立衛生研究所のBRAINイニシアチブからの330万ドルの賞を使用して、Suthanaの研究室は、脳電極にワイヤレスで接続するコンピューターを含む特別なバックパックを発明しました。

これにより、彼女は、脳スキャナーに横になったり、記録装置に接続したりする代わりに、自由に動いて研究対象を研究することができました。

この実験では、各患者はバックパックを着用し、空の部屋を探索し、隠れた場所を見つけて、将来の検索のためにそれを覚えておくように指示されました。

彼らが歩いている間、バックパックは彼らの脳波、目の動き、そして部屋を通る経路をリアルタイムで記録しました。

参加者が部屋を探していると、彼らの脳波は独特のパターンで流れ、各人の脳が壁や他の境界をマッピングしたことを示唆していました。

興味深いことに、患者の脳波も、部屋の隅に座って他の誰かが隠れた場所に近づくのを見ると、同じように流れました。

この発見は、私たちと他の人々が共有環境のどこにいるかを追跡するために、私たちの脳が同じパターンを生成することを意味します。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校の文学部の心理学およびヘンリー・サムエリ工科大学の生物工学の助教授でもあるSuthana氏は話します。

「毎日の活動では、同じ場所にいる他の人々を常にナビゲート(移動)する必要があります。最短の空港警備ラインを選択するか、混雑した駐車場でスペースを探すか、ダンスフロアで誰かにぶつからないようにすることを検討してください。」

二次的な発見で、UCLAチームは、私たちが注意を払うことが、私たちの脳が場所をどのようにマッピングするかに影響を与える可能性があることを発見しました。

たとえば、患者の脳波は、隠れた場所を探したとき、または他の人がその場所に近づいたのを目撃したときの方が、単に部屋を探索したときよりも強く流れました。

Stangl氏は説明します。

「私たちの結果は、特定の精神状態の下で、この脳波のパターンが境界を認識するのに役立つかもしれないという考えを支持しています。この場合、人々が目標に集中し、何かを探していたときでした。」

将来の研究では、研究室の外を含む、より複雑な社会的状況で人々の脳のパターンがどのように反応するかを探求します。

UCLAチームは、脳と脳障害に関する発見を加速するために、他の研究者がバックパックを利用できるようにしました。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 人体・脳 » 場所をナビゲート(移動)する時脳波はどのように反応しているか