寒冷散歩が脂肪燃焼を増幅させる理由

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

寒冷散歩が脂肪燃焼を増幅させる理由

ウィーン医科大学の研究チームが、寒冷化においてヒトとマウスのビタミンAのレベルが上昇する事を発見しました。

ビタミンAは、「悪い」白色脂肪組織を「良い」褐色脂肪組織に変換させ、脂肪燃焼と発熱を刺激します。

春に向けて脂肪燃焼をしたいなら、お気に入りのコートやカバンやブーツを着用して、ちょっと駅まで歩いてみるのもいいかもしれません。

In humans and mammals, at least two types of fatty depots can be discerned, white and brown adipose tissue. During obesity development, excess calories are mainly stored in white fat. In contrast, brown fat burns energy and thereby generates heat. More than 90% of the body fat depots in humans are white which are typically located at the abdomen, bottom, and upper thighs. Converting white into brown fat could be a new therapeutic option to combat weight gain and obesity.

参照元:https://www.meduniwien.ac.at/web/en/about-us/news/detailsite/2020/news-im-oktober-2020/vitamin-a-boosts-fat-burning-in-cold-conditions/
– ウィーン医科大学 Medical University of Vienna October 21, 2020 –

MedUniViennaの内分泌代謝部門のFlorianKieferが率いる研究チームが実施した最近の研究では、周囲温度が低いと、人間とマウスのビタミンAレベルが上昇することが示されています。

これは、「悪い」白色脂肪組織を「良い」褐色脂肪組織に変換するのに役立ち、脂肪燃焼と発熱を刺激します。

この「脂肪の変化」は通常、エネルギー消費の増加を伴うため、新しい肥満治療薬の開発のための有望なアプローチと考えられています。

この研究は現在、ジャーナルMolecularMetabolismに掲載されています。

人間と哺乳類では、白と褐色の脂肪組織の少なくとも2種類の脂肪蓄積が識別できます。

肥満の発症中、過剰なカロリーは主に白色脂肪に蓄えられます。

対照的に、褐色脂肪はエネルギーを燃焼し、それによって熱を発生させます。

人間の体脂肪蓄積の90%以上は白く、通常は腹部、下腿、上腿にあります。

白を褐色脂肪に変換することは、体重増加と肥満と戦うための新しい治療オプションになる可能性があります。

MedUniViennaの医学III部内分泌代謝部門のFlorianKieferが率いる研究グループは、適度な寒さの適用により、ヒトとマウスのビタミンAとその血液輸送体であるレチノール結合タンパク質のレベルが上昇することを示しました。

ビタミンAの蓄えのほとんどは肝臓に貯蔵されており、寒冷暴露は脂肪組織へのビタミンAの再分布を刺激するようです。

寒さによって引き起こされるビタミンAの増加は、白色脂肪の褐色脂肪への変換(「褐色脂肪」)をもたらし、脂肪燃焼の割合が高くなりました。

FlorianKiefer氏と彼のチームが遺伝子操作によってマウスのビタミンAトランスポーター「レチノール結合タンパク質」をブロックしたとき、低温を介したビタミンAの上昇と白色脂肪の「褐色化」の両方が鈍化しました。

FlorianKiefer氏は説明します。

「結果として、脂肪の酸化そして、熱産生が乱されたため、マウスはもはや寒さから身を守ることができませんでした。」

対照的に、ヒト白色脂肪細胞へのビタミンAの添加は、代謝活性とエネルギー消費の増加を伴う褐色脂肪細胞の特徴の発現をもたらしました。

FlorianKiefer氏は説明します。

「私たちの結果は、ビタミンAが脂肪組織の機能に重要な役割を果たし、世界的なエネルギー代謝に影響を与えることを示しています。しかし、ビタミンAが重要であるため、処方されていない場合、これは大量のビタミンAサプリメントを消費することについての議論ではありません。適切なタイミングで適切な細胞に輸送されます」とMedUniウィーンの研究者は説明します。「私たちは、ビタミンAが寒冷条件で脂質の燃焼と発熱を調節する新しいメカニズムを発見しました。これは、この特定のメカニズムを活用する新しい治療的介入の開発に役立つ可能性があります。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 人体・脳 » 寒冷散歩が脂肪燃焼を増幅させる理由

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)