なぜ屋外作業が女性の乳がんリスクを減らすのか

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

なぜ屋外作業が女性の乳がんリスクを減らすのか

ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルの紹介した論文によると、屋外作業に従事する年配の女性は、ビタミンDレベルが高く、乳がんの発症リスクが少ない事が判明した。38,375人の女性を特定し比較観察した研究ですが、ピルの使用やライフスタイル等を考慮していません。

Outdoor workers are exposed to more sunlight, boosting their levels of vitamin D, which may protect against the disease, say the researchers. 

参照元:https://www.bmj.com/company/newsroom/working-outdoors-linked-to-lower-risk-of-breast-cancer-among-older-women/
– ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル BMJ. 01/02/21 –

概要:

  • 屋外の労働者はより多くの日光にさらされ、ビタミンDのレベルを高め、病気から保護される可能性がある
    • ビタミンDは、骨と筋骨格の健康を維持する
    • さらに、感染や癌を防ぐのを助ける可能性がある
  • ビタミンDの主な供給源は日光
  • しかし、皮膚がんのリスクへの懸念と、コンピューター使用の増加で、屋外で過ごす時間は減少している
  • 20世紀後半に乳がんの発生率が上昇した
    • ビタミンD欠乏症に関連している可能性があることが示唆された
  • 以前の研究では、血中のビタミンDのレベルが高いほど、乳がんのリスクが低くなる可能性がある事を示唆
    • が、証拠は決定的ではない
  • ほとんどの研究が、長期にわたるレベルの調査ではなく、ビタミンDレベルの限定的な評価に依存してる
  • 日光への曝露は、長期にわたるビタミンDレベルの代理マーカーとして使用できる
  • 体は主に就業時間の真ん中(10:00から15:00の間)にビタミンDを生成する
  • ので、屋外の労働者は、屋内で働く人々よりもかなり高いレベルにさらされてる
  • 研究チームは、デンマークのがん登録から原発性乳がんと診断された70歳未満の38,375人の女性を特定
    • 研究チームは、同年に生まれたデンマークの市民登録システムからランダムに選択いした5人の女性と比較
    • デンマークの年金基金の記録から完全雇用履歴を取得
      • 仕事の曝露マトリックスを使用して、各女性の日光への職業的曝露を評価
  • 結果、
    • 生殖歴などの潜在的に影響力のある要因を考慮した後、日光への職業的曝露と全体的な乳がんリスクとの間に関連性はなかった
    • しかし、長期の職業的曝露は、50歳以降の乳がんのリスクの低下と関連していた
    • これらの女性では、20年以上の職業被ばくは、乳がん診断のオッズが17%低下
    • 累積ばく露の最高レベルは、オッズが11%低下していた
  • しかし実験は、日光曝露の推定値も粗雑
  • また、余暇の日光への曝露に加えて、ピルの使用、ホルモン補充療法、アルコールなどの潜在的に影響力のあるライフスタイル要因、ならびに肥満や余暇の身体活動は考慮されていない

長年にわたって屋外で働くことは、50歳以降の女性の乳がんリスクの低下に関連していると、ジャーナルOccupational&EnvironmentalMedicineにオンラインで公開された研究が見つかりました。

研究者によると、屋外の労働者はより多くの日光にさらされ、ビタミンDのレベルを高め、病気から保護する可能性があります。

ビタミンDは、骨と筋骨格の健康を維持する上でよく知られている役割を持っていますが、感染や癌を防ぐのを助けることを含む他の役割を持っているかもしれません。

ビタミンDの主な供給源はUVB日光です。

しかし、皮膚がんのリスクへの懸念と、仕事と余暇の両方でのコンピューターの使用の増加により、人々が屋外で過ごす時間は減少しています。

20世紀後半に乳がんの発生率が上昇したことで、これがビタミンD欠乏症に関連している可能性があることが示唆されました。

以前の研究では、血中のビタミンDのレベルが高いほど、乳がんのリスクが低くなる可能性があることが示されていますが、証拠は決定的ではありません。

ほとんどの研究は、長期にわたるレベルを調べるのではなく、ビタミンDレベルの限定的な評価に依存しています。

日光への曝露は、長期にわたるビタミンDレベルの代理マーカーとして使用できます。

また、体は主に就業時間の真ん中(10:00から15:00の間)にビタミンDを生成するため、屋外の労働者は、屋内で働く人々よりもかなり高いレベルにさらされています。

研究者らは、デンマークのがん登録から原発性乳がんと診断された70歳未満の38,375人の女性を特定しました。

彼らはそれぞれを、同じ年に生まれ、デンマークの市民登録システムからランダムに選択された5人の女性と比較しました。

デンマークの年金基金の記録から完全雇用履歴を取得し、仕事の曝露マトリックスを使用して、各女性の日光への職業的曝露を評価しました。

生殖歴などの潜在的に影響力のある要因を考慮した後、日光への職業的曝露と全体的な乳がんリスクとの間に関連性は現れませんでした。

しかし、長期の職業的曝露は、50歳以降の乳がんのリスクの低下と関連していた。

これらの女性では、20年以上の職業被ばくは、乳がん診断のオッズが17%低下するのに対し、累積ばく露の最高レベルは、オッズが11%低下することに関連していた。

これは観察研究であるため、原因を特定することはできません。

さらに、食事中のビタミンD摂取量やビタミンDサプリメントの使用に関する情報はありませんでしたが、他の研究では屋内労働者の血清ビタミンDレベルが屋外労働者よりも大幅に低いことが示されているため、これは重要ではない可能性があります。

日光曝露の推定値も粗雑でした。

また、余暇の日光への曝露に加えて、ピルの使用、ホルモン補充療法、アルコールなどの潜在的に影響力のあるライフスタイル要因、ならびに肥満や余暇の身体活動は考慮されていませんでした。

それにもかかわらず、研究者らは、「この研究は、長期の職業的[日光]曝露と遅発性乳がんとの逆相関を示している。この発見は、将来の職業的研究においてさらに注意を払う必要がある」と結論付けています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 人体・脳 » なぜ屋外作業が女性の乳がんリスクを減らすのか

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)