介護者と認知症患者の感情的繋がりをつくる音楽介入

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Pocket

介護者と認知症患者の感情的繋がりをつくる音楽介入

認知症の後期は、言葉でコミュニケーションを取る能力が失われていく事が多いです。が、音楽の介入はそれらを緩和するかもしれません。

But a Northwestern Medicine study, in collaboration with Institute for Therapy through the Arts (ITA), shows how that gap can be bridged with a new music intervention.

参照元:https://news.northwestern.edu/stories/2022/08/music-helps-patients-with-dementia-connect-with-loved-ones/
– ノースウェスタン大学 Northwestern University. August 29, 2022 –

認知症の人は、病気の後期になると、愛する人と言葉でコミュニケーションをとる能力を失ってしまうことが多いです。

しかし、ノースウェスタン医学部とInstitute for Therapy through the Arts(ITA)の共同研究により、新しい音楽介入によってこのギャップを埋めることができることが示されました。

ITAで開発され、”Musical Bridges to Memory “と名付けられたこの介入では、ミュージカル「オクラホマ」や「サウンドオブミュージック」の曲など、患者の若い頃の音楽を生のアンサンブルで演奏します。

これは、歌ったり、踊ったり、簡単な楽器を演奏したりして、患者さんと介護者が一緒に音楽と触れ合うことで、感情的なつながりを生み出すと、研究者たちは述べています。

また、このプログラムは、患者の社会的関与を高め、患者と介護者の両方において、興奮、不安、抑うつなどの精神神経症状を軽減しました。

米国では、600万人以上がアルツハイマー病を患っています。

この研究は、認知症患者とその介護者を対象とした珍しいものであると、研究代表者のBorna Bonakdarpour博士は述べています。

Bonakdarpour博士:認知症患者を対象にした先行研究のほとんどは、患者だけに焦点を当てたものでした。患者は音楽を通じてパートナーとつながることができ、口頭では得られないつながりができました。認知症の人の家族や友人もまた、その影響を受けています。愛する人とつながれないのは、彼らにとってもつらいことです。言葉が通じなくなったとき、音楽は彼らに橋渡しをするのです。

この研究は、2022年8月25日にAlzheimer Disease and Associated Disordersに掲載されました。

音楽の記憶と処理はアルツハイマー病には影響されない

認知症になると、言語やその他の記憶が消えても、音楽の記憶は脳に残ることが多いとBonakdarpour氏は述べました。

これは、音楽の記憶や処理に関与する脳の領域(小脳など)が、アルツハイマー病や認知症の影響を受けるのが、病気の進行のかなり後期になるためである。したがって、患者さんは、話す能力が低下した後も、踊ったり歌ったりする能力を長く保つことができるのです。

研究の進め方

この研究では、シカゴ郊外のシルバード・メモリー・ケアに住む認知症の患者とその介護者が、介入前10分間と介入後10分間の会話や交流をビデオで記録しました。

音楽を流す前に、各患者と介護者のペアは、音楽の間により効果的に対話する方法についてトレーニングを受けました。

45分間の音楽介入では、室内楽奏者と歌手によるアンサンブルで、患者さんの若い頃の心惹かれる曲を演奏しました。

患者さんと介護者は、タンバリンやシェーカーなどの簡単な楽器を受け取り、音楽に合わせて演奏しました。

特別な訓練を受けた音楽療法士は、演奏中に患者さんと対話し、太鼓を叩いたり、歌ったり、踊ったりしてもらいました。

音楽の後には、グループでの会話も行われました。その結果、患者さんはより社交的になり、アイコンタクトが増え、注意散漫が減り、動揺が減り、気分が高揚したことが証明されました。

一方、介入を受けず、通常の日常的なケアやプログラムを受けた対照群では、同じ期間内にこのような変化は見られませんでした。

このプログラムでは、3カ月間に12回のセッションが行われました。

すべての人が自分の愛する人に関わることができた

介入前は、パートナーとあまりコミュニケーションをとらない人もいました。

しかし、介入中は、一緒に遊んだり、歌ったり、踊ったりするようになり、これは家族にとって大きな変化でした。このような変化は、セッションの外での行動にも一般化しました。

ITAの神経音楽療法士で、Musical Bridges to MemoryプログラムのリーダーであるJeffrey Wolfe氏は話します。

Wolfe氏:プログラムが進むにつれ、介護者は複数の家族を招待するようになりました。それは、家族全員にとって正常化する体験になりました。認知症の程度にかかわらず、すべての人が愛する人に関わることができたのです。

研究の次のステップは、より多くの患者を対象にした研究を実施することです。

ITAとノースウェスタンは、この研究を拡大するために、全米芸術基金を通じて3年間の助成金を得ています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 介護者と認知症患者の感情的繋がりをつくる音楽介入

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)

J O B仕 事

人気 (❁´ω`❁)