「肥満に関連するがんの約3倍の速さで減少」肥満と関連しないがん死亡率

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

「肥満に関連するがんの約3倍の速さで減少」肥満と関連しないがん死亡率

5,000万人の死亡率データによると、肥満とは無関係のがん(肺がんや皮膚がんなど)による死亡率は、肥満に関連するがん(胃がん、大腸がん、子宮がん、甲状腺がん、閉経後乳がんなど)の約3倍の速さで減少しています。

Based on mortality data for 50 million people, deaths from cancers not associated with obesity — that’s lung cancer and skin cancer, among others – are declining at a rate almost three times faster than cancers linked to obesity, such as stomach, colorectal, uterine, thyroid and postmenopausal breast cancer.

参照元:https://sph.unc.edu/sph-news/obesity-may-slow-progress-against-cancer-deaths/
– 米国ノースカロライナ大学チャペルヒル校 University of North Carolina at Chapel Hill. May 12, 2021 –

米国では、がんの死亡率は劇的に低下しているが、ノースカロライナ大学ギリングス国際公衆衛生大学院の研究者が行ったように、肥満を考慮に入れると、状況は一変する。

5月10日にJAMA Network Openに掲載された研究では、肥満に関連するがん死亡率は改善しているものの、そのペースは緩やかであることが示されました。

5,000万人の死亡率データによると、肥満とは無関係のがん(肺がんや皮膚がんなど)による死亡率は、肥満に関連するがん(胃がん、大腸がん、子宮がん、甲状腺がん、閉経後乳がんなど)の約3倍の速さで減少しています。

本研究の上席著者である国連大学ギリングス校国際公衆衛生学部疫学科の准教授、ヘイゼル・B・ニコルズ氏は話します。

「これらのがんは、肥満と闘うための創造的かつ実用的な手段によって、さらに大きな死亡率の改善が期待できるがんです。」

ほとんどのアメリカ人は、体重が推奨値よりも多く、過体重または肥満であることで、特定のがんのリスクにさらされています。

米国疾病管理予防センターによると、余分な体重は、長期間続く炎症や、細胞の成長を促進するインスリンやホルモンのレベルが通常より高くなるなど、がんにつながりやすい体の変化を引き起こす可能性があるという。

がん死亡率は、研究者ががん対策の進捗状況を把握するための最良の手段の1つです。

今回の研究では、肥満の拡大が、心疾患と同じように、がん対策の進展を妨げる可能性があるかどうかを調べることにしました。

2011年以降、心疾患の死亡率の改善は鈍化しており、肥満がその原因となっている可能性があります。

ニコルズ氏は話します。

「肥満は、がんと心疾患の両方のリスクに影響するので、これは驚くべきことです。がん全体を見たときに、改善が遅れるという同じパターンが見られなかったことが不思議でした。肥満に関連するがんと非肥満に関連するがんの違いに注目すると、肥満のがんの改善はそれほど印象的ではなく、心臓病のパターンと同じであることがわかりました。」

例えば、2011年には、10万人のうち110人が肥満とは関係のないがんで亡くなっていたことがわかりました。

2018年には、これらのがんの死亡率は10万人あたり93.8人に低下し、年率2.29%の減少となりました。

同じ期間に、肥満に関連するがんの減少ははるかに遅く、10万人あたりの死亡者数は58.4人から54.9人に変化し、肥満に関連しないがんの約3分の1の割合–0.83%–となっています。

1999年には肥満と関係のないがんががん死亡者の66.8%を占めていましたが、2018年には62.6%に減少しています。

米国がん協会によると、がん死亡者数の減少は、喫煙する人が減ったことに加え、検診や治療法の改善に負うところが大きいという。

しかし、ギリングス国際公衆衛生学部の准教授で心血管疫学を専門とし、カロライナ・ポピュレーション・センターのフェローであるChristy Leigh Avery氏と、ギリングスの生物統計学の准教授でカロライナ・ポピュレーション・センターのフェローであるAnnie Green Howard氏を含むUNCの研究者たちによる今回の調査結果は、肥満ががんに与える影響を補強するものです。

ニコルズ氏は話します。

「肥満は、すべての種類のがんではありませんが、多くのがんの危険因子です。健康的な体重を維持することは、安全な公共空間、栄養価の高い食品の入手可能性と価格、その他の構造的要因の観点から、誰もが手に入れられる目標とする必要があります。このような社会的な変化を起こすことができれば、国民の健康状態を改善することができるでしょう。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 「肥満に関連するがんの約3倍の速さで減少」肥満と関連しないがん死亡率