少なくとも75分うつ病の症状を改善する「適度な運動30分」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

少なくとも75分うつ病の症状を改善する「適度な運動30分」

運動がうつ病に対して有効な値を示すデータは多々あります。
研究者は、30分の運動後少なくとも75分は、うつ病の症状が緩和されたことを発見しました。

Exercising for half an hour may reduce symptoms of depression for at least 75 minutes post-workout and amplify the benefits of therapy,

参照元;https://www.news.iastate.edu/news/2022/03/30/exercise-depression
– アイオワ州立大学 Iowa State University. Mar 30, 2022  –

アイオワ州立大学の研究者が主導する2つの新しい研究によると、30分間の運動は、運動後少なくとも75分間はうつ病の症状を軽減し、治療の効果を増幅する可能性があることがわかりました。

ISUの運動学教授で両論文の主執筆者であるジェイコブ・メイヤー氏は話します。

メイヤー氏:運動が精神的健康に及ぼす影響に関する先行研究の多くは、一般に、ウェルビーイングの非常に広範な尺度を用いています。私たちが特に興味を持ったのは、急性の運動、つまり1日に1セッションの運動が、うつ病の主要症状にどのように影響するかということです。

最初の研究では、大うつ病エピソードを経験している成人30人を募集しました。

参加者は、中強度のサイクリングまたは座位での30分間のセッションの直前、途中、後、そして25分、50分、75分の運動後に電子アンケートに回答した。最初の実験室でサイクリングをした人は、1週間後に再び30分間の座位での実験に参加し、その逆の人も参加した。

各調査には、うつ病の症状を測定するための標準的な質問と尺度、およびストループテストを含むいくつかの認知タスクが含まれ、参加者は単語そのものではなく、特定のフォントの色に反応しました(例えば、赤いインクで書かれた「青」という文字を見たら赤と答えるなど)。

次に研究チームは、調査データを用いて、大うつ病性障害の3つの特徴である抑うつ気分状態(例:悲しい、落胆、陰気)、快感消失(例:以前楽しんでいた活動から快感を得られなくなる)、認知機能低下(例:思考困難、複数の情報を一度に扱う)の変化を追跡調査した。

サイクリング実験では、参加者の抑うつ気分の状態は、30分の運動で改善し、その後75分まで一貫して改善しました。

快感消失への改善は、運動後75分で低下し始めましたが、それでも運動をしなかったグループの参加者の快感消失のレベルよりも良好でした。

認知機能に関しては、サイクリングをした参加者は、運動中盤のストループテストでは速くなりましたが、運動後25分と50分では、安静にしていたグループの参加者と比べて相対的に遅くなりました。

メイヤー氏は、この違いを理解するためには、さらなる研究が必要であると述べています。

メイヤー氏:このような抑うつ気分や快感消失に対する効果は、75分以上持続する可能性があります。しかし、この結果は、うつ病患者にとって、運動後に心理的または認知的に負荷のかかることをするのがより容易であるか、より効果的である時間帯を示唆しています。

それは、プレゼンテーションをすること、テストを受けること、あるいはセラピーを受けることなどが考えられるそうです。

メイヤー氏:運動による短期的な効果と治療による長期的な効果を相乗させることで、最も効果的な介入を行うことができるでしょうか。

この疑問に答えるために、メイヤー氏と彼の研究チームは、別のパイロットスタディを行いました。

10人の参加者のうち半数は、毎週1時間の仮想認知行動療法を受ける前に、Fitbitのデータで確認した中程度の強度と思われるペースで30分間、自分で運動(サイクリング、ジョギング、ウォーキングなど)をしていました。

他の参加者は、セラピーセッションの前に日常的な活動を続けるだけでした。

8週間の介入プログラムが終了した時点で、両グループの参加者に改善が見られましたが、セラピストと話す前に運動をした参加者は、より顕著にうつ病の症状が軽減されたことが確認されました。

研究者らは、この結果から、運動は成人のうつ病患者に対するセラピーの効果を増幅するのに役立つ可能性があると述べてます。

メイヤー氏:このような少人数のグループであるため、正式な統計的検定は行いませんでしたが、結果は有望です。全体として、パイロットスタディは、人々が興味を持ち、複合的なアプローチを継続することを示し、運動は、うつ病と治療のいくつかのメカニズムに何らかの効果があるようです。

そのメカニズムの1つは、クライアントとセラピストの関係性に関連しています。

セラピストとのつながりを感じることができれば、セラピーに通い続ける可能性が高くなり、セッションの効果も高くなるとメイヤー氏は述べています。

パイロットスタディでは、認知行動療法セッションの前に運動をした参加者は、セラピストとのつながりが早く、強くなったと報告されました。

研究者らは、この結果から、運動が、セラピー中に起こりうる感情的に困難な作業に取り組むための呼び水、または「肥料」となっている可能性があると述べています。

研究者らは、今後数年間で、この革新的な研究を発展させ、慢性的なうつ病を経験する人々に対する効果的な治療や介入に運動をどのように取り入れることができるかをより理解したいと述べています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 少なくとも75分うつ病の症状を改善する「適度な運動30分」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)