加齢に伴う血管の硬化に変化「女性ホルモンで柔らかくなる血管」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

加齢に伴う血管の硬化に変化「女性ホルモンで柔らかくなる血管」

加齢によって血管はどんどん硬くなるのは自然現象です。
しかし、女性ホルモンの状態によっては血管が柔らかく変動したりするようです。

Indicative of the role of hormones, menstrual cycle phase, contraceptive pill phase and menopausal state were also associated with arterial stiffness.

参照元:https://www.jyu.fi/en/current/archive/2021/12/aging-stiffens-the-blood-vessels-but-their-flexibility-also-fluctuates-based-on-a-woman2019s-hormone-state
– ユヴァスキュラ大学 Jyväskylän yliopisto. 08.12.2021 –

ユヴァスキュラ大学のスポーツ・健康科学部で行われた研究では、幅広い年齢層の女性を対象に動脈硬化を測定しました。

動脈硬化の増加は、心血管疾患の独立した危険因子です。

年齢は動脈硬化の強い決定要因でした。

ホルモンの役割を示すものとして、月経周期、避妊薬の服用、更年期の状態も動脈硬化と関連していました。

人間の血管系は、動脈、静脈、毛細血管からなり、血液は一定方向に循環しています。

心臓が血液を送り出すと、全身に血液を運ぶ動脈も働きます。動脈は交互に拡張と収縮を繰り返し、血液を進行させる。この伝搬は脈波として知られています。

動脈の壁は、破裂することなく脈波を進行させるために、過度ではないが十分な弾力性が必要です。

血管が老化すると、動脈の壁は硬くなる。硬くなると、心血管疾患のリスクや心臓死亡率のリスクが高まります。

女性ホルモンは、血管壁の弾力性を調節するいくつかの因子に影響を与えることが明らかになっており、エストロゲンレベルが高いことが、若年成人女性が男性に比べて心血管疾患のリスクを低くするメカニズムの一つであると考えられています。

しかし、年齢やホルモン剤の使用状況が異なる女性を対象に、ホルモンレベルと動脈硬化の両方を測定した研究はほとんどありません。

ユヴァスキュラ大学老年学研究センターおよびスポーツ健康科学部のEija Laakkonen准教授は話します。

「今回の研究では、若年層と中年層の女性を含む2つのデータセットを組み合わせました。今回の研究では、若年層と中年層の女性を含む2つのデータセットを組み合わせることで、女性の生活に関わるさまざまなホルモンの状態を包括的に調べることができました。自然な月経周期と避妊薬の使用、また自然な閉経とホルモン療法の使用と動脈の柔軟性との関連を調べることができました。」

研究全体では、19歳から58歳までの女性を対象としました。

女性の年齢が高いほど、動脈は硬くなっていました。

測定されたホルモンのうち、エストラジオールと卵胞刺激ホルモンは動脈硬化と関連していましたが、年齢はホルモンレベルよりも動脈硬化のより強い決定要因でした。

サブセットを調べると、ホルモンの状態が動脈硬化と関連していることがわかりました。

脈波の減衰は、月経出血中よりも卵胞期後半および排卵期に速かったです。

複合経口避妊薬の使用者は、最初の3週間はエストロゲンとプロゲストーゲンを含むピルを服用し、その後1週間はホルモンを含まないピルに変更し、その間に消極的な出血が起こるため、ホルモンレベルが変化します。

ホルモン剤を服用している間は、出血時よりも動脈の弾力性が増していました。

更年期の女性の中では、ホルモン療法を受けている閉経後の女性が最も動脈が硬くなっていました。

Laakkonen氏は話します。

「今回の研究から、年齢は血管機能の重要な調節因子であるが、ホルモンもまた、女性の人生のさまざまな段階で動脈の弾力性を調節する役割を果たしていると結論づけることができます。今後の研究では、内因性ホルモンと外因性ホルモンが動脈壁の特性に及ぼす影響を詳細に調べて比較し、女性の人生におけるさまざまなホルモンの段階での動脈特性の調節について理解を深めることが価値あることだと考えています。このような包括的な研究はまだ行われていません。」

今回の研究は、ユヴァスキュラ大学スポーツ・健康科学部において、Estrogen, microRNAs and the risk of metabolic dysfunction(EsmiRs)研究とEndogenous and exogenous hormones and performance in women(MEndEx)研究の研究データを用いて行われました。

EsmiRs研究はEija Laakkonen准教授が、MendEx研究はJohanna Ihalainen講師が担当しています。

EsmiRsはフィンランド・アカデミーから、MendExはUrheiluopistosäätiöから資金提供を受けています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 人体・脳 » 加齢に伴う血管の硬化に変化「女性ホルモンで柔らかくなる血管」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)