病気を発症するリスクが44%増加する加工肉の摂取量は・・・

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

病気を発症するリスクが44%増加する加工肉の摂取量は・・・

リーズ大学の研究チームは、肉の消費と認知症の発症との間に関連があるかどうかを50万人のデータを使用して調査しました。
ベーコンの1ラッシャーに相当する1日25gの加工肉を摂取すると、病気を発症するリスクが44%増加する事などを発見しました。

But their findings also show eating some unprocessed red meat, such as beef, pork or veal, could be protective, as people who consumed 50g a day were 19% less likely to develop dementia.  

参照元:https://www.leeds.ac.uk/news/article/4793/eating_processed_meat_could_increase_dementiarisk
– リーズ大学 University of Leeds. MONDAY 22 MARCH 2021 –

概要:

  • リーズ大学の研究
    • 肉の消費と認知症の発症との間に関連があるかどうかを調査
    • 50万人のデータを使用して、ベーコンの1ラッシャーに相当する1日25gの加工肉を摂取すると、病気を発症するリスクが44%増加することを発見
    • 牛肉、豚肉、子牛肉などの未加工の赤身の肉を食べることは、1日50gを消費した人が認知症を発症する可能性が19%少ないため、保護できる可能性がある
  • Tips:
    • 世界には約5000万人の認知症の症例があり、毎年約1000万人の新しい症例が診断されている
    • アルツハイマー病は症例の50%から70%を占め、血管性認知症は約25%を占める
    • 認知症は、世界中の60歳以上の5%〜8%に影響を与える健康状態
  • 調査:
    • 40〜69歳の50万人の英国の参加者からの詳細な遺伝情報と健康情報を含むデータベースであるUK Biobankから提供されたデータを使用
    • さまざまな種類の肉の摂取と認知症の発症リスクとの関連を調査
    • 2006年から2010年にUK Biobankによって収集されたデータには、参加者がさまざまな種類の肉を消費した頻度が含まれる
    • 1日1回または1回以上の6つのオプション
    • 認知症のリスクに対する菜食主義者または完全菜食主義者の食事の影響を具体的に評価していない
    • 赤身の肉を食べなかったと述べた人々からのデータが含まれていた
  • 結果:
    • 参加者の中で、平均8年間の追跡調査で2,896例の認知症が発生
    • これらの人々は一般的に高齢で、経済的に恵まれず、教育を受けておらず、喫煙しやすく、身体活動が少なく、脳卒中の病歴や家族の認知症の病歴があり、認知症と高度に関連する遺伝子の保因者である可能性が高い
    • 研究対象集団では、女性よりも男性の方が認知症と診断された
    • 一部の人々は、十分に確立された遺伝的要因のために認知症を発症する可能性が3〜6倍高かった
    • 人が病気を発症する遺伝的素因があるかどうかにかかわらず、加工肉を食べることによるリスクは同じであることを示唆
    • 加工肉を大量に摂取した人は、男性、教育水準の低い喫煙者、太りすぎまたは肥満である可能性が高く、野菜や果物の摂取量が少なく、エネルギー、タンパク質、脂肪(飽和脂肪を含む)の摂取量が多かった

大学の栄養疫学グループの科学者は、50万人のデータを使用して、ベーコンの1ラッシャーに相当する1日25gの加工肉を摂取すると、病気を発症するリスクが44%増加することを発見しました。

しかし、彼らの調査結果は、牛肉、豚肉、子牛肉などの未加工の赤身の肉を食べることは、1日50gを消費した人が認知症を発症する可能性が19%少ないため、保護できる可能性があることも示しています。 

研究者たちは、肉の消費と認知症の発症との間に関連があるかどうかを調査していました。

認知症は、世界中の60歳以上の5%〜8%に影響を与える健康状態です。

彼らの結果は、「肉の消費と認知症の発症リスク:493,888人の英国バイオバンク参加者のコホート研究」と題され、American Journal of ClinicalNutritionに掲載されました。

リーズ食品科学栄養学部の博士課程の学生である主任研究員のHuifengZhang氏は話します。

「私たちの研究は、加工肉の消費をさまざまな非感染性疾患のリスクの増加に結び付ける証拠が増えていることを示しています。」 

この研究は、リーズのジャネット・ケイド教授とローラ・ハーディー教授によって監督されました。

チームは、40〜69歳の50万人の英国の参加者からの詳細な遺伝情報と健康情報を含むデータベースであるUK Biobankから提供されたデータを調査し、さまざまな種類の肉の摂取と認知症の発症リスクとの関連を調査しました。  

データには、参加者がさまざまな種類の肉を消費した頻度が含まれ、2006年から2010年にUK Biobankによって収集された、1日1回または1回以上の6つのオプションがあります。

この研究では、認知症のリスクに対する菜食主義者または完全菜食主義者の食事の影響を具体的に評価していませんが、赤身の肉を食べなかったと述べた人々からのデータが含まれていました。 

参加者の中で、平均8年間の追跡調査で2,896例の認知症が発生しました。

これらの人々は一般的に高齢で、経済的に恵まれず、教育を受けておらず、喫煙しやすく、身体活動が少なく、脳卒中の病歴や家族の認知症の病歴があり、認知症と高度に関連する遺伝子の保因者である可能性が高い。

研究対象集団では、女性よりも男性の方が認知症と診断されました。  

一部の人々は、十分に確立された遺伝的要因のために認知症を発症する可能性が3〜6倍高かったが、調査結果は、人が病気を発症する遺伝的素因があるかどうかにかかわらず、加工肉を食べることによるリスクは同じであることを示唆しています。

加工肉を大量に摂取した人は、男性、教育水準の低い喫煙者、太りすぎまたは肥満である可能性が高く、野菜や果物の摂取量が少なく、エネルギー、タンパク質、脂肪(飽和脂肪を含む)の摂取量が多かった。 

肉の摂取は以前は認知症のリスクと関連していたが、これは特定の肉の種類と量、および病気を発症するリスクとの関連を調べるための参加者の長期にわたる最初の大規模な研究であると考えられている。 

世界には約5000万人の認知症の症例があり、毎年約1000万人の新しい症例が診断されています。

アルツハイマー病は症例の50%から70%を占め、血管性認知症は約25%を占めます。

その発達と進行は、食事とライフスタイルを含む遺伝的要因と環境要因の両方に関連しています。  

Zhang氏は話します。

「さらなる確認が必要ですが、効果の方向性は、未加工の赤身肉の摂取量を減らすことが健康に役立つ可能性があることを示唆する現在の健康的な食事ガイドラインに関連しています。」

ケイド教授は話します。

「認知症の潜在的な危険因子を調査するためにできることはすべて、この衰弱状態の発生率を減らすのに役立つ可能性があります。この分析は、私たちが食べるものがそのリスクに影響を与える可能性があるかどうかを理解するための第一歩です。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 病気を発症するリスクが44%増加する加工肉の摂取量は・・・