大麻の使用が与える脳への影響「より多くの注意と研究が必要」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

大麻の使用が与える脳への影響「より多くの注意と研究が必要」

大麻の使用は脳の健康にどのような影響を与えるのでしょうか?
2022.2.10に行われた国際脳卒中会議で発表された科学論文の見解は、「より多くの注意と研究が必要」です。

Despite the perception that marijuana is harmless, there is some scientific evidence challenging that belief, and there are many unanswered questions about its impact on brain health,

参照元:https://newsroom.heart.org/news/how-does-cannabis-use-affect-brain-health
– 米国心臓協会 American Heart Association. Feb 10, 2022 –

大麻は無害であるという認識にもかかわらず、その考えを覆す科学的証拠がいくつかあり、脳の健康への影響については多くの未解決の問題があることが、米国心臓協会の学術誌「Stroke」に掲載された新しい科学的声明で明らかにされました。

この科学的声明は、ニューオーリンズで開催される同協会の国際脳卒中会議のシンポジウムで、2022/02/10午前7時(CT)/午前8時(ET)から発表・議論される予定です。

米国心臓協会の科学的声明は、現在の研究に対する専門家の分析であり、将来の臨床実践ガイドラインに情報を提供する可能性があります。

執筆グループの議長であるイリノイ大学シカゴ校の神経学およびリハビリテーション学部教授Fernando D. Testai, M.D., Ph.D., FAHA氏は話します。

「大麻の健康への影響について、医学界では多くの不確実性が存在する。この科学的声明は、医療専門家が、マリファナが脳の健康に及ぼす既知および未知の影響の可能性について、患者とバランスのとれた意図的な議論を行う際の指針となることを目的としています。」

これは、2020年8月に発表された大麻と心臓血管の健康に関する声明に続き、大麻と脳の健康に関する協会初の科学的声明となります。

米国では、特に思春期や若年層の間で大麻の使用が増加しており、2018年には12年生の約3分の1、大学生の約半数が大麻の使用を報告していることから、両声明は重要であると考えられます。

また、過去20年間に全米の多くの州で大麻の薬用および/またはレクリエーションでの使用が合法化または非犯罪化され、大麻製品中のテトラヒドロカンナビノール(THC、大麻の精神活性成分)の濃度は、1995年の約4%から2018年には15%と大幅に増加しました。

大麻に含まれる化学物質の中で最も研究が進んでいるのは、THCとCBDです。

THCは大麻に含まれる化合物で、ハイになる感覚を与えます。

CBD(カンナビジオール)は抗酸化作用や抗炎症作用がありますが、精神活性作用はありません。

CBDの潜在的な治療効果は、臨床試験で研究され続けています。

米国麻薬取締局(DEA)と食品医薬品局(FDA)は、大麻を “乱用の可能性が高く、医療効果がほとんどない “として、ヘロインやLSDと並ぶスケジュールI規制薬物に分類しています。

これに対し、CBDは、大麻と同じ植物種でTHCの含有量が0.3%未満のヘンプに由来する場合は合法とされています。

大麻の潜在的な影響を十分に理解するためには、人体が大麻に含まれるものと類似したエンドカンナビノイドと呼ばれる化合物を自然に生成していることを知ることが重要です。

エンドカンナビノイドは、生涯を通じて多くの身体プロセス(学習、記憶、痛みのコントロール、睡眠など)の調節に関わっており、エンドカンナビノイドの作用は、出生前の脳の発達と思春期の脳の成熟に不可欠です。

エンドカンナビノイドは、THCと同様、カンナビノイド受容体と呼ばれる分子を介して脳の神経細胞に付着することができます。

THCが脳内のカンナビノイド受容体を活性化すると、エンドカンナビノイドの正常な作用が阻害される可能性があります。

“これらの受容体は、認知に関連する脳領域に高度に集中している “とTestai氏は述べています。

声明によると、これまでの動物実験(げっ歯類)で、THCに長期間さらされると記憶や学習が阻害され、人生のある段階でさらされると特定の方法で脳の発達や成熟に影響を与えることが示されています。

脳の発達に重要な時期である胎児期に、THCはエンドカンナビノイド系の正常なシグナル伝達経路を破壊し、子供の思考、情動行動、ストレスへの反応に変化を与える可能性があります。

脳の成熟に重要な時期である思春期には、THCは脳回路の構造と機能を変化させ、特に認知、感情調節、社会的行動に関わる領域(前頭前野や海馬など)を変化させることが分かっています。

