思い出を話す方法を幼児期に伝える「幸福を感じやすい心を育てる」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

思い出を話す方法を幼児期に伝える「幸福を感じやすい心を育てる」

幸福を感じるように子供を育てるには、どのような方法があるのでしょうか?
研究者はその一つの方法として、母親が思い出を幼児に話す方法について述べています。

Toddlers whose mothers received special coaching in talking about memories grew into teenagers who experience better wellbeing,

参照元:https://www.otago.ac.nz/news/news/otago838328.html
– オタゴ大学 University of Otago. 9 March 2022 –

オタゴ大学の研究によると、母親が思い出について話す特別な指導を受けた幼児は、より良いウェルビーイングを経験するティーンエイジャーに成長することが明らかになりました。

この研究では、母親が14年前に新しい会話術を教わっていた場合、15歳の子どもたちは人生の転機についてより首尾一貫した話をすることがわかりました。

また、母親が通常通り幼児と会話していた青年に比べ、これらの青年はうつ病や不安の症状をより少なく報告しました。

Journal of Personality誌に掲載されたこの研究は、115人の幼児の母親を対照群に割り当てるか、1年間精緻化回想法の訓練を行う回想法の介入研究の追跡調査です。

精巧な回想法とは、公園でアヒルに餌をやるなど、日常的な過去の出来事について、幼児とオープンで応答的な会話をすることです。

プロジェクトリーダーである心理学部のエレイン・リース教授によれば、先に行われたコーチングセッションに参加した母親は、両親の離婚やネットいじめといった人生の困難な出来事を、その経験が自分を人間としてどう形成したかをより深く洞察しながら語りだしたという。

この研究は、英国王立協会テ・アパランギのマースデン基金から最初の資金提供を受けたもので、母と子の回想法が青少年の発達に長期的な利益をもたらすことを示した初めての例です。

リース教授は話します。

リース教授:私たちの発見は、子供の早い時期に両親と短いコーチングセッションを行うことで、思春期の子供が人生の困難な出来事を処理し話す方法と、子供の幸福の両方に、長期的な利益をもたらすことを示唆しています。
親が入念に回想することで、子どもは自分の経験についてより完全で、具体的で、正確な記憶を持つことができ、思春期にアイデンティティを形成する際に、より豊かな記憶の蓄積をもたらすと我々は考えています。また、精緻な回想法は、その場しのぎではなく、過去の感情についてオープンに話し合う方法を子どもたちに教えてくれます。

彼女は、親や政策立案者が、子供と前向きな会話を始める理想的な時期である幼児期の重要性に気づき、その会話が子供が大きくなったときに変化をもたらすことを知ることを望んでいます。

筆頭著者で臨床心理学者のクレア・ミッチェル博士は、多くの研究が、思春期に幸福度が劇的に低下する可能性を示していると述べいます。

ミッチェル博士:最終的な目標は、親が子供の人生における出来事について、より繊細で応答的な会話をすることを奨励することです。
一部の若者にとって、この落ち込みは、治療が困難な、より深刻な精神衛生上の問題の始まりとなる可能性があります。ですから、可能であれば人生の早い段階でメンタルヘルスの問題を予防する方法を見つけることが重要です。
私自身、幼児を持つ親として、これらの精巧な回想法は楽しく、簡単に習得できることを確認することができました。私たちの研究は、幼い子どもを持つ親が、最初から健全な相互作用を促進し、永続的な利益を得るための道を切り開くのに役立ちます。

研究者らは、この研究を継続し、成人期を迎えた参加者を追跡調査して、母親による精巧な回想法の効果が継続しているかどうかを調べる予定です。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 思い出を話す方法を幼児期に伝える「幸福を感じやすい心を育てる」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)