睡眠を誘発するウェアラブルデバイス「特定の音を再生する」

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Pocket

睡眠を誘発するウェアラブルデバイス「特定の音を再生する」

効率の良い深い睡眠を誘うべく、科学者たちは特定の音を再生するうぇらぶるデバイスを開発思案した。
しかし、臨床試験場は有効性が確認されましたが、すべての人に対して同じ効果は得られないようです。

The first clinical study has now shown that the device is effective, but not at the same level of effectiveness for everyone.

参照元:https://ethz.ch/en/news-and-events/eth-news/news/2022/04/enhancing-deep-sleep.html
– チューリッヒ工科大学 ETH Zurich. 08.04.2022 –
クレジット:ETH Zurich

研究者らは、深い眠りを誘う特定の音を再生するウェアラブルデバイスを開発しました。

このたび、初の臨床試験により、このデバイスは有効であるが、すべての人に同じレベルの効果があるわけではないことが示されました。

多くの人、特に高齢者は、異常な睡眠に悩まされています。

特に、深い眠りの段階は、加齢とともに短く浅くなる。深い眠りは、脳の再生や記憶力の向上に重要であり、また循環器系にも良い影響を与えます。

深い眠りを特徴づける脳波、いわゆる徐波が、睡眠中にイヤホンから正確なタイミングで音を流すことで改善されることが、研究者らによって明らかにされています。

この方法は、睡眠研究所で管理された条件下では効果的ですが、これまでのところ、家庭で一晩以上使用できる解決策はありませんでした。

SleepLoopの登場

チューリッヒ工科大学の研究者は、SleepLoopプロジェクトの一環として、聴覚による脳刺激で深い睡眠を促すことを目的とした、家庭で使用できるモバイルシステムを開発しました。

SleepLoopシステムは、就寝時に装着するヘッドバンドで構成されており、一晩中装着しておくことができます。

このヘッドバンドには電極とマイクロチップが内蔵されており、寝ている人の脳の活動を常に測定しています。

そのデータは、カスタムソフトウェアを使って、マイクロチップ上で自律的にリアルタイムに分析されます。

睡眠中の脳活動に深い眠りを示す徐波が現れたら、すぐに短い聴覚信号(クリック音)を発します。

これにより、神経細胞が同調し、徐波が増強されます。

このソリューションのユニークな点は、深い眠りの間、眠っている人がこの音を意識しないことです。

最初の臨床研究

Neural Control of Movement LabのグループリーダーであるCaroline Lustenbergerが率いるETH ZurichとUniversity Hospital Zurichの研究者は、この装置を用いて初めて臨床研究を実施しました。

この成果は、学術誌『Communications Medicine』に掲載されています。

この研究では、60〜80歳の被験者にSleepLoopシステムを装着し、自宅で自分で操作してもらいました。

このシステムは、技術的な経験の浅いユーザーでも自立的に機能するように設計されています。

Lustenberger氏:これは非常にうまくいった。データの損失は驚くほど少なく、参加者はこの装置を使いやすいと評価しています。

参加者は、この装置を合計4週間毎晩装着し、2週間は毎晩聴覚刺激を与え、次の2週間は刺激を与えないようにした。

被験者にも研究者にも、どの2週間で聴覚信号が流れ、どの2週間で流れなかったかはわからない。

聴覚刺激は確かに実現可能である

16名の被験者の結果から、ほとんどの被験者において、深い睡眠中に聴覚信号によって徐波を増強することが確かに可能であることが示されました。

しかし、刺激に非常によく反応する被験者もいれば、最小限の反応しか示さない被験者や全く反応しない被験者もおり、個人差は広かった。

Lustenberger氏によれば、刺激に反応するかどうかは、その人の日中の健康状態に左右されないという。

Lustenberger氏:一般的に、刺激によく反応し、明らかに徐波が増強された人もいれば、日中の幸福感に関係なく、反応がない人もいました。

研究者達は、この個人差を利用して、ある個人が聴覚刺激にどのように反応するかをより良く予測することに成功しました。

これにより、SleepLoopの性能を最適化し、向上させることができるようになりました。

市場投入に向けて

現在、スピンオフ企業であるTosoo AGが、このデバイスのさらなる開発と臨床市場投入の準備に取り組んでいます。

すでに、自由に使えるものではなく、医師の処方箋が必要なものであることは明らかです。

チューリッヒ工科大学でこの技術を開発したウォルター・カーレン氏は話します。

カーレン氏:これは医療機器であり、眠れないときにオンラインで注文できるような健康消費財ではありません

カーレン氏は、2021年5月にウルム大学生体工学研究所の所長に就任しています。

カーレン氏:デバイスの使用は、医学的な適応があり、医師の監督下にあることが必要です。今後、ウルム大学でもさらなる技術開発が進められる予定です。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 睡眠を誘発するウェアラブルデバイス「特定の音を再生する」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)

J O B仕 事