兄弟が親に虐待されている様を見る事で生まれるトラウマ

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

兄弟が親に虐待されている様を見る事で生まれるトラウマ

親による兄弟への虐待を目撃すると精神的な問題を抱えることになるようです。
本人が虐待されていなくても、相応のトラウマを抱える事につながるようです。

children who witness the abuse of a brother or sister by a parent can be just as traumatized as those witnessing violence by a parent against another parent.

参照元:https://www.unh.edu/unhtoday/news/release/2021/09/16/unh-research-finds-witnessing-abuse-sibling-can-lead-mental-health-issues
– ニューハンプシャー大学 University of New Hampshire. September 16, 2021 –

ニューハンプシャー大学の研究によると、親による兄弟姉妹への虐待を目撃した子どもたちは、親が別の親に暴力を振るうのを目撃した子どもたちと同じくらいのトラウマを抱える可能性があることがわかりました。

このような状況は、うつ病、不安、怒りなどの精神的な問題と関連しています。

人間発達・家族学のコリンナ・タッカー教授は話します。

「家庭内暴力の被害というと、身体的な虐待や配偶者からの暴行を目撃することを思い浮かべます。しかし、多くの子どもたちは、直接の被害者でなくても、兄弟への虐待を目撃しており、家庭内暴力への曝露の影響を集計する際には、このようなダイナミクスについてもっと考えるべきであることがわかりました。」

今回の研究では、3つの全国調査のデータを組み合わせて、生後1カ月から17歳までの7000人以上の子どもの経験を詳しく調べました。

この調査には、生涯を通じて、親が家庭内の兄弟を殴ったり、叩いたり、蹴ったり、身体的に傷つけたり(スパンキングは含まない)するのを子どもが見たすべての出来事が含まれていました。

親による兄弟姉妹への虐待を目撃したことがある263人(3.7%)のうち、母親よりも父親による虐待を目撃した人が多かった(70%)。

虐待を受けた割合が最も高かったのは、少年・青年期、および両親が大学教育を受けているが修了していない家庭でした。

また、実父母または養父母が2人の家庭では、虐待を受けた割合が最も低かった。

人種や民族による違いはありませんでした。

EPASにさらされた青少年は、怒り、不安、抑うつなどの精神的苦痛のレベルが高かった。

タッカー教授は話します。

「一部の家庭では、EPASがより大きな暴力の家庭環境の一部である可能性があります。家族の中で暴力にさらされている人が増えると、家族間の精神的な安心感が失われ、子どもたちがストレスに対する健全な反応を観察し、学び、実践する機会が減る可能性があります。」

研究者らは、今回の研究で、若者の恐怖感や精神的苦痛に対するEPASのユニークな貢献が明らかになったとしています。

本研究は、DVをめぐる考え方を広げ、EPASを間接的な被曝の一形態として認識させることを期待しています。

また、兄弟に暴力への被曝について尋ねるなどして介入することや、親、特に父親への教育や励ましを強化すること、被曝した子どもが兄弟をサポートしたり、安心して他の大人に話したりして手助けする方法を提供することなど、実践的かつ臨床的な応用を求めています。

本研究は、米国司法省の助成を受けて実施されました。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 兄弟が親に虐待されている様を見る事で生まれるトラウマ

News & Popular

- 新着記事 と 人気記事 -

福関連記事
- 世界中の「福」に関する科学論文を集めました -