心臓の健康度が高い?「宗教活動の参加頻度が高い人」

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Pocket

心臓の健康度が高い?「宗教活動の参加頻度が高い人」

あなたは特定の宗教を信仰していますか?教会への出席や祈りが、心臓の健康を高める可能性があるようです。

People with an obsessive urge to constantly check the news are more likely to suffer from stress, anxiety, as well as physical ill health,

参照元:https://newsroom.heart.org/news/religiousness-spirituality-linked-to-better-heart-health-among-african-americans
– 米国心臓協会 American Heart Association. August 24, 2022 –

米国心臓協会のオープンアクセス専門誌Journal of the American Heart Associationに掲載された新しい研究によると、宗教活動への参加頻度が高い、および/または精神的な信念が深いと報告したアフリカ系アメリカ人の成人は、定期的な運動、バランスのとれた食事、正常血圧といった米国心臓協会の心血管健康の主要指標の一部を満たしている可能性が高いそうです。

本研究は、アメリカ心臓協会のLife’s Simple 7指標(食事、身体活動、ニコチン暴露)および生理学的要因(体重、コレステロール、血圧、血糖値)と宗教的信念およびスピリチュアリティとの関連について、アフリカ系アメリカ人を対象に調査した初めてのものです。

2010年に制定されたLife’s Simple 7指標は、2022年6月にLife’s Essential 8に拡張・名称変更され、最適な心臓の健康の8番目の要素として睡眠が追加されました。

アメリカ心臓協会の2017年「アフリカ系アメリカ人の心血管健康」科学的声明によると、アフリカ系アメリカ人は非ヒスパニック系の白人よりも全体的に心血管健康が悪く、心血管疾患による死亡は白人よりもアフリカ系アメリカ人の成人が高いことが分かっています。

この研究の筆頭著者であり、ミネソタ州ロチェスターのメイヨ・クリニックの予防心臓学者で医学部助教授のLaPrincess C. Brewer氏は述べています。

Brewer氏:医療専門家や研究者は、アフリカ系アメリカ人–宗教心が強い傾向にある–の人生における宗教的・精神的影響の重要性を認識すべきです。宗教的、精神的信念を我々のアプローチに織り交ぜることで、患者と医師、地域住民と科学者の関係を育み、この集団に対する信頼と社会文化的理解を構築する上で大きなブレークスルーをもたらすかもしれません。

研究者達は、ジャクソン心臓研究に参加した2,967人のアフリカ系アメリカ人の調査や健康診断から、宗教性(あらゆる宗教からの強い宗教的感情や信念)、霊性、ライフイズシンプル7心血管系健康指標を測定した回答を分析しました。

ジャクソン心臓研究は、アフリカ系アメリカ人の成人における心血管疾患に関する単一サイトでの調査としては米国で最大規模のものです。

1998年に開始されたこの研究は、ミシシッピー州ジャクソンの3郡に住むアフリカ系アメリカ人である21歳から84歳までの5,000人以上の成人を対象として行われた。

研究者たちは、参加者を宗教的行動(自己申告による教会の礼拝や聖書研究会への参加、個人的な祈り、困難な生活状況やストレスの多い出来事に適応するための宗教的信念や実践の利用度-この研究では宗教的対処と呼ぶ)、霊性(最高存在、神、神の存在に対する信念)ごとにグループ分けしました。

宗教的行動の質問は、Fetzer Multidimensional Measurement of Religiousness/Spirituality (religious attendance, private prayer) and Religious Coping scale (religious coping) instrumentsから転用されたものです。

霊性の測定は、神道的霊性(至高の存在、神、神の存在を信じ、神の存在を感じること、神との緊密な結合を望み、神の愛を感じること)と非神道的霊性(自分の宗教に力を感じる、深い心の平和と調和を感じる、創造物に霊的に触れることを感じる)に応じて日常の体験を評価する日常霊的体験尺度を適応させたものです。

次に、参加者は宗教性と霊性のスコアに従って、身体活動、食事、喫煙、体重、血圧、血糖値、コレステロール値などの健康因子と、心血管の健康を推定するためのライフイズシンプルセブンの7つの構成要素の複合スコアでグループ分けされました。

研究者たちは、宗教心/スピリチュアリティのスコアに基づいて、心臓病予防の目標が中間レベルと理想レベルに達する確率を推定した。

より多くの宗教活動や深いスピリチュアリティを持つことを報告した参加者は、心臓病予防の目標を達成する確率が高かった。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 心臓の健康度が高い?「宗教活動の参加頻度が高い人」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)

J O B仕 事

人気 (❁´ω`❁)