健康的な教育プログラムで「知的障害を持つ若年成人の体重減と維持に成功」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

健康的な教育プログラムで「知的障害を持つ若年成人の体重減と維持に成功」

知的障害のある若年成人を対象とした健康的な教育プログラムを導入したところ、体重の減少や維持が見られました。
知的障害のある若年成人は肥満になりやすい等のリスクがあります。

Young adults with autism spectrum disorder (ASD) and intellectual disabilities (ID) were able to lose or maintain their weight with a system of education and support in place.

参照元:https://www.uc.edu/news/articles/2021/09/diet-and-exercise-pilot-study-in-participants-with-disabilities.html
– シンシナティ大学 University of Cincinnati. September 15, 2021 –

知的障害のある若年成人を対象とした食事・運動療法のパイロット研究は有望である
特定の若年成人層を対象とした健康的な行動を教育・支援するプログラムにはメリットがある

健康管理のために食事や運動のプログラムを遵守することは、誰にとっても困難なことです。

しかし、健康的な体重を維持することは、認知障害などの先天的な障害を持つ若年成人にとって、特有の課題となるかもしれません。

シンシナティ大学で行われたパイロット研究では、自閉症スペクトラム障害(ASD)と知的障害(ID)を持つ若年成人が、教育とサポートのシステムを導入することで、体重を減らしたり維持したりすることができることがわかりました。

シンシナティ大学の教育・刑事司法・福祉学部ヒューマンサービス学科の教授であり、本研究の筆頭著者であるローラ・ネイバーズ博士は話します。

「若年層と協力し、彼らが健康上の目標を選択する力を得るのを見られたのは素晴らしい経験でした。」

このパイロット研究によると、ASDおよびIDを持つ若年成人は、体重過多または肥満になるリスクがあり、心血管疾患、睡眠障害、胃腸障害、2型糖尿病などの健康リスクが高くなる可能性があるという研究結果が出ています。

Nabors氏は、カリフォルニア大学の教員、学部生、大学院生、シンシナティ小児病院医療センターの障害研究者からなるチームとともに、17人の参加者と保護者を対象とした栄養と運動の指導プログラムを監督しました。

1年間にわたり、チームと参加者は週1回(COVID-19のロックダウン中は直接会うか、オンラインで)、健康的な食事と運動に関するレッスンを受けました。

レッスンでは、マイプレート(米国農務省の改訂版フードピラミッド)、食事の量、食品に含まれるビタミンやミネラル、不健康な食品群の摂取を控えることなどを学びました。

運動の授業では、運動の重要性、さまざまな種類の運動の紹介、運動が体にどのような効果をもたらすかについての知識を学びました。

UCのスタッフは実施記録を残し、参加者の身長と体重は定期的に検査されました。

保護者はアンケートに答え、参加者はグループインタビューに答え、プログラムの影響を評価しました。

Advances in Neurodevelopmental Disorders誌に掲載された結果によると、2名の参加者が大幅に体重を減らし、その他の参加者は研究期間中に体重を維持しました。

参加者と保護者はプログラムに満足し、知識と行動の変化を報告しました。

参加者や保護者と会い、彼らのサポートを得ることは、チームにとっても知識を得ることになり、UCの学生が目標選択や参加者が選択した目標の達成に関与することにもつながったとNabors氏は言います。

現在シンシナティ大学4年生のオーバーストリート氏は話します。

「すべての週がポジティブだったわけではなく、中には私たちや保護者とのコミュニケーションに苦労した人もいました。他の人と同じように、私たちにも良い日もあれば悪い日もあります。」

研究の共同執筆者であるアビー・オーバーストリートは、この研究が行われた当時、カリフォルニア大学で健康教育とプロモーションを専攻していた3年生でした。

研究チームの一員として、オーバーストリートは週1回のレッスンの作成を手伝い、個人の進捗状況を確認するためにフォローアップを行いました。

オーバーストリート氏は話します。

「健康のために何かを変えるのは誰にとっても大変なことですが、ちょっとした励ましがあれば、最終的には目標を達成することができるのです。」

カリフォルニア大学の発達障害センターの副所長であり、シンシナティ・チルドレンの発達・行動小児科の研究者であるKara Ayers博士は話します。

「若年層、この場合はASDやIDを持つ人たちですが、好きなものを食べて楽しく運動できれば、健康になる可能性が高くなります。」

共同執筆者であるカリフォルニア大学教育学部特殊教育学科准教授のクリスティーナ・カーナハン博士は、毎週のレッスンを参加者にどのように伝えるのがベストかをチームと一緒に考えました。

ネイバーズ博士は話します。

「カーナハン博士のコミュニケーション戦略に関する指導は、健康に関するメッセージが確実に参加者に届くようにするために非常に重要でした。」

今回の調査結果は予備的なものであり、対照群を用いた研究や、体重や行動の変化を長期的に評価する必要がありますが、チームは、介入によって全体的に知識や健康行動が改善されたと結論づけています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 健康的な教育プログラムで「知的障害を持つ若年成人の体重減と維持に成功」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)