親しい人をトラウマ的に損失して負った複雑な悲しみの治療方法

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Pocket

親しい人をトラウマ的に損失して負った複雑な悲しみの治療方法

親しい人のトラウマ的損失による複雑な悲しみは、長期化して何年にもわたって生存者に深刻なダメージを与える可能性があります。その場合、まずはトラウマ症状を早期に治療する事で、持続的な悲しみを防ぐことができるかもしれません。

Among individuals who survive a trauma that resulted in the loss of a close friend or loved one, symptoms of post-traumatic stress disorder can predict complicated grief — a sense of persistent sadness and an inability to cope — years after the trauma,

参照元:https://www.apa.org/news/press/releases/2021/08/post-traumatic-stress-symptoms
– 米国心理学会 American Psychological Association. August 16, 2021 –

米国心理学会が発表した研究結果によると、親しい友人や恋人を失ったトラウマから生還した人の中で、心的外傷後ストレス障害の症状は、トラウマから数年後の複雑な悲しみ(持続的な悲しみの感覚と対処能力の欠如)を予測することができるそうです。

ノルウェー暴力・心的外傷ストレス研究センターの研究者で、本研究の筆頭著者であるKristin Alve Glad博士は話します。

「悲嘆は、親しい人を失ったときの正常な反応ですが、トラウマ的な損失は、何年にもわたって生存者に深刻なダメージを与える可能性があります。今回の研究結果は、トラウマを持つ生存者を治療する際に、PTSDの症状を早期に改善することで、後に複雑な悲しみを回避できる可能性を示唆しています。」

Glad博士によると、悲しみを経験したほとんどの人にとって、苦痛や死別の感情は時間の経過とともに薄れていく傾向があります。

しかし、複雑な悲しみの場合は、症状が薄れるどころか、長引いたり悪化したりすることが多く、通常の生活に支障をきたすことがあります。

Glad博士は話します。

「複雑な悲しみとは、持続的で強烈な憧れ、切望、悲しみであり、通常、故人のことを執拗に考えたり、イメージしたり、人の死という辛い現実を信じられない、受け入れられないという感覚を伴うものと定義されています。」

「心理的トラウマ。Theory, Research, Practice and Policy』誌に掲載された研究では、2011年にノルウェーのウトヤ島で発生した国内テロ事件で、身近な人を失った生存者にインタビューを行いました。

275名の参加者のうち、256名が親しい友人を、6名が家族を、13名が親しい友人と家族・パートナーを亡くしました。

参加者は、ウトゥイヤ島での攻撃後、4~5カ月後、14~15カ月後、30~32カ月後の3回、経験豊富な医療従事者との対面式の個人インタビューに参加しました。

インタビューでは、心的外傷後ストレス症状や複雑な悲嘆反応(愛する人の死を受け入れられない、日常生活で悲嘆が邪魔になる、死に関連する厄介な考えがある、喪失感を思い出すことを避ける、他人との間に孤立感や距離感があるなど)に関する質問が行われました。

研究者らは、PTSDの症状を報告した参加者は、複雑な悲しみの症状も報告する可能性が有意に高いことを発見しました。

また、テロ事件の1年後にPTSDの初期症状を経験した参加者は、その数年後にさらに大きな複雑な悲しみの症状を経験していることもわかりました。

Glad博士は話します。

「PTSDの症状は、その後の複雑な悲しみの反応を予測したが、複雑な悲しみはPTSDの発症を予測しなかったという事実は、PTSDの症状をターゲットにすると、その後の複雑な悲しみの発症を妨げる可能性があることを示唆しており、興味深いです。このことは、トラウマを抱えた遺族を支援する臨床家にとって重要な意味を持つかもしれません。」

研究者たちは、テロ攻撃の生存者への影響が特に深刻であると考えています。

なぜなら、彼らは愛する人を失っただけでなく、テロ攻撃に直接さらされたからです。

このように、予期せぬ喪失とトラウマへの高い曝露という二重の負担が、トラウマに直接さらされていない遺族とは異なるPTSD症状や複雑な悲嘆の軌跡をもたらしているのかもしれません。

これらの知見は、トラウマになりうる方法で愛する人を失った人にも当てはまる可能性がある、とGlad博士は述べています。

PTSDの症状と複雑な悲しみの経時的な関係についての知識は、臨床医がより効果的な治療戦略を開発し、対処に最も苦慮している遺族のために、よりよい治療計画を策定するのに役立つかもしれない、と研究者は述べています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 親しい人をトラウマ的に損失して負った複雑な悲しみの治療方法

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)