Testai氏は話します。

「これらの動物実験で得られたデータは、エンドカンナビノイド経路の破壊が、記憶や学習能力の低下、ストレスに対する感受性の高まりといった行動や認知の異常につながることを示しています。また、妊娠期や思春期など、脳がTHCの影響を特に受けやすい重要な時期があるのかもしれません。」

動物実験では、大麻にさらされる時期や量を正確にコントロールし、動物の社会的・環境的条件を制御することが容易ですが、ヒトの研究では同様の厳しい条件を再現することができません。

したがって、ヒトを対象とした既存の研究結果はまちまちですが、大麻への曝露が脳の健康に及ぼす影響については同様の懸念があります。

科学的声明にまとめられたヒトを対象とした研究のうち、以下のような知見が得られています。

大麻を積極的に使用している場合、THC優性の大麻を使用すると、CBD優性の大麻または大麻を使用していない場合と比較して、運転免許試験でより悪いスコアを示すことがわかった。

心臓病の研究プロジェクトの一環として25年間追跡調査された若年成人において、言語記憶テストのスコアは、自己申告によるマリファナへの曝露年数が多いほど相関して低下した。

母親が妊娠中にマリファナを使用したと報告した子供(平均年齢9歳)には、心理的問題が多く、認知機能が劣っていた。

思春期のマリファナ使用は、認知に関わる脳の領域(前頭前野)の菲薄化と関連しており、マリファナへの曝露が多いほど、菲薄化が進むとされています。

しかし、他の研究では差は認められませんでした。

マリファナ使用者と非使用者を比較したいくつかの研究では、脳の構造的な変化が見られました。

具体的には、思考や行動の統御に重要な脳の領域が薄くなったり、記憶に重要な脳の領域で容積が減少したりした。

また、認知機能テストと脳画像を比較した他の研究では、マリファナ使用者と非使用者の間に差は見られませんでした。

大麻使用者は血栓を原因とする脳卒中のリスクが高く、ある研究では17%、別の研究では24%多いことが判明しています。

また、声明では、大麻が脳の健康に与える影響について、以下のような数多くの未解決の疑問があることを強調しています。

大麻が脳の健康に与える影響は、年齢によって異なるのか?
大麻は処方薬など他の物質とどのように相互作用するのか?

これは、他の慢性疾患の治療のために血液希釈剤、抗不整脈薬、抗けいれん薬など複数の薬剤を使用している高齢者において、特に懸念されることです。

マリファナの効果は、レクリエーションとして使用する場合と、特定の病状の治療のために処方される場合とでは異なるのですか?
マリファナはどの程度までなら過剰摂取にならないのでしょうか?

アメリカの全州でマリファナが違法だった時代に行われた古い調査では、マリファナの使用頻度がかなり低く報告されている可能性があります。

マリファナの種類(THC濃度の高いものや合成カンナビノイドなど)によって、脳に与える影響は違うのでしょうか?
マリファナを吸うか、食用として摂取するかによって、脳の健康状態に違いがあるのか?

Testai氏は話します。

「マリファナの脳への影響に関する我々の理解は不完全であり、この分野のヒトでの研究は進行中である。それでも、最近の動物実験の結果は、カンナビノイドは無害であるという広く受け入れられている考えを覆し、特に妊娠中や思春期に大麻を使用する際には注意を呼びかけています。」

この科学的声明は、米国心臓協会の脳卒中審議会脳健康科学小委員会、動脈硬化・血栓症・血管生物学審議会、心臓血管・脳卒中看護審議会、ライフスタイル・心臓代謝健康審議会、末梢血管疾患審議会を代表して、ボランティア執筆グループにより作成されたものです。

米国神経学会は、この科学的声明を神経科医のための教育ツールとして承認しています。

米国心臓協会の科学的声明は、心血管疾患および脳卒中の問題についての認識を深め、十分な情報を得た上で医療上の決定を行うことを支援するものです。

科学的声明は、あるトピックについて現在何が知られているか、どの分野でさらなる研究が必要かを概説しています。

科学的声明はガイドラインの作成に役立ちますが、治療の推奨を行うものではありません。

米国心臓協会のガイドラインは、協会の公式な臨床実践の推奨事項を提供します。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 人体・脳 » 大麻の使用が与える脳への影響「より多くの注意と研究が必要」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)

J O B仕 事

人気 (❁´ω`❁)