健康の為に子供は何を摂取すればいいの?「大人と子供の健康食に違いはない」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

健康の為に子供は何を摂取すればいいの?「大人と子供の健康食に違いはない」

健康に良いとされる食事は、大人と子供が摂取する場合、違いがあるのでしょうか。
エルゼビアに掲載された調査によると、大人も子供も健康食は同じものであるそうです。

There is a long-held belief in the United States that children need different types of foods than adults, and many of these foods are highly processed; energy-dense; and high in saturated fat, sodium, and added sugar.

参照元:https://www.sciencedaily.com/releases/2022/01/220106100352.htm
– エルゼビア Elsevier. January 6, 2022 –

栄養教育行動学会(SNEB)の見解として、食感と分量の年齢相応の調整を除いて、大人と2歳以上の子どもの健康に良い食品に違いはないことが、エルゼビア社から出版されている「栄養教育と行動」誌の新しいポジションペーパーで明らかにされています。

Pamela Rothpletz-Puglia氏は話します。

「あなたが子供の食べ物について考えるなら、私たちは広く私たちの子供に食べさせる食べ物を説明するために使用する原型や用語、それは本当に私たちが永続してきた社会規範や社会の構成です 」

キッズフードとは、家庭や地域社会で2歳から14歳の子供が食べる可能性のある食品と定義されています。

米国では、子どもには大人とは異なる種類の食品が必要であるという考えが長く続いており、これらの食品の多くは高度に加工され、エネルギー密度が高く、飽和脂肪、ナトリウム、砂糖が多く含まれています。

これらの食品を好む食事は、子どもの好みや嗜好に大きな悪影響を与え、子どもに時々見られる食物恐怖症や偏食行動を悪化させる可能性があり、将来の健康に影響を与える可能性があります。

このポジションペーパーでは、子供には大人とは違う食べ物が必要だという考え方は、禁酒法時代に接客業がアルコールの売上減を補うために子供向けメニューを作ったことに端を発しているようだと述べています。

それ以来、2歳以上の子どもは大人と同じ健康的な食べ物を食べることができることが知られていますが、子ども用の食事やメニューは社会的な規範となっています。

チキンテンダー、ホットドッグ、フライドポテト、グリルチーズなどの超加工食品が食環境に蔓延し、それらが子どもたちの嗜好に合っているため、この社会規範が持続しているのです。

食の選択に関する消費者の需要と社会的規範を転換させる上で、栄養教育者は重要な役割を果たします。

そのためには、超加工食品環境に対する家族やコミュニティの弾力性と健全な適応力を生み出すとともに、2歳以上の子どもは大人と同じ健康食品を(年齢相応の栄養条件を考慮しながら)食べることができるという知識を広めることが必要です。

また、メディア、外食産業、政策立案者と協力して、健康増進のためのメッセージ、マーケティング、メニュー表示、健康的なデフォルトメニューの選択など、子供の食の原型の不健康な側面の改善にも貢献することができます。

子供の食事に関する規範を、大人も子供も楽しめる健康的な食事へと変化させることで、栄養教育者は個人、家族、地域、社会の各レベルで健康的な社会と行動の変化を促進することができます。

Pamela Rothpletz-Puglia氏は話します。

「地域社会、食品産業、政策立案者と協力する必要があると思います」とRothpletz-Puglia氏は言います。私たちはパートナーとなり、相互に有益な解決策を生み出す必要があるのです。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 健康の為に子供は何を摂取すればいいの?「大人と子供の健康食に違いはない」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)