「がん転移リスクが高まる」がん患者のピーナッツ頻繁摂取

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

「がん転移リスクが高まる」がん患者のピーナッツ頻繁摂取

がん患者がピーナッツを頻繁に摂取すると、がん転移のリスクが高まります。PNA濃度が低い「通常の」ピーナッツ摂取は無害なのかもしれませんが、研究者は、がん患者のピーナッツ摂取を控えるよう警告しています。

frequent consumption of peanuts by cancer patients could increase risk of cancer spread.

参照元:https://news.liverpool.ac.uk/2021/08/04/frequent-consumption-of-peanuts-by-cancer-patients-may-increase-risk-of-cancer-spread/
– リバプール大学 University of Liverpool. August 4, 2021 –

リバプール大学の研究者らによる研究で、がん患者がピーナッツを頻繁に摂取すると、がんが広がるリスクが高まる可能性があるという従来の知見に付随する新たな要因が特定されました。

Carcinogenesis誌に掲載されたこの研究では、ピーナッツアグルチニン(PNA)–ピーナッツを食べると急速に血液循環に入る炭水化物結合タンパク質–が、血液の血管壁(内皮)細胞と相互作用してサイトカインと呼ばれる分子を生成することが明らかになりました。

このサイトカインのうち、IL-6とMCP-1は、がんの転移を促進することで知られています。

サイトカインの産生が増えると、他の内皮細胞が細胞表面の接着分子をより多く発現するようになり、循環している腫瘍細胞にとって魅力的な細胞となり、その結果、転移が促進される可能性があります。

先の研究で、共同執筆者のLu-Gang Yu教授らは、循環しているPNAが、主に前がん細胞やがん細胞に存在する特殊な糖鎖に結合し、血流中の腫瘍細胞の表面に発現している大きなタンパク質と相互作用することを報告しました。

この相互作用が大きなタンパク質の変化を誘発し、その結果、がん細胞の表面にある基礎的な接着分子が露出し、がん細胞がより粘着性を持ち、血管に付着しやすくなります。

また、がん細胞が小さな塊を形成することで、体内循環におけるがん細胞の生存期間が長くなる。上皮性がんの多くは、血流に乗って他の臓器に転移します。

Lugang Yu教授は話します。

「さらなる研究と調査が必要ですが、今回の研究は、がん患者がピーナッツを頻繁に摂取すると、転移のリスクが高まる可能性を示唆しています。」

「しかし、心強いことに、米国の大規模な研究では、ピーナッツの摂取ががんの死亡率に大きな影響を与えないことが報告されています。また、別の研究では、ピーナッツの摂取が前立腺がんの男性の予後に有意な影響を与えないことが報告されています。我々が以前に行った健康なボランティアを対象とした研究では、PNAのかなりの血中濃度が、大量(250g)のピーナッツを摂取した1時間後くらいに一時的に見られただけだったので、PNA濃度が低い「通常の」ピーナッツ摂取は無害なのかもしれません。」

「しかし、少なくとも大量のピーナッツを「摂取」した直後に見られた比較的高いレベルの循環PNAは、その時点で循環している腫瘍細胞に重大な生物学的効果を与え、転移のリスクを高める可能性があるという可能性は残っています。したがって、がん患者がピーナッツを大量に、あるいは非常に頻繁に摂取することは避けたほうがよいでしょう。」

癌患者によるピーナッツの大量摂取が生存率に与える影響の可能性については、さらに集団ベースの疫学研究で調査する事が必要です。

本研究は、米国癌研究所の支援を受けて実施されました。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 「がん転移リスクが高まる」がん患者のピーナッツ頻繁摂取