症状の認知度が上昇「うつ病の定期的スクリーニング」

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Pocket

症状の認知度が上昇「うつ病の定期的スクリーニング」

定期的なうつ病の検査は、診断が不十分な患者集団を把握できるかもしれません。

Screening for depression at the primary care level could dramatically increase the likelihood of treatment for those who are traditionally undertreated — racial and ethnic minority individuals, older adults, those with limited English proficiency and men — according to a new study led by UC San Francisco.

参照元:https://www.ucsf.edu/news/2022/08/423496/routine-depression-screening-may-capture-underdiagnosed-patient-populations
– カリフォルニア大学サンフランシスコ校 University of California – San Francisco. August 18, 2022 –

カリフォルニア大学サンフランシスコ校が主導した新しい研究によると、プライマリケアレベルでうつ病をスクリーニングすることにより、従来治療が不十分であった人種・民族的マイノリティ、高齢者、英語力の低い人、男性の治療の可能性を劇的に高めることができる可能性があります。

心血管系疾患に次いで身体障害の主要な原因となっているうつ病は、プライマリーケアで症状を訴える患者の半数以上で認識されず、60%の患者がうつ病の治療を受けていると推定されることが、これまでの研究で明らかにされています。

研究者らは、UCSFのプライマリーケア施設6カ所で受診した成人患者52,944人の電子健康データを2年間にわたって追跡調査しました。

ルーチンのスクリーニングポリシーが導入された後、うつ病のスクリーニング率は2倍以上になった–2017年の40.5%から2019年には88.8%になったと、研究者らはJAMA Network Openに2022年8月18日に発表した研究結果で報告しています。

2018年には、18歳から30歳の患者100人につき、75歳以上の患者75人がうつ病のスクリーニングを受ける可能性があることがわかりました。

うつ病のスクリーニングを受けた英語圏の白人患者100人に対し、中国語圏の患者は59人、その他の非英語圏の患者は55人がうつ病のスクリーニングを受ける可能性があったそうです。

2019年までに、高齢の患者、黒人/アフリカ系アメリカ人、その他の英語を話す患者、言語障壁のある患者において、統計的に有意な格差は事実上消滅しました。

しかし、男性に対するスクリーニングは比較的低いままであり、うつ病のスクリーニングを受けた女性100人に対して、男性は87人であったのに対し、政策実施前は82人であったと考えられます。

筆頭著者であるUCSF一般内科部門および疫学・生物統計学部門のMaria E. Garcia助教授は話します。

Garcia助教授:我々の研究は、米国予防サービス作業部会が成人患者のうつ病のスクリーニングを推奨した2016年以降最大のものであり、スクリーニングの患者予測因子を調査した最初のものです。うつ病は他の多くの慢性疾患に影響を与えるため、ルーチンのうつ病スクリーニングの実施は、他の疾患による合併症の患者の転帰を改善する可能性もあります。

患者の平均年齢は49歳、59%が女性、英語を話す白人が43%、英語を話すアジア人が25%、ラテン系が9%、黒人が7%、太平洋諸島人が1.4%、アメリカインディアン/アラスカン先住民が0.3%、言語障壁がある患者が5.5%でした。英語を話す患者の9%では、人種や民族のデータがないか不明でした。

シニア著者であるLeah S. Karliner医学博士(UCSF Division of General Internal Medicineの教授)は話します。

Karliner医学博士:本研究は、システムベースのアプローチにより、うつ病のスクリーニングを増加させ、スクリーニングの格差に対処できることを示しています。

より公平で高い検診率の達成にはいくつかの要因があると著者らは述べています。

研究期間中、うつ病のスクリーニングは、カリフォルニア州のセーフティネット・システム全体において、州の資金と結びついた質の向上に関するより大きな指標の一部として優先され、これによってプライマリケア診療所に資源が提供されました。

さらに、医療システムは、臨床環境におけるスクリーニングの格差を明らかにすることに焦点を当てた、すべてのプライマリケア診療所からの代表者によるタスクフォースを召集しました。

多言語対応のプライマリケアスタッフ、通訳、多言語のスクリーニングツールも利用できるようになりました。

Garcia助教授:うつ病のスクリーニングは必要であるが、ケア格差をなくすには十分ではない。スクリーニングは、医師によるうつ病の症状に対する認識の低さを改善するのに役立つかもしれませんが、その後に臨床的な対処が必要です。

今後の評価は、スクリーニングがうつ病の診断、治療、フォローアップ、寛解の増加と関連しているかどうかが中心になるだろうと、彼女は付け加えました。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 症状の認知度が上昇「うつ病の定期的スクリーニング」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)

J O B仕 事

人気 (❁´ω`❁)