重症不眠症患者の寛解達成率が20倍以上増加した加重毛布の効果

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

重症不眠症患者の寛解達成率が20倍以上増加した加重毛布の効果

カロリンスカ研究所の120人のランダム化比較試験の結果、加重毛布を使って睡眠をとった場合、加重毛布を使用しないで睡眠を試みた場合で、寛解達成率が実に20倍以上の差が付きました。

DARIEN, IL – Weighted blankets are a safe and effective intervention in the treatment of insomnia, according to Swedish researchers who found that insomnia patients with psychiatric disorders experienced reduced insomnia severity, improved sleep and less daytime sleepiness when sleeping with a weighted chain blanket.

参照元:https://aasm.org/study-shows-weighted-blankets-can-decrease-insomnia-severity/

精神障害のある不眠症患者は、加重チェーンブランケットで寝ているときに不眠症の重症度が低下し、睡眠が改善し、日中の眠気が減ることを発見したスウェーデンの研究者によると、加重毛布は不眠症の治療における安全で効果的な介入です。

ランダム化比較試験の結果は、加重毛布を4週間使用した参加者が、不眠症の重症度の大幅な低下、睡眠維持の改善、日中の活動レベルの上昇、疲労、うつ病、不安の症状の軽減を報告したことを示しています。

加重毛布グループの参加者は、対照グループと比較して、不眠症の重症度が50%以上低下する可能性がほぼ26倍高く、不眠症の寛解を達成する可能性がほぼ20倍でした。

肯定的な結果は、研究の12か月のオープンフォローアップフェーズの間維持されました。

スウェーデンのストックホルムにあるカロリンスカ研究所の臨床神経科学部門のコンサルタント精神科医であるMatsAlder博士は話します。

「心を落ち着かせ、睡眠を促進する効果の提案された説明は、指圧やマッサージと同様に、チェーンブランケットが体のさまざまなポイントに適用する圧力であり、触覚や筋肉や関節の感覚を刺激します。深い圧力刺激が自律神経系の副交感神経の覚醒を増加させると同時に、鎮静効果の原因であると考えられている交感神経の覚醒を減少させることを示唆する証拠があります。」

この研究は、Journal of ClinicalSleepMedicineの9月15日号に掲載されています。

この研究には、以前に臨床的不眠症と同時発生する精神障害(大うつ病性障害、双極性障害、注意欠陥多動性障害、または全般性不安障害)と診断された成人120人(女性68%、男性32%)が参加しました。

彼らの平均年齢は約40歳でした。

参加者は、チェーン加重毛布または対照毛布のいずれかを使用して、自宅で4週間睡眠するようにランダム化されました。

加重ブランケットグループに割り当てられた参加者は、クリニックで8キログラム(約17.6ポンド)のチェーンブランケットを試しました。

10人の参加者はそれが重すぎることに気づき、代わりに6キログラム(約13.2ポンド)の毛布を受け取りました。

対照群の参加者は、1.5キログラム(約3.3ポンド)の軽いプラスチック製のチェーンブランケットで寝ました。

主要な結果である不眠症の重症度の変化は、不眠症の重症度指数を使用して評価されました。

手首アクチグラフを使用して、睡眠と日中の活動レベルを推定しました。

加重ブランケットユーザーのほぼ60%が陽性反応を示し、対照群の5.4%と比較して、ベースラインから4週間のエンドポイントまでのISIスコアが50%以上減少しました。

ISIスケールで7以下のスコアである寛解は、対照群の3.6%と比較して、加重ブランケット群では42.2%でした。

最初の4週間の研究の後、すべての参加者は、12か月のフォローアップフェーズに加重ブランケットを使用するオプションがありました。

彼らは4つの異なる加重ブランケットをテストしました。

2つのチェーンブランケット(6キログラムと8キログラム)と2つのボールブランケット(6.5キログラムと7キログラム)。

テストの後、彼らは彼らが好む毛布を自由に選ぶことができ、ほとんどがより重い毛布を選びました。

毛布使用時の不安感から中止した参加者は1名のみでした。

コントロールブランケットから加重ブランケットに切り替えた参加者は、最初に加重ブランケットを使用した患者と同様の効果を経験しました。

12か月後、加重ブランケットユーザーの92%がレスポンダーであり、78%が寛解していました。

MatsAlder博士は話します。

「加重毛布による不眠症への大きな効果量に驚き、不安とうつ病の両方のレベルの低下に満足しました。」

同じくJCSMの9月号に掲載された関連解説の中で、ウィリアム・マッコール博士は、研究結果が精神分析の「保持環境」理論を支持していると書いています。

これは、タッチが落ち着きと快適さを提供する基本的な必要性であると述べています。

マッコール博士は、加重毛布の効果に関する追加の研究を求めながら、睡眠面と寝具が睡眠の質に与える影響を検討するようプロバイダーに促しています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 重症不眠症患者の寛解達成率が20倍以上増加した加重毛布の効果