「毛包幹細胞(HFSC)が枯渇し毛包消失につながる」高脂肪食摂取

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

「毛包幹細胞(HFSC)が枯渇し毛包消失につながる」高脂肪食摂取

肥満によって毛包幹細胞(HFSC)が枯渇し、最終的には毛包の消失につながるようです。
高脂肪食による脱毛を減らす事により、薄毛の予防や治療につながるかもしれません。

The authors found that obesity can lead to depletion of hair follicle stem cells (HFSCs) through the induction of certain inflammatory signals, blocking hair follicle regeneration and ultimately resulting in loss of hair follicles.

参照元:https://www.tmd.ac.jp/english/press-release/20210624-1/
– 東京医科歯科大学 Tokyo Medical and Dental University.  June 24, 2021 –

肥満が多くの病気の発症につながることはよく知られています。

心臓病、糖尿病、その他の病気は、肥満の人に非常に多く見られます。

しかし、慢性的な肥満によって体の器官が具体的にどのように劣化し、機能を失うのかはよくわかっていません。

東京医科歯科大学の研究グループは、Nature誌に掲載された論文で、高脂肪食や遺伝的な肥満が薄毛や抜け毛にどのような影響を与えるかをマウスモデル実験で検証しました。

その結果、肥満になると、ある種の炎症性シグナルの誘導によって毛包幹細胞(HFSC)が枯渇し、毛包の再生が阻害され、最終的には毛包の消失につながることがわかりました。

通常、HFSCは、毛包の周期ごとに自己再生します。これは、私たちの髪が継続的に生え変わるためのプロセスの一部です。

高齢になると、HFSCの自己再生がうまくいかず、HFSCの数が減り、薄毛になってしまいます。

太った人は男性型脱毛症のリスクが高いとされていますが、肥満が薄毛を促進するかどうか、その方法や分子メカニズムについては、これまでほとんど分かっていませんでした。

TMDUグループは、これらの疑問を解決することを目的とし、そのメカニズムの一部を明らかにしました。

本研究の筆頭著者である森永博信氏は話します。

「高脂肪食を与えると、特に老齢のマウスでは、毛髪を成長させる成熟細胞を補充するHFSCが減少し、薄毛が加速します。私たちは、HFSCの遺伝子発現をHFD飼料を与えたマウスと標準飼料を与えたマウスで比較し、HFSCが活性化した後の運命を追跡しました。」

「その結果、HFSCが活性化されると、皮膚表面の角質細胞や皮脂を分泌する皮脂細胞に変化することがわかりました。それらのマウスでは、HFSCsの枯渇に伴い、脱毛が早くなり、毛包が小さくなっています。」

「HFSCsは、HFDを4日連続で与えても、酸化ストレスの増加と表皮の分化の兆候が見られました。」

上席著者のEmi K. Nishimura氏は話します。

「高脂肪食マウスのHFSCsにおける遺伝子発現は、HFSCs内で炎症性サイトカインシグナルが活性化されていることを示していました 。この炎症性シグナルは、HFSCsの毛包再生に重要な役割を果たしているソニックヘッジホッグシグナルを著しく抑制していました。」

研究チームは、このプロセスでソニックヘッジホッグシグナル経路を活性化することで、HFSCsの枯渇を救うことができることを確認しました。

Nishimura氏は続けます。

「これにより、高脂肪食がもたらす脱毛を防ぐことができるかもしれません。」

今回の研究は、高脂肪食や遺伝的に誘発された肥満に伴って生じる特定の細胞運命の変化や組織の機能障害について、興味深い新知見を提供するものであり、将来の薄毛の予防や治療、さらには肥満に関連する疾患の理解につながる可能性があります

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 人体・脳 » 「毛包幹細胞(HFSC)が枯渇し毛包消失につながる」高脂肪食摂取

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)