自身/他者/自然とつながることで得られる健康

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

自身/他者/自然とつながることで得られる健康

ウェルビーイングは、「心身ともに健康的な状態」を指す言葉です。
研究者たちは、人々がウェルビーイングに向かうにあたり、自分自身、他者、そして自然とつながることで得られる健康とウェルビーイングへの利点を明らかにし強調しています。

Professor Kemp said: “We define wellbeing as positive psychological experience, promoted by connections to self, community and environment, supported by healthy vagal function, all of which are impacted by socio-contextual factors that lie beyond the control of the individual.”

参照元:https://www.swansea.ac.uk/press-office/news-events/news/2021/05/research-reveals-new-approach-to-understanding-our-wellbeing.php
– スウォンジー大学 Swansea University. Tuesday 11 May 2021 –

人とのつながりや帰属意識は人間の基本的な欲求ですが、スウォンジー大学の新しい研究では、これらが個人的な人間関係だけではなく、どのように決定されるかを調べました。

人間・健康科学部の心理学者であるアンドリュー・ケンプ教授の研究は、ウェルビーイングに対して幅広いアプローチを取ることの重要性と、それが不平等や人為的な気候変動などの問題によってどのように影響されるかを明らかにしています。

ケンプ教授は、博士課程の学生であるジェス・ミード氏と、大学のHealth and Wellbeing Academyのコンサルタント臨床心理士であるゾーイ・フィッシャー博士と共同で、ウェルビーイングの理解と向上に役立つ学際的な枠組みを提示する研究を行いました。

ケンプ教授は話します。

「我々は、ウェルビーイングを、自己、コミュニティ、環境とのつながりによって促進され、健全な迷走神経機能に支えられたポジティブな心理的体験と定義していますが、これらはすべて、個人ではコントロールできない社会的背景の要因に影響されます。」

研究者たちは、Frontiers in Psychologyに掲載されたばかりの最新の研究結果は、社会がCovid-19からの回復と学習を目指す上で、特に重要な意味を持つと述べています。

また、大学生や後天性脳損傷者を対象とした革新的なウェルビーイング科学の介入策の開発にもつながっています。

ケンプ教授は話します。

「今回の招待論文は、社会の変革を必要とするパンデミック後の未来に沿っているだけでなく、惑星のウェルビーイングを促進するための世界的な取り組みにも注目しており、タイムリーであると感じています。」

「グローバル化、都市化、技術の進歩により、人間は自然からますます切り離されるようになっています。自然との触れ合いがウェルビーイングを向上させるという研究結果が出ているにもかかわらず、この状況は続いています。」

今回の研究では、自分自身、他者、そして自然とつながることで得られる健康とウェルビーイングへの利点が明らかにされており、私たちのつながりの能力に影響を与える主要な社会問題に取り組むための集中的な取り組みの必要性が強調されています。

ケンプ教授は話します。

「さらに、最貧層は、慢性疾患の増加、社会的孤独、人為的な気候変動などの社会的課題の影響を不均衡に受けています。」

「経済的不平等は、貧困層だけでなく、国民全体に悪影響を及ぼすため、経済的不平等を改善することは、国民の幸福度を向上させるための基本となります。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 自身/他者/自然とつながることで得られる健康

News & Popular

- 新着記事 と 人気記事 -