米協会のガイドライン、最善はアルコールを摂取しない事

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

米癌協会のガイドライン、最善はアルコールを摂取しない事

アメリカ癌協会は、アルコール摂取と癌の発生率と死亡率について調査しました。
研究は、アルコール摂取に起因する癌症例の割合はほぼ比例し、同協会の癌予防の為の食事と身体活動に関するガイドラインは、アルコールを摂取しない事が最善と示しています。

In the U.S. on average, alcohol consumption accounted for 4.8% of cancer cases and 3.2% of cancer deaths, or about 75,200 cancer cases and 18,950 cancer deaths annually, during 2013 to 2016. 

参照元:http://pressroom.cancer.org/AlcoholPAFbyState
– アメリカ癌協会 American Cancer Society. Jan 19, 2021 –

新しい研究によると、50州すべてとコロンビア特別区ではアルコール摂取が癌の発生率と死亡率のかなりの部分を占めています。

Cancer Epidemiologyに掲載された記事によると、アルコール摂取に起因する癌症例の割合は、デラウェア州の最高6.7%からユタ州の最低2.9%の範囲でした。

同様に、デラウェアはアルコール関連の癌による死亡の割合が最も高く(4.5%)、ユタは最も低かった(1.9%)。

アメリカ癌協会のFarhadIslami、MD、PhDとその同僚によって実施されたこの研究は、すべての州のアルコールに起因する癌の症例と死亡の現在の割合と数を推定した最初の研究です。

データによると、比率は一般的にニューイングランドと西部の州で高く、中西部と南部の州で低くなっています。

イスラミ博士は話します。

「この情報は、州レベルの癌の予防と管理の取り組みを優先して、アルコール消費とアルコール関連の癌の負担を減らすために重要です。」

アルコール関連の癌の割合は、いくつかの個々の癌の種類ではるかに大きいものでした。

たとえば、口腔/咽頭がんの症例では、ユタ州の36%からデラウェア州の62.5%の範囲であり、45の州とコロンビア特別区では45%以上でした。

性別では、ほとんどの評価されたがんの種類のアルコール関連のがんの症例と死亡は男性の方が高く、一部には男性のアルコール消費量が多かったことを反映しています。

米国では、2013年から2016年の間に、アルコール消費量が癌症例の4.8%と癌死亡の3.2%を占め、年間約75,200癌症例と18,950癌死亡を占めました。

著者は話します。

「医療提供者と公衆衛生の専門家は、アルコール消費の癌関連リスクの現在限られた認識を拡大するためにコミュニティを教育することができます。」

アメリカ癌協会の癌予防のための食事と身体活動に関するガイドラインは、アルコールを摂取しないことが最善であると述べています。

飲酒をする人の場合、消費量は女性の場合は1日1杯、男性の場合は1日2杯に制限する必要があります。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 米協会のガイドライン、最善はアルコールを摂取しない